ハーマンインターナショナル、JBLウォークマン用スピーカー「JBL on station III WM」でWプレゼントキャンペーン / 2010年04月04日(日)
 ハーマンインターナショナルはウォークマンに対応した小型スピーカーシステム「JBL ON STATION 3 WM」の購入者を対象としたキャンペーンを4月8日から開始する。

【画像:応募者全員にプレゼントされるJBLロゴ入りキーリング】

 対象期間内に対象製品を購入し、同社Webサイトから応募することで、応募者全員にJBLのロゴが入ったキーリングがプレゼントされるほか、抽選で20名には携帯ゲーム機「PSP」(PSP-3000PB)がプレゼントされる。

 JBL ON STATION 3 WMはウォークマンの拡張ポートである「WM-PORT」を備えたスピーカーシステムで、合計20ワットのデジタルアンプで駆動されるフルレンジスピーカーユニット「Odyssey」を4基搭載。Odysseyはネオジウムマグネットや独自開発のアルミコーンを備えており、小型ボディからは想像もできないワイドレンジのサウンドを生み出すことが可能だ。

 WM-PORTを備えたウォークマンを差し込むだけで気軽に音楽再生を楽しめるほか、ウォークマンの充電も行える。カラーはホワイトとブラックの2色で、単三形乾電池に駆動にも対応する。

【4月3日21時48分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000021-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 08:49/ この記事のURL
野毛山動物園で「どうぶつたちのSOS展」-週末クイズラリーも /神奈川 / 2010年04月04日(日)
 市民に無料開放されている横浜市立野毛山動物園(横浜市西区老松町63)で、アースデイにちなんだ春のキャンペーン「どうぶつたちのSOS展」が開催されている。(ヨコハマ経済新聞)

 同展は、動物園の役割のひとつである野生動物保護活動の一環として同園が行う「絶滅の危機にある野生動物を守ろうキャンペーン」。今年で4回目を迎え、期間中は環境保護団体と協働で、地球上に生息し絶滅の危機に追い込まれている野生動物たちと人間のライフスタイルについて考えるさまざまなイベントを実施する。

 パネル展では、ワシントン条約の内容や国際取引が規制されている野生生物を紹介する「希少野生動物の国際取引の現状」コーナー、日本の森のアンブレラ種であるツキノワグマの生活を考える「クマと日本人との関わり」コーナー、絶滅の危機にあるアムールトラの生態や現存する問題、解決への参加方法などを紹介する「アムールトラねっと〜アムールトラを守ろう〜」コーナーを設置。

 ウィークエンドイベントとして、横浜税関に保管されているトラの毛皮などの輸出入禁止品を紹介する「押収品展示」(4月3日、4日)、アムールトラの生息地の状況やそこで直面する問題に触れるアムールトラねっと人形劇「トラちゃんの里がえり」+トラクイズ大会(4月10日、11日)を開催する。

 期間中の土曜・日曜日には、ツキノワグマ、アムールトラ、カメのポイントを周ってクイズに答える「どうぶつたちのSOSクイズラリー」も行う。

 野毛山動物園の加藤妙さんは「地球に共に暮らす仲間たちのライフスタイルについてみんなで考えてみましょう。週末に行う紙芝居やスタンプラリーは、お子様にも分かりやすい内容となっていますので、ご家族で是非ご来園ください」と話している。

 開園時間は9時30分〜16時30分(入園は16時まで)。月曜日休園(祝日の場合はその翌日)、4月5日と26日は臨時開園。キャンペーンは4月18日まで。

 「アースデイ」は1970年にアメリカで始まった地球について考え行動する日で、現在では世界184の国と地域、約5,000カ所で行われている世界最大規模の地球環境系のフェスティバル。

 横浜市立野毛山動物園は2月14日、2009年度の入園者数が60万人を突破した。来園者数が60万人を超えたのは18年ぶりのことで、国内最高齢のフタコブラクダ「ツガル」をはじめ動物の話題が豊富だったことや、8月に初実施した夜間開園「ナイトのげやま」、開国博Y150の開催などが来園者数増加につながったようだ。同園は4月1日に開園59周年を迎えた。

