日本における輸入事情と不用品の関係性

December 24 [Wed], 2014, 19:06
スマホなどのデジタル家電で多く使われている「レアアース」。
身近な存在ではないが、日本の生活には不可欠な存在となっている。
そしてこれらの大半は中国からの輸入に頼っているらしい。悪い言い方をしたら、中国側が独占しているため価格操作をできる立場にあるわけだ。
そんな中、尖閣諸島問題や最近のサンゴ密漁問題からあるように、日本と中国の関係がいま微妙になりつつある。
これらの背景から鑑みても中国側が価格を上げないわけがない。いや、というよりも中国から輸出が止まってしまう。
そうすると、どうなるか。
私たちの社会や生活に大被害を及ぼし多くの便利さが一切失われてしまう。
この状況は未然に防ぐべきだ。もちろんニュースでも取り上げられている問題でもある。
対策として中国以外の国(アラブ諸国、ヨーロッパ)からの輸入を増やすこと。

これが対策として考えられているのだが、何せ、遠い分輸入費用がかかり原料費が高くなってしまう。そうするとやはり一番近い中国から輸入するのが妥当となってしまう。そこでだ。
じゃあ日本にはその資源はないのか?

じつはあるのだ。すごく身近に。
そう、家電製品だ。レアアースを家電製品に使い、そして、家電製品から再利用する。
リサイクルするやり方だ。

じつはこの埋蔵量は凄まじく、いまテレビなどの家電からとれる量は決して侮れない量になっているという。
私が住んでいる地元三重の不用品回収業者もそれを知ってるからすごく協力している。
これはレアアースだけでなく、銀や金も微量ながら埋め込まれている。
そう、日本は世界でも有数な金の埋蔵量がある国なのだ。
実際それを商売にしている会社さんも多いと聞く。

私たちはリサイクルという方法で生活の中からでも社会に貢献することができるのだ。
これがリサイクルの本質ではなかろうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:石川県民
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rrddpp/index1_0.rdf