散々待たせた挙句・・・

August 23 [Tue], 2011, 16:13
なのに、なのに、すぐに行ってしまうなんて!
さよなら…夏の日々。早いもんですね…早くまた夏にならないかなぁ…。

今年の8月は不覚をとって風邪をこじらせてしまい、半分程の期間をグロッキー状態で過ごしました。
誠に不覚です。反省しておる。

一度も泳ぎに行ってない!そんな夏なんて!夏なんて!
ほとんど家の中で過ごした夏なんて久しぶりだ。
もう一生風邪なんてひいてあげない。


最近のポポ。生後3ヶ月にして体重は2キロを超え、やんちゃ盛り。

次のライブはこちら!

9月3日(土)@渋谷LUSH
★開場17:30/開演18:00
★前売¥2000/当日¥2300
★本公演はは高校生以下の方は\1000引きでご入場頂けます。必ず顔と年齢の分かる学生証をご提示ください。
★出演/sisi/THE MASHIKO/エジプト文明ズ/キングヌラリヒョン/ギャーギャーズ(大阪)/BLONDnewHALF(神戸)
★「Beat Happening!VOL.604」

こーころをなににたとえよおー

August 14 [Sun], 2011, 7:20
弱禁酒中、カワラグチです。

コクリコ坂から を観てきました。
宮ア吾朗監督2作目で、
1作目のゲド戦記観たときは、
こんなひどいのがジブリなのかと衝撃をうけたんだけど、
コクリコ坂から は面白かった。
最近のジブリは、壮大な自然とか世界観を感じさせといてこじんまり、ばっかりだったけど、
コクリコ坂から は最初から最後まで地味で狭い活動範囲で旅とかもしなくて、ジブリっぽくないんだけど良かった。
でもポニョとかアリエッティみたいなのを期待して来たんだろう子供はちょっと可哀想だった。
カルチェラタンっていう学生の溜まり場になってる建物がかなりツボだった。
ストーリーとかキャラクターとかに違和感感じたりもしたけど、昔の日本の話なので『昔はこうだったんだなー』って流せた。
評価が分かれてるらしいけど、
久しぶりにジブリで楽しめた。

リルビットえろい広告バナー

August 02 [Tue], 2011, 5:43

カメラのストラップに興味津々。


うわなにをするやめんかーやめんかー!!


書き始めるきっかけが思い浮かばないので、愛猫の写真で始めます。


皆、SNSってやってますか、mi○iとかtw○tterとか。
そうですか、やってますよね。

あー言うサイトって、携帯から見ると出ませんか?
微妙にエロいけど、全くそそらない意味不明な広告バナー。
__________

バナー内の女「いきなり野菜の妖精が…」
野菜「やぁ、僕は野菜の妖精さ!」

コジヌラ「……。」
__________

バナー「乗馬マシンの新機能…」

コジヌラ「なんだチンkoでも生えたのか。」
__________

何と言うことでしょう、全く興味もなく「意味不明だぜ」と思っているようなコジマヌラリヒョンが、
匠の手によってクリックしてしまいそうになるではありませんか。
(劇的ビフォアアフター風に脳内再生して下さい。)

不思議。


最後の画像は例のKカノウ氏から頂いたラムちゃんグッズの数々…!!
なんか最近、会う度にラムちゃんグッズもらってる気がする。

素直に、そして心底喜んでいる。


次のライブはこちら!
今月よりキングヌラリヒョン、新作のレコーディングに入りますので、
8月ライブはこの1本のみざんす。

見逃すなかれ!!

8月12日(金)@渋谷LUSH
★開場18:30/開演19:00
★前売¥2000/当日¥2300
★本公演はは高校生以下の方は\1000引きでご入場頂けます。必ず顔と年齢の分かる学生証をご提示ください。
★出演/valva(神戸)/ワッペリン(名古屋)/JONNY(名古屋)/THE××ズ(青森)/キングヌラリヒョン(東京)/EMILY LETTUCE(東京)
★「Beat Happening!〜SHIBUYA R&R PANIC!〜」

力こそが正義。いい時代になったものだ。

August 02 [Tue], 2011, 3:10
南斗ゴクトケン!
弦一年ぶりくらいで替えたら生まれ変わったなーカワラグチです。

テレビも映らなくなってよりいっそう世俗離れが進んでいますが、
高岡蒼甫さんの話題は目にしました。
あの人のツイートみたら十人十色に感じることがあるでしょう。
本人もそれでいいって書いてました。

テレビ局は外国人株主の比率が20%以上になると免許取り消しですが、
実際のところフジテレビは外国人株主比率が約28%らしいです。

そう考えれば番組編成が偏るのも当たり前かな、と思います。

高岡さんはK-POPのことにも触れていました。
音楽で思うのは、インターネットが普及したことで、
自分の好みをいくらでも深く広く掘り下げることが手軽に出来るようになってしまったということ。
それまではテレビ番組の用意したヒットチャートTOP10とかから好き好みを選択していたのに、
インターネットで探せば、無限に近い音楽ジャンルがあり、人々の好みはものすごく細分化してしまった。
みんなが同じ音楽番組をみてる時代はとっくに終わってます。

そんな中でも売れてるアーティストはいます。
K-POPだったり、AKBだったり。
強力なバックの力を使って、一流の作家の楽曲を使って、
たくみにマスコミを使って、
ようやく前世紀の並みのアーティストくらいのCD売上。

レーベルもテレビ局も生きるため必死です、当然です。
音楽以外の力で売れるのも、株主を依り好まないのも必要です。

高岡さんのように自分の職を懸けて発言するのも立派です。

まあでも、生きてくためって言っちゃえば全てのことがそれで片付いちゃうので
フラットな視点を心がけたいな、と思わさせられました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:キングヌラリヒョン
読者になる
それは得てして珍妙なるロックと言うべきか

Gt,Vo/アタギヒロシ
Ba/カワラグチマコト
Dr,Vo/コジマヌラリヒョン

2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/royallife/index1_0.rdf