鈴村がななこ

February 20 [Tue], 2018, 21:45
基礎代謝の一般的な平均値は20代に入りだしてからだんだんと落ちていってしまいます。これは成長期が終わったこととともに代謝量が一定の数値に安定したことと、運動量が減ってしまったことのために筋肉量も、同じように徐々に低下しているためです。


30代以降になるにつれて太りやすくなってしまうのはこういう理由があるのです。ダイエットできる食事のイメージは脂肪分や糖分が比較的少ないものが連想されやすいですが、私の個人的な経験をふまえると、塩分が控えめの食事がかなり効果的だと思います。


特に下半身太りのほうが気になっているという方には、まず減塩を行ってみることをお薦めしたいです。

痩せよう!と頑張って実行していると自分に厳しい食べ物の制限をかけてしまう人もいますが、断食などのような無理な体重減はタブーです。食事制限をやっていてもお腹が減ってしまったら無理せずに食事をとるようにしましょう。


その時はカロリーの小さい物を食べるようにすれば体重がいきなり増したりすることもありません。ダイエットをしようと思う人は運動で減量するのは普通だと考えられますが、時間を決めて行っていますか?出来る範囲で毎日、朝なら朝に、夜なら夜などの決まった時間に運動した方が痩せやすくなる体にすることが出来るようになります。

自分の生命をいじするための最低限のエネルギーを測ることは必須ですよね。
その理由は、自分の代謝量を知らないまま、必要な摂取カロリー量を理解することはできないためです。若かったあの時のような無理してダイエットするのが体が言う事をきかなくなった分、常日頃から静かに数値を見つめていたいと思う日々です。


基礎代謝の数値をあげて体質改善を図るためには有酸素運動が効果的といわれています。一番簡単にできて効果があげやすいのはウォーキングだとされています。ただもちろん、ダラダラと歩く、それでは基礎代謝を上げることは難しいです。


たとえば方法としては、下腹部に力を入れつつ顎をしっかり引いて前を向くなど、意識的に筋肉を使って歩くことでウォーキングの効果があげることができます。ダイエットで人気のある有酸素運動は、もっとも効果のある心拍数を自分が理解することで効率的にエネルギーを燃焼し、脂肪燃焼を高めることが可能となります。長時間続けて体を動かせば動かすほど痩せるということではなくて、特に激しいとされる運動は筋肉に酸素が行き届かず、逆効果とも言えるのです。
ダイエットの為に朝食を抜くのは体に悪いので、欠かさず食べる方が効果的です。

カロリーを調整する場合は主食のお米をグリーンスムージーやヨーグルトに置き換えるといいです。それ以外にも、温野菜サラダや温かいスープも代謝が上がりますし、肌の健康にも良いです。
バナナを朝に食べるのも良いので、きちんと食べて健康に痩せましょう。ぜい肉を減らすには有酸素運動がお手軽に出来るので、まずは始めてみてほしいのです。


家の中で私は踏み台昇降をしています。



この運動を長く続けると、心臓が激しく鼓動しますし、腿やふくらはぎの筋肉もつらくなるので、見かけよりもずっと体力を消費します。これはテレビを観ながら楽しく出来ますが、すごく体が締まりました。年齢が上がるにつれて、体を動かしていく機会も減り、基礎代謝が徐々に下がっていく気がします。そのせいか、一生懸命、ダイエットをしても、中々思ったように体重が減りません。やっぱり、体質を変えるところがスタートです。始めに、体を温めるために、生姜湯から、行いたいと思います。

寒いときにはとっておきの飲み物ですし、これで代謝がアップしていくことでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイナ
読者になる
2018年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる