横田とブッチャー

May 20 [Fri], 2016, 9:15
学校行事の旅行や一般向け旅行企画などに参加し、怪我や病気のその場での処置や病院の手配をする看護師もいます。
結婚して子供を育てている人は週末の休みがあったり、夜の勤務が免除される職場を選定しているものです。


病院の外で力を発揮するにはその場にふさわしい専門の知識を習得し、認定を受けた看護師や専門看護師の資格を取得しておけば、採用されやすくなります。


正看護師は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが絶対条件です。
卒業できなければ、試験の受験資格がありません。しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、看護学校の受験合格を目指した予備校に通って勉強する人もいます。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、看護学校が行っている通信教育課程がいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。



看護師が病院や医療施設などで仕事をする時、その配属先というのは、最も重要なポイントです。

たとえ同じ病院の中でも任命される診療科によって、大きく異なる仕事内容になります。自分が希望する仕事が割り当てられたなら問題は発生しませんが、自分が不得意と考えている配属先だと配属先の仕事をこなせない可能性も考えられます。看護師の仕事を退職したいと考えている人は、現実には、かなりの数になっているといえます。一番の理由は、厳しい労働で体の調子が悪くなってしまったり、給料に満足していなかったり、職場の複雑な人間関係で精神的に切羽詰ってしまったりといったことが多いです。
多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは社会問題に繋がっています。その原因として代表的なものは、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。

看護師による医師の補助行為が認められ、看護師一人にかかる仕事量が増加し、労働時間も長くなりますから、休みを取るのも困難なのです。



また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、退職する人もいます。なぜ看護師はたくさん動くのでしょうか。


オフィスワーカーと比べてみると動く量が多いです。



ストレッチャーや車椅子を運んだり、ナースコールでの呼び出しがあったら、すばやく病室に直行したりするからです。最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、お給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。
それと関係があるのか、洋服に気合いが入った人が少なくありません。
そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。ほとんど休めない様な病院もあって、お金を使う時間がなく貯まるばかりというのは珍しくありません。
給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最もいいと思います。普通、看護師にとって、仕事が難しくない病棟としては、採血室が知られています。透析や採血、献血のような特有の仕事だけを行う科といえます。

献血センターなども当てはまります。

基本的には、同じ作業の繰り返しで採血がうまくできるようになりますし、人の命にかかわるような仕事もあまりありません。
どの科でも採血を必要とするケースが多いので、どの科に替わっても助けになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優奈
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rpn0deamrcnady/index1_0.rdf