たーがいのー じょーねつーとー 

November 28 [Mon], 2011, 22:24
小椋佳さんの歓送の歌が好きです。(是非聴いて欲しい)

特に好きなのが
『若いからじゃなくて
夢に挑むことで
僕達に別れはないという心通えば』
という歌詞です。


夢が変わっても、
夢に挑み続ける限り別れではないのかな、と思います。


そんなわけで
キングヌラリヒョンという名前の3人の夢は一度お休みしますが、
それぞれ新たな夢に挑むことでしょう。

また皆さんの生活のどこかに関われるように挑み続けたいと思っています。
See You Next Live!!

ホンマの話があと2回 

November 17 [Thu], 2011, 7:35
まこっちゃんによる記事更新直後の更新になりますが…。

「MajiでKyushiする2回前」

そういうことです、我々キングヌラリヒョン。
(もちろん皆知ってる広末のあの曲の題名のパロディです。コジマヌラリヒョンは10代の頃は広末が大好きでした。一度目のデキ婚ニュースを初めての沖縄旅行中に知った際は、そのせいで沖縄の魅力が1割未満しか伝わって来ませんでした。)


思い返せばキングヌラリヒョンを始動するずっと前、アタギと知り合ったのは17〜18歳のガラスの十代ころでした。
お互い田舎出身で音楽の趣味が似通っていた僕らは、互いの上京前にインターネット上で知り合い意気投合し、上京後すぐに変てこで未熟なバンドを始めました。

その後同じ学校に通っていたまこっちゃんと友達になり、ただの友達として数年を過ごしました。

アタギとコジマヌラリヒョンがやっていたバンドは解散や休止を繰り返し、その度に新しいバンドを組んだり、メンバーを入れ替えたりしてやみくもに数年が過ぎました。

そして何の因果か巡り合わせか、まこっちゃんがメンバーとして参加することになり、
その1年後にキングヌラリヒョンを始動しました。

3人皆が21〜22歳の若かりし頃でした。

それから数年、メンバー各々に転機を迎え僕たちはキングヌラリヒョンの活動を休止します。
色んな事を経験させてもらいました。

沢山の人と知り合い、色んな人に僕たちの作品を聴いてもらい、沢山の協力を得、
更には自分たち以外にも色んな人を巻き込んで活動してきました。

僕個人だけでも2〜3回は人生観を変えられる出来事が起きましたし、結婚もして一家の主となりました。
数々の素晴らしいアーティスト、バンドとの衝撃的な出会いを経験しました。
意見の相違などでメンバー間で対峙することなんかしょっちゅうでした。

正直、3人皆スタジオのいる時以外はほとんど挨拶すらも交わさない時期もありました。
基本的には割りと仲が良い3人なので、今となってはなぜそんな時期があったのか不思議ではあります。

そんな僕たち3人は休止以降は当分の間、各自で自由に音楽活動します。
皆がキングヌラリヒョンのメンバーとして培った馬鹿みたいな個性。
それをフルに生かした音楽媒体が3つも出来ると思えば、良いようにしか捉えられない僕はアホなんでしょうか?

★アタギヒロシ→新たなる活動に向けて躍進中です。彼の歌詞の世界感と択一したメロディセンスを生かした活動を模索中です。
コジマヌラリヒョン個人の見解で言えば、こいつは歌声や声質は全て含めて日本のグルーヴ
(拍の頭だとか裏だとかそういう物で表現し得る物ではない、スタジオミュージシャンやヘボプロデューサーが一生かかっても到達できない歌詞やメロディやアレンジ全て含めた我々日本人にしか出来ない音楽。)
を何故かいつの間にか体得している希少な人物だと思います。
何事にも囚われず、自由な発想でコード感を補うリズム隊と出会って欲しいと思います。

★カワラグチマコト→酔拳ベースとも称される謎な酔っ払い的な動きとベースラインで一番の個性を発揮しましたが、ステージに上がるのは当分の間キングヌラリヒョンが最後でしょう。
もっと自分の作品を披露しやがれ!

★コジマヌラリヒョン…色々と模索中ですがドラムだけに囚われない活動にむけて躍進中です。
初の試みだらけですが、人前で披露できる作品を目指して思考錯誤を繰り返しています。


以上3人皆、新しい歩みへ向けての休止です。
誰もが志し半ばに挫折した訳でも無く、今後を見据えています。

ですがこの3人で作り上げた一つの形を皆さんに披露できるのは今月いっぱいです。
見逃さず、目に耳に焼き付けて頂きたい。

11/19に下北沢BASEMENT BARにて、
11/27にTHEラブ人間企画「下北沢にて(我々はDaisy Barのトリで出演)」

のライブをもって一旦見納めです。
日本の、東京の一角に、こんな天邪鬼な変なアーティスト集団が存在していたことを忘れないで欲しい。

写真は思い出の付箋・・・ですね? 

November 15 [Tue], 2011, 2:59
あと2回ですね、ライブ。

マコっちゃんあと2回でステージ最後なのかー、
とかアタギに言われたりして、たしかになーとか思いましたが
なんでもメリハリつけないとよくわかんない毎日になっちゃいますからね。
休止だし。

そんなわけでライブが残り少なくなるにつれてどんどんヤル気が天井知らずなんですが、
最大の障害が11月26日にやってくるのです。
もうおわかりですね。

そう、「よつばと11巻」発売です。
最期のライブの前日かよー
でも、同じ日じゃなくてよかった・・・のか?

