不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談しましょう。離婚した

November 24 [Thu], 2016, 13:49
不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談しましょう。離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談するようにしましょう。それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵や興信所に相談するようにしてください。相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、後で噂になりたくないなら、絶対にいけません。探偵の浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。実費としては調査の際にかかった交通費とか写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるでしょう。そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用が算出されます。調査にかかる期間が短くて済めば支払い額も安くなります。同じ電話番号の人から何度も電話を受けていたりまた電話をかけ直していたりするとそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が大いにあるでしょう。そうしたらその電話番号の相手が誰かということを割り出せますね。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手と電話をしたあとに電話履歴を消していることも多々あり得ることです。動き方を書き留めておくことで浮気の証明をできることもあります。大抵、人の日々の動き方には決まったパターンがあります。けれども、浮気をすると、そのパターンが揺らぎます。変わった曜日や時間帯を決定づけることができたら、行動をしっかりと観察すると、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。浮気調査を探偵事務所に成功報酬で頼めば得になるかと言えばそうでない場合にも遭遇します。成功報酬と言えば、一般的には不成功な結果となった場合、報酬を払わずに済みますから依頼者から考えると得ではないかと思うのです。そのため、成功報酬の探偵事務所に特定して、見つけている人もいるのです。浮気調査に必要な期間は、平均では一週間以内です。とはいっても、これはあくまで平均的な日数です。浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあることも覚悟してください。一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が特定済みの場合は、調査期間は1日で済むこともあります。不倫をされてしまったら、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、家庭内で別居している状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど総合的に判断して裁判所が慰謝料を決めます。慣れないことを自分でやるよりは、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。探偵に依頼すると、欲しい浮気の証拠がつかめます。自分がわけもわからず手当たり次第に調べても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。しかし、相手を責めたてても頑として浮気してない、と言い張ったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。飲食店を利用した際の領収証には飲食時の同席者の人数がわかってしまうように印字されている事もあるため、不倫と決定づける参考資料となります。加えて、支払いをクレジットカードでした時は月ごとに確かめるようにします。仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、誰かほかの人と一緒にいた想像されてしまう事があります。尾行について時間による代金設定がされている場合、探偵が尾行を行う時間が長いよりも短い方が、費用が少なく済みます。ですので、尾行を探偵にお願いするなら、日頃からパートナーの生活のパターンを調べ上げることが重要です。その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をお願いすると、探偵側も余計な手間がかからず、どちらにもメリットがあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Akari
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rrboynaterbiua/index1_0.rdf