政治改革、政権交代とは陽の目を見る人、陰になる人が逆転することだ!

January 30 [Mon], 2012, 20:34
橋下氏の目安箱に通報続々mediaid2大塩平八郎的、織田信長的な難波の国士、橋下徹新大阪市長の大阪、難波から日本の夜明けが始まったが世間からも認知され出して来たようだ。
国政からでなく、大阪、難波から国を変える国士、橋下徹大阪新市長が出て来たと書き、また歴史の必然、今の今こそ、大塩平八郎的、織田信長的な橋下徹元府知事新市長が必要なのだ国政からでなく、大阪、難波から国を変える国士、橋下徹大阪新市長が出て来たと書いた通り今、やっと日本の夜明けが始まって来た続くーと書いた、さらに大阪ブル選挙の一か月近く前から大阪ブル選挙は大阪市長選も、知事選も維新の会、橋下徹、松井一郎両氏が当選だと書いていたのだがケイオプティコム、EOブログ天狗のささやきがこのブログへのアクセスは現在停止しています。
とグーグルやヤフーに依って盗作や改竄、消し、削除され、ブロックされ言攝ァ、言e圧がなされ、日毎にケイオプティコム、EOブログ天狗のささやきや不都合な真実を書く日記、ブログ、情報は権力、当局の指導のせいなのか徹底してEOブログの天狗のささやきや不都合な真実の日記、ブログ、情報はグーグル、ヤフーらに依ってインターネット社会から抹殺、消去、削除されて来ています。
と書いた通り、大阪ブル選挙は想定した通りの展開になった。
が、その一方で既得権益を死守したい反橋下の人たちは20111122橋下徹脱原発にあらずこの間の日曜日の福島県議選は岩手宮城に続いて共産党が議席を伸ばすという喜ばしい結果に終わりましたが、来る大阪ブル選では、打って変わって陰鬱な結果に終わりそうな燕sきであります。
さて、今日のkojitakenの日記様1にて、小沢信者にして橋下信者にして河村たかし信者にして竹原信一信者のブログが紹介されています。
頭が痛い苦笑。
歴史の必然、今の今こそ、大塩平八郎的、織田信長的な橋下徹元府知事が必要なのだ何故、米政官業電の悪徳ペンタゴンらは国を挙げて小沢排除、竹原、河村、橋下潰しを繰り返すのでしょう11月21日付天狗のささやき1122011年11月18日175058XCjLZ6wUt2橋下を絶対に勝たせるなと画策しているのは関西電力を中心とする関西財界だ。
続くーと書かれていたような私を誹謗する文章が何件もあったり、これらに対しグーグルやヤフーに依って削除されたEOブログの天狗のささやきに反橋下の既得権益を死守したい連中らが多くの嫌がらせのコメントを寄せたが以下の転載記事、産経の正フ屋山太郎さんのように石原新太郎都知事や小沢一郎元代表、堺屋太一、古賀茂明元官僚ら多くの人が大塩平八郎的、織田信長的な橋下徹新大阪市長に味方して来たから難波の国士、橋下徹新大阪市長の大阪、難波浪速から日本の夜明けが始まったが世間からも認知され出して来たようだ。
転載開始正ニ屋山太郎現状墨守に弔鐘鳴らす大阪都産経新聞投稿者こーるてん日時2011年12月17日063945hndh7vd2ZV2正z評ニ屋山太郎現状墨守に弔鐘鳴らす大阪都配信元産経新聞201112130248更新橋下徹氏率いる大阪維新の会は、大阪府知事、大阪市長のブル選挙で圧勝し、大阪都構想の実現に向けて動き出した。
野田佳彦首相も、大阪都を政権検討課題として取り上げざるを得なくなった。
首相の諮問機関である地方制度調査会でも、審議を始める方針だという。
≪二元二重行政にー≫橋下氏は市長選で民主、自民、共産の3党が推す統一候補に20万票差を付けぶっちぎりで勝った。
大阪市民は既成政党に強烈なーを突き付けたのである。
2008年1月に橋下氏は府知事に当選し、大赤字を抱えた府財政の再建に取りかかった。
28余のハコモを潰し、職員の給与ばかりか退職金もカットし、健全化への目途を付けた。
この過程で、橋下氏は府と市に大学や浄水場がブって設置され、余剰人員を抱えていることを指摘し、二元二重行政の問題をあぶり出した。
橋下氏は、市長が260万人を一体として統治する行政のあり方に疑問を投げかけた。
大阪市には24の行政区があるが、東京都の23区のように独自に住民サービスをする権限がない。
これに対し、平松邦夫市長は大阪都構想は大阪市をバラバラにするものだとして反対した。
しかし、大阪都構想は、大阪府内の行政サービスを担う43の市町村と同様の権限を大阪24区にも与えるというものである。
行政サービスは目の届く範囲の基礎自治体で行うのがベストで、都知事は各自治体の特色を有機的に結び付けて成長戦略を図る役割を負うべきだとの考え方だ。
この結果、国際戦略総合特区制度が立法化された。
東京都の石原慎太郎知事は当初、都は東京だけだと憤ったが、橋下氏の構想を知って、強く支持するようになった。
≪都構想は明治来の体制変える≫基礎自治体とそれを統轄する都府県という考え方を突き詰めていくと、国の直轄事業などは断るという立場に行き着く。
橋下氏は府知事当選後、国の直轄事業負担金について、ボッタクリバーだと支払いを拒否し、負担金制度を廃止寸前に追い込んだ。
これは、国地方が直結した明治以来の国家システムを切り替えることを意味する。
これまで地方分権は何十年も叫ばれながら、全く進まなかった。
中央の官僚組織が現状墨守を決め込んだからだ。
しかし、大阪都構想を推し進め、地方自治法改正にまで持ち込めば、国の出先機関の廃止にもつながる可能性がある。