なんて思ってましたが、最期の舞台ですからね、
苦渋の決断
ラストライブ終了まで買わないことにしました!
これで残り2回のライブは最高になること間違いなし!
え、ガンスリ12月発売・・・


みんなの好きな漫画はあるかな!?

休止まで秒読みでございます。 

October 27 [Thu], 2011, 3:57
お久しぶりでございます。コジマヌラリヒョンです。

11月いっぱいでの活動休止を発表した我々キングヌラリヒョンですが、
早いものでもう10月までのライブは終え、残すは11月の3本のみとなりました。

まさにカウントダウン!

Stairway to Heaven!!!!
それとも
Highway to HELL!!!!

とにかく皆で向かおうぜ、ピリオドの向こうへ!!!!

残り3本のご案内です。

11年11月9日(水)@池袋ADM
★開場18:00/開演18:30
★前売¥2000/当日¥2500
★出演/The puzzles/キングヌラリヒョン/Suck a Stew Dry/ユメミドリ/THE MODERN GIRLS/DJ-コンドウユウイチロウ
★「ブクロフクロダタキ」


11年11月19日(土)@下北沢BASEMENT BAR
★開場18:00/開演18:30
★前売¥2000/当日¥2500
★出演/キングヌラリヒョン/太平洋不知火楽団/どついたるねん/ヒサシ the KID(THE BEACHES)/BiS-新生アイドル研究会-/竹内道宏(霊能者パフォーマンス)and more!
★「アキチャンブリケvol.1」


そして休止ライブはこちら。
続々出演者が発表されている模様!

11年11月27日(日)@下北沢 CLUB251 / Cave Be / Daizy Bar / MOSAiC / laguna(5店舗同時開催)
★開場/開演
★本公演のメール予約、及び当日飛び入り予約はありません。詳細ご確認下さい。
★前売¥2500
★ライブ会場割引チケット¥2000(出演バンドのライブにて枚数限定発売!)
★チケット予約はこちら! ・チケットぴあ [Pコード: 152-305] / ローソンチケット [Lコード: 74910] / e+
★第一弾発表アーティスト/THEラブ人間、ひらくドア、SUNN、the ARROWS、未完成VS新世界、チョンマゲブラザーズ、壊れかけのテープレコーダーズ、thatta、バックドロップシンデレラ、マリリンモンローズ、ザ・ラヂオカセッツ、salsa、SUNDAYS、ソンソン弁当箱、テツコ、キングヌラリヒョン、井乃頭蓄音団、MOROHA、ガール椿
★THEラブ人間presents「下北沢にて'11」

こちらで締め括りたいと思います。
そしてこのライブのチケットなのですが、事前にぴあ・ローソン・e+のいずれかで購入して頂くか、
会場限定販売の割引チケットが必要です。
普段行っているホームページからの予約や、飛び入り予約などはお受けできないのでご了承下さい。




キングヌラリヒョンインフォメーション 

September 02 [Fri], 2011, 4:30
キングヌラリヒョンに関わって下さった皆様へ大切なお知らせがあります。

突然の報告になりますが、キングヌラリヒョンは、今現在決まっているライブ(11月いっぱい)を最後に活動を休止します。
活動再会の目処は立っていません。

ひとまず現メンバーでこれ以上の活動をしていく事が難しくなったというのが活動休止の大きな理由です。

もともと好きで始めた音楽活動、そしてバンドなので、好きなタイミングで終えるのも悪くないと思っております。

加えてメンバー間の関係が良好なままに、バンドを一旦お休みできる事は、僕たちにとって幸せな事なのです。

ただ、いつのまにか沢山の人を巻き込んでしまったので、この場を借りて改めて感謝の気持ちを伝えたいと思いこの様な発表となりました。

今まで僕たちを愛してくれてありがとうございました。

メンバーはそれぞれまた新たに音楽と向き合い、表現と向き合って行きますので、変わらず応援して頂けると嬉しいです。

ひとまずは、11月、最後のライブまで進化し続けたいと思います。妖怪らしく。

また、ひょんなきっかけで活動再会なんて事もあるかもしれませんので、その時はまた宜しくお願いします。

では、また会う日までお楽しみに!



キングヌラリヒョン
安宅広志
川原口誠
児島啓太郎

散々待たせた挙句・・・ 

August 23 [Tue], 2011, 16:13
なのに、なのに、すぐに行ってしまうなんて!
さよなら…夏の日々。早いもんですね…早くまた夏にならないかなぁ…。

今年の8月は不覚をとって風邪をこじらせてしまい、半分程の期間をグロッキー状態で過ごしました。
誠に不覚です。反省しておる。

一度も泳ぎに行ってない!そんな夏なんて!夏なんて!
ほとんど家の中で過ごした夏なんて久しぶりだ。
もう一生風邪なんてひいてあげない。


最近のポポ。生後3ヶ月にして体重は2キロを超え、やんちゃ