【4月3日21時0分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000006-minkei-l14
 
   
Posted at 07:38/ この記事のURL
沈没哨戒艦「天安」、遺体1体を引き揚げ / 2010年04月04日(日)
【ソウル3日聯合ニュース】黄海・白リョン島沖で沈没した海軍哨戒艦「天安」の後尾で捜索を続けている軍は、3日午後6時10分ごろ、切断された副士官食堂から行方不明になっていたナム・ギフン上士の遺体を発見し、引き揚げたと明らかにした。ヘリコプターで国軍首都病院に移される予定だ。
 軍は行方不明者の捜索を続けており、さらに遺体が発掘される可能性が大きい。
japanese@yna.co.kr 4月3日19時42分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000001-yonh-kr
 
   
Posted at 07:03/ この記事のURL
[日産デザイン]デザイン本部の歴史は設計部造形課から / 2010年04月04日(日)
日産自動車が神奈川県厚木市にあるテクニカルセンター内のデザイン本部の見学会を開催した。

[関連写真]

デザイン本部プロジェクトデザインディレクターの長野宏司氏は、日産のデザインの歴史について、「1954年にデザインの専門部署を発足させ、当初は設計部造形課と称され、形(かたち)ではなく型(かた)を作るという部署の一部でした」と紐解いた。

当時エンジニアであった佐藤章蔵氏が水彩を得意としていたことが役員の目に留まり、初代課長に抜擢されたという。従って、当初のデザインスケッチは水彩画であった。

1982年に厚木に日産テクニカルセンター(NTC)を作り、それまで鶴見(神奈川県横浜市)と荻窪(東京都杉並区)に分散していたデザインスタジオを統合し現在に至る。

現在のデザイン棟は2006年に新しく完成した。従来のデザイン本部の建屋を少しずつ壊しながら、敷地の中に建て替えていった。

建物の大きさは長手方向で300mほどあるという。屋外にも囲われた展示場がある。長野さんは、「自動車というのはモデルを作って、外の外光でチェックをする必要があるのです。屋外でチェックしてまたスタジオに戻してと出来るようになっています」という。

現在のグローバルな日産のデザイン拠点展開は、まず、NTCにある日産グローバルデザインセンター、日本ではNTCのほか「クリエイティブボックスという小さなデザインスタジオが原宿にあります。20 - 30人規模で基本的にはアドバンスのコンセプトを担当しています」とし、海外では「日産デザインヨーロッパ。ロンドンにあり50 - 60人の規模。もうひとつは日産デザインアメリカ。サンディエゴで80人くらいでデザイン等を行っています」と語った。

《レスポンス 内田俊一》

【4月3日12時41分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000004-rps-bus_all
 
   
Posted at 06:29/ この記事のURL
SUPER GT & フォーミュラニッポン スプリントカップ、JAFグランプリに / 2010年04月04日(日)
GTアソシエイション、日本レースプロモーション、富士スピードウェイの3社が11月13日、14日に共催する「SUPER GT & Formura NIPPON FUJI SPRINT CUP 2010」のタイトルが「JAFグランプリ」となることが2日、決定した。

[関連写真]

JAFグランプリレースとしては、1990年の「JAFグランプリ全日本富士500kmレース」以来、20年ぶりの開催となる。

また今回、「技術の向上と産業の振興」を目的に国土交通省による後援のほか、SUPER GT500クラス優勝チームに対すて「国土交通大臣賞」が授与される。

JAFグランプリは、FIAの認定する「日本グランプリ」に次ぐ格付けで、JAF(日本自動車連盟)が各種条件を満たしたレースに付与するもの。

《レスポンス 宮崎壮人》

【4月2日22時18分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000045-rps-ent
 
   
Posted at 05:21/ この記事のURL
UVERworld、PVに3D採用 国内初の試み / 2010年04月04日(日)
 3月31日に発売された、5人組ロックバンドのUVERworld(ウーバーワールド)の通算15枚目となるシングル「GOLD」では、国内では初となるミュージックビデオにフル3D(三次元)映像が使用されていることが分かった。