橋下氏は、行政部門が政治をやっていると、府職員の出過ぎを厳しく抑えた。
行政部門は選ばれた政治家の言うことを聞くべきだと述べ続けている。
市長当選直後にも、選ばれた私の言うことを聞かない職員には辞めてもらいますと言い放った。
これは、当然、中央官僚にも言えることで、国家公務員は政治家である首相、閣僚の方針をいかにうまく執行するかが本務である。
橋下氏が提起している職員基本条例案は、職員の能力に応じて昇給や降格を行う。
局長は公募によって選ぶというものである。
安倍晋三政権時代に構想され、後に成立した国家公務員制度改革基本法の考え方と全く同じだ。
同法に基づいて公務員制度改革が行われるはずだったが、民主党も自民党も実現できなかった。
大阪の職員基本条例案は公務員の身分を保障した地方公務員法違反だ、と連合などは反対しているが、余剰部門の職員をクビにするのは当たり前のことではないのか。
≪橋下3改革日本動かすテコに≫加えて橋下氏が提案しているのは、教育基本条例案。
校長などの公募制と職員の能力評価を給与に反映させるものである。
橋下氏は知事就任直後、文部科学省が行っている全国学力テストの結果を、市町村別に公表すると宣言した。
これを押さえにかかる文科省をバカ呼ばわりし、クソ教育委員会ともののしって、ついに全国で公開されることになった。
この結果、教育現場は見違えるように活性化した。
文科省はテストの公表は学校現場に過度な競争をもたらし、不当な学校序列化を招くと、日教組の言い分を丸ごと取り次ぐ愚かさだった。
官僚は決してリスクを取らない。
職員も教員も現状維持に固執する。
こうして硬直した組織が続く。
日本社会が活性化しないのは、現実には中央も地方も官僚が政治をやっているからだ。
社会の動きに対応しない組織はいずれ破綻する。
橋下氏の大阪都構想の前から、新潟県と新潟市の新潟州構想があり、愛知県と名古屋市の中京都構想もあった。
嵩川県は横浜、川崎、相模原の3市が大半を占め、県知事の存在は霞かすむ。
明治以来のシステムが終わりを告げているのだ。
橋下氏は、国、地方の統治システムを問う大阪都構想、公務員のあり方を律する職員基本条例案、そして日教組の学校支配を砕く教育基本条例案という3つの課題を突き付けて変革を迫る。
これらの3唐ヘ大阪を超え、日本を動かすテコになるかもしれない。
ややまたろう201112130248更新cmtカナリアの考える教育の姿嘲西田三郎の坑外のカナリアもさっき死にました続くー大阪市の橋下徹市長が、市職員からの内部告発などをメールや手紙で受け付け始めたところ、多くの通報が寄せられていることが市への取材で分かった。
橋下市長は自分のメールアドレスを全職員に公開、通常のラインでは上がってこない貴重な情報がどんどんくると独自の情報収集術に胸を張る。
しかし、密告奨励とも取れる手法で、職場がギスギスし始めたとの声が出ているほか、専門家も職員同士の連帯を損なうと指摘している。
市の労働組合の意向で昇任試験の受験を遅らされた組合に迎合する区役所の総務課長だと、組合の人事案を受け入れてしまう昨年末に橋下市長が就任した際、職員から複数のメールが寄せられた。
労働組合が市の人事に介入しているとの証言で、橋下市長は不当な介入がないか、調査を指示した。
年明けには市教育委員の視察に関する情報もメールで寄せられた。
今月10日の市長と教育委員の意見交換会の直前、学校視察が駆け込み的に行われたという内容で、橋下市長は視察の実態を市教委に報告させた。
病気休職の不正取得の手口を通報するものもあった。
市は市長へのメールの数を明らかにしていないが、橋下市長はすごくたくさん来ている。
しっかり厳正に対処したいと話す。
また、手紙で受け付ける目安箱を今月設けたところ、20日間で約50通が届いた。
所定の様式に従って市役所に郵送すると、市長に直接オークション届き、他の職員が中身を見ることはないという。
職員からの内部告発は、橋下市長が進める公務員制度改革や労働組合との関係見直しなどに直結している。
告発を奨励するため、市と市教委の懲戒処分の指針も改め、職員が不正行為に関係していても市に通報して不祥事の全容解明に貢献した場合、処分を軽減することを明記した。
原則免職にはしないこともルール化し、25日から運用している。
一方、こうした手法を問題視する声も上がる。
24日の市教育委員会会議では、指針を改めることについて、委員の一人が信頼関係を生む仕組み作りが重要ではないかと指摘した。
ある職員は壁に耳あり、障子に目ありという感じで萎縮している職員もいると打ち明ける。
別の職員は内部告発は中傷の類いも少なくない。
市長が偏った情報で判断を誤らなければいいがと戸惑いを見せた。
林由紀子、原田啓之目安箱享保の改革で知られる8代将軍、徳川吉宗が1721年、江戸城竜口評定所前に設置。
民心把握や施政の参考意見を得るため、一般庶民に不満や要望を直訴させた。
投書は将軍自らが検分。
これにより小石川養生所の設置や、江戸市中の町火消の整備などが実現した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rpb90m4z18
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rpb90m4z18/index1_0.rdf