ラルフ

November 14 [Thu], 2013, 12:13
   逃がしちゃった、告白の機会。
   ユイじゃないよ! ……ユウジにだよ。最近生徒会でユウジは忙しくなって、話す機会も減って……そっか、そうなんだよね。
   それでも、私はきっとラルフ告白なんて出来なかったのかも。
  「(だって気まずくなるのは嫌だもんね)」
   でも、あまりにも変わった気がしないんだよね。
   話すユウジとユイの様子はラルフローレン 偽物本当に変わらないんだよなあ……私もそんな言う程には変わらない関係を望んでいたのかも。
  「(だから……少し羨ましい)」
   ……ユイは寝取っていいって言ってたっけ?
   いや、だめだって私。大切polo ralphな友人が付き合い始めたんだから祝福しなきゃね。
  「(でも……なんか腑に落ちない)」
   マイさんはどう思ってるのかな?
   マイさんもきっとユウジが……す、好きなはずで。あのあと聞いてどう思ってるのかなって、思うわけで。
   それに……何か、引っかかる。突然見せられたユイの素顔は可愛くて、そしてあのユイの素顔に――
  「はぁ」
   
   まだユウジ達との合流を待つ登校前の時のこと。
  * *
  「…………」
   マイです。突然なんですが――
   ユウジ様とユイさんが付き合い始めました。
   なんというのでしょうか……あまりにも突然な出来事に昨日からずっと考えていました。
   ……確かに私からみてもユウジ様とユイさんは、かなり仲が良くて、でもそれはきっと友達止まりだと――思っていて。
   それが、数日前に突然に……付き合い始めるだなんて。
  「(告白の機会を逃してしまいました)」
   え、えと。一応告白をしたのは確かですけど……あれは自分から無しにして――!
  「(私はなんて惜しいことを……)」
   ああああああ、凄い後悔です。
  「(それでも」
   私は決意したはず。振り向いてくれるまで、待つと。
  「(…………)」
   そういえばユイさん可愛かったですね……羨ましいぐらいです。
   ……? そういえばあの顔は、どこかで――
   ユウジやユキ達を待つ登校前の時のこと。 
  * *
   起床の後に朝食を終えて、身支度を整えた後に家を出る。
 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qwe123
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/rr789789/index1_0.rdf