 今年に入り、国内の大手電器メーカーが3D対応テレビの発売を発表するなど、今話題を集めている3D。この技術を使用してUVERworldがミュージックビデオを完成させた。関係者によれば国内のアーティストがミュージックビデオに3Dを採用するのは初めてだという。

 ミュージックビデオの内容は、バンドならではの臨場感のある演奏シーンを始め、CGを駆使した竜巻の中での演奏や、人の体の中を想像させるようなトンネルをくぐって手前に迫ってくるボーカルのTAKUYA∞さんや、天地が逆さまになってドラムを叩くドラムスの真太郎さんなど、見所は満載とのこと。

 TAKUYA∞さんは「『GOLD』という曲自体、一歩先行く音楽を意識して作ったし、初めてのことで、撮影は大変だったけど、映像もこういう形で一歩先になることが、すごく嬉しい」と話している。

【4月3日22時54分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000024-scn-ent
 
   
Posted at 04:48/ この記事のURL
小林可夢偉、GP2での経験活かしセパンGPに挑む / 2010年04月04日(日)
ザウバーの小林可夢偉にとって、セパンは思い出の場所。GP2時代の2008年にはアジアシリーズ優勝、09年には2位表彰台と相性のいい場所だけに、マレーシアGPに賭ける意気込みは高い。

[関連写真]

「とてもいいサーキットだから大好きだ。暑さは厳しいけれど、その条件はみんな同じだから気にならないよ。ただし豪雨で中断となった昨年のような展開にはなってほしくないけどね。マレーシアは日本からも近いし、日本のファンに会えることを期待している」

「メインストレート手前の最終コーナーが僕のお気に入り。ストレートで加速するためにも、ハードなブレーキングと正しい進入ラインが重要。ラップタイムに大きく差が出るだけに、正しく取り組まないと痛い目を見るんだよ」とF1ドライバーとして初めて挑むセパンに期待を寄せていた。

ちなみに可夢偉は初日のフリー走行を総合11位で終えている。

《レスポンス 編集部》

【4月2日21時22分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000040-rps-moto
 
   
Posted at 04:15/ この記事のURL
【シュートボクシング】4・11K-1MAXに参戦したイ・スファンがS-cup査定試合に出陣 / 2010年04月04日(日)
 4月11日(日)東京・後楽園ホールで開催される、シュートボクシング(SB)協会『SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES開幕戦 維新-ISHIN-其の弐』の追加対戦カードが発表された。

 梅野孝明VSボーウィ・ソーウドムソン、宍戸大樹VS鈴木悟、及川知浩VSパジョンスック、RENA VS 渡辺久江、そして55kgトーナメントと好カードが揃った今大会、新たに前・日本スーパーウェルター級チャンピオンの金井健治(ライトニング)VS韓国ジュニアウェルター&ミドル級二冠王者イ・スファン(韓国)の『S-cup査定試合』ともいえるカードが追加決定した。

 イ・スファンといえば“韓国のミスターパーフェクト”と呼ばれ、長らく同国のエースとして君臨したイム・チビンをKOで下し、新エースとなって『K-1 WORLD MAX 2007 世界一決定トーナメント』に韓国代表として参戦している韓流戦士。安廣一哉、尾崎圭司など実力者を下し日本でも実力を証明している。

 今回はSBルール初挑戦となるが、「シュートボクシングは今年『S-cup』がありますよね。今回前チャンピオンの金井に勝てば出場の資格があるはず。足りなければイム・チビン選手に勝った宍戸と闘ってもいい」と完全に『S-cup』出場を目論み乗り込んで来る様子だ。

 一方の金井は「誰が相手であっても梅野が巻いているベルトを取り戻すために、絶対負けられない勝負です。その先に『S-cup』があるのなら一歩一歩しっかり歩いていくだけです」と決意を固めている。



シュートボクシング協会
「SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES開幕戦
維新-ISHIN-其の弐」
2010年4月11日(日)東京・後楽園ホール
開場16:30 開始17:30
※スターティングファイトは17:00〜

