引っ越す時の住所変更はなかなか面倒

October 14 [Fri], 2016, 9:01
引っ越す時の住所変更はなかなか面倒くさいものです。転出届であったり転出届といった役場の手続きをすれば良いとはかぎりません。関係するあちこちに、住所変更の手続きをしなければいけません。保険会社に住所の変更手続きをしなかったことを引っ越し以降、二年以上過ぎてから気付きました。その間、たいしたことは起こらなくてよかったです。引越しをすることになりました。住所を変更する手続きに伴い、どうも車庫証明を取り直さなければならないらしいです。実家暮らしだったときには、このような手続きは全て父が行ってくれていました。それなのに、父自身は面倒くさいといったことや、大変だといったこととか一回も言ったことはないように思います。やはり父は偉大なんですね。友達が紹介してくれて引越しのサカイに見積もりを提出してもらいました。非常に感じの良い営業の人がやって来て、親身に相談にのってくれたのです。予想していたよりも安い見積もり値段だったので、その日のうちに即決しました。引越し自体もものすごく丁寧な作業で、大満足の結果でした。引越しを業者にお願いする場合、ハンガーに吊り下げているコートなどの服をその前に外して畳んだりしておくことは要りません。業者がハンガーが吊るせる大きめの段ボールを携えてきてくれて、それに入れ保たれた状態で、トラックで移送してくれます。シワも付着しないので、ありがたいです。東京から埼玉へ転居した時、スケジュールに余裕が無かったため、荷物をまとめるのが精一杯でした。転居する日は決まっているのに、荷造りが終わりません。終わらなかったらどうしようかと不安で仕方がありませんでした。とどのつまり、友人に三千円で、ヘルプしてもらいました。引越し業者にお願いせず自分たちだけで行う場合があるでしょう。特に、近い距離での引越しだとトラックも使用せずに荷物を運んでいくことはできるでしょうが、台車は用意しておいたほうが良いです。室内を移動させる時にはあまり想像できにくいかもしれませんが、ちょっとした家具であっても意外に重たく感じるものなのです。引越しので、荷物をまとめる際に皿やグラス等、割れやすい物はタオルや洋服などで梱包しますいらなくなった雑誌。新聞紙もいいですが、思いのほか量が多くなり、処理することが困難です。引越し作業がお終わると、大量の空っぽのダンボールが出ますし、その上、紙くずも発生すると予想以上にスペースを取ります。引越しをする上で注意すべき点は何点かありますが、特に覚えておきたいのはごみ収集日を覚えておくことなのではないでしょうか。引っ越し前の掃除をする際には、ごみ収集日に合わせてゴミをまとめましょう。紙や資源ゴミにいたっては月に二回の収集しかない地域もあるので、一度出し忘れるとその後が面倒になります。我々家族は最近、三回目の引越し体験をしました。引越しの作業は毎度大変ですが、すでに慣れました。荷造り、荷ほどき、ほとんど私がすることです。夫は毎回家電、家具など大きいものを掃除や片付けをしてくれます。ただ、今回は洗濯機の水を抜くということを忘れていたので、新居の洗面所が水びたしになりました。家を引っ越すにあたって、それまで暮らしていた家が借家の場合は原状回復義務というものが生じます。原状回復義務というのは、借りていた時につけた傷や室内の壊してしまったものを住む前の状態に戻す為のお金を払う義務のことで、通常はその分を敷金から引かれて、あまったお金が返ってくるというものになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/rpunle0nsfeela/index1_0.rdf