<追加決定カード>

金井健治(ライトニング/前SB日本スーパーウェルター級王者)
VS
イ・スファン(韓国/韓国ジュニアウェルター&ミドル級二冠王者)


<決定対戦カード>

梅野孝明(シーザー/SB日本スーパーウェルター級王者)
VS
ボーウィー・ソーウドムソン(タイ/ワンソンチャイ・ボクシング・プロモーション/WPKL世界ウェルター級&元ラジャダムナンスタジアム認定フライ級&元WMC世界スーパーバンタム級王者)

宍戸大樹(シーザー/SB東洋太平洋ウェルター級王者)
VS
鈴木 悟(バンゲリングベイ・スピリット/unit-K/元プロボクシング日本ミドル級王者)

及川知浩(及川道場/SB日本スーパーフェザー級王者)
VS
パジョンスック・ポー.プラムック(タイ)

RENA(及川道場/Girls S-cup2009王者)
VS
渡辺久江(池袋BLUE DOG GYM/初代DEEP女子ライト級王者)

鈴木博昭(ストライキングジムAres/SB日本スーパーフェザー級1位)
VS
歌川暁文(U.W.Fスネークピットジャパン/SB日本スーパーフェザー級2位)

▼スーパーバンタム級(55kg)の王座挑戦者決定トーナメント 1回戦
※出場選手
藤本昌大(龍生塾/SB日本スーパーバンタム級3位
伏見和之(シーザー力道場/SB日本スーパーバンタム級4位)
高島龍弘(シーザー力道場/SB日本フェザー級3位)
元貴(立志会館/SB日本フェザー級4位)
尹戸雅教(立志會館/SB日本スーパーバンタム級6位)
村田大輔(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級5位)
日下部竜也(大石道場/K-1甲子園2008第3位)
メリー酒井(志村道場/HEAT 〜New age cup〜60kgトーナメント王者)

<チケット料金>
RRS席15,000円(最前〜2列目:パンフレット付き)
RS席8,000円 SS席7,000円 S席6,000円 A席5,000円 B席3,000円
※当日券各500円増し 4月2日19時58分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000024-gbr-fight
 
   
Posted at 03:43/ この記事のURL
ネット配信の音楽著作権処理を簡便に――4月から新システムが稼動 / 2010年04月04日(日)
 著作権情報集中処理機構(CDC)は2010年3月31日、著作権情報の集中処理システムサービスを4月1日から始めると発表した。音楽配信事業者や著作権管理事業者が利用する。音楽配信事業者が権利者を確認して楽曲の利用を報告したりする権利処理の負荷を低減する狙い。権利処理の基盤を整備してデジタルコンテンツ流通を促進する。

【詳細画像または表】

 新システムの名称は「Fluzo」。携帯電話など向けに音楽を配信する事業者と日本音楽著作権協会(JASRAC)などの著作権管理事業者との間の権利処理に利用する。当初は、エクシングやエムティーアイなど大手配信事業者10社と日本音楽著作権協会(JASRAC)やジャパン・ライツ・クリアランスなどの著作権管理事業者4団体が利用する。2011年3月末までに約50社が導入する見込みだ。

 音楽配信事業者が配信する音源を申請。著作権管理事業者はここで割り振られたIDを基に、著作権を管理している楽曲のうちどの曲が利用されたかの情報などを蓄積する。著作権管理事業者4団体が管理する楽曲の統合データベースを作り、どの団体が著作権を管理している楽曲でもFluzoを通して権利処理ができるようにした。音楽ファイルを基にして楽曲名を自動的に割り出せる「フィンガープリント」技術も導入して権利処理に要する時間を低減する。約800万曲のデータから曲名を検索できるようにした。

 携帯電話などで音楽を配信する際は、どの曲を配信したかなどを楽曲の著作権を管理する著作権管理事業者に報告する必要がある。著作権管理事業者は複数あり、配信する楽曲の著作権をどの著作権処理事業者が管理しているかを個別に調べる必要があった。新システムを使うとこうした調査で、どの著作権管理事業者が管理している楽曲かが従来と比べて簡単に分かるようになる。

 CDCは一般社団法人として2009年3月、音楽配信事業者と権利者団体が共同で設立した。CDCによれば「着うた」や「着メロ」など、2009年の携帯電話向け音楽配信の販売額は1545億円。8200ものサイトが音楽を配信している。音楽配信市場の規模拡大とともに、利用報告などの著作権処理に要する配信事業者の負荷が高まっていた。Fluzoはこれを解消するためにCDCが開発したシステムで「著作権処理にかかる配信事業者のコストは従来の半分以下になるのでは」とみる関係者もいる。

(文/吾妻拓=日経トレンディネット)

【3月31日22時59分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000007-nkbp_tren-inet
 
   
Posted at 02:06/ この記事のURL
フリー記者参加ブロックする 記者クラブ幹事社という存在 / 2010年04月04日(日)
 各省庁でフリーライターらへの会見開放度を総務省が発表した。しかし、記者クラブによって対応に違いがあると、開放度の分類に不満が上がっている。クラブの幹事をしているマスコミが、なかなか会見での質問などを了解しないというのだ。

 各省庁の記者会見について、総務省は、フリーライターらへの開放度を調査し、A〜Dまでの4段階に分けた。それを、原口一博総務相が2010年3月30日、閣議後会見で発表した。

■総務省の開放度分け、実態を反映せず

 ところが、この段階分けが、ライターらから不評を買っている。4月2日の会見では、ライターの畠山理仁さんが、ライターやネットメディアが参加も質問もできるA段階でも、記者クラブ側の了解を得るのが難しい場合があると訴えたのだ。

 総務省の調査によると、A段階が14府省庁。同省を始め、鳩山由紀夫首相が会見を開放したばかりの内閣官房、亀井静香郵政・金融担当相がフリー向けの別の会見を設定している金融庁などが含まれている。B段階は、ライターらが参加できるが質問できないもので、厚労省など4府省庁ある。さらに、日本新聞協会、日本民間放送連盟に加盟している社は参加も質問もできるのがCで国家公安委員会など3府省庁、記者クラブのみなのがDで宮内庁など3府省庁だ。

 省庁の会見は、記者クラブ主催になっているケースが多く、畠山さんによると、A段階といってもクラブによって様々なケースがある。その中には、参加基準がある程度はっきりした総務省などのほか、基準がはっきりしていない省庁もある。クラブでは、月ごとなどに会見を仕切る幹事社が選ばれており、その場合、幹事社の恣意的な判断による場合が多いというのだ。

■ライター「厳密に分けて下さい」

 原口総務相も、記者会見の開放度を4段階にくくったものの、2010年4月2日の会見で、「Aについても、かなり違いがあります」と認めた。そのうえで、フリーライターらの参加や質問を了解したクラブについては、「(行政への)公正なアクセスに協力していただき、御礼申し上げます」と述べた。

 一方で、原口総務相は、3月30日の会見では、畠山理仁さんからの質問に、こう答えている。

  「AというからAが一番いいとか、ABCDに価値はないのですよ」「A級ライセンスと言うと、さもいいみたいですけれど、まだ単にABCDを付けただけです」

調査は、あくまでも客観的に区分けして現状報告しただけで、総務省が独立した他省庁に口出しするようなものではないと言いたいようだ。

 とはいえ、その「客観的な区分け」そのものに、疑問の声が出ているのだ。4月2日の会見に出席したフリーライターの小川裕夫さんは、こう言う。

  「幹事社の了解がなかなか得られないというのは、『参加できない』というのと同じではないですか。CやDの段階がそういうくくりなので、『そっちなんじゃないの』ということです。そういう意味で、確かにAが一番いいとかではありませんね。BよりAの方が開放度が高いところもありますが、玉石混淆ということです。大臣には、AからDまで厳密に分けて下さいと言いたいですよ」


■4月2日20時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000005-jct-soci
 
   
Posted at 01:36/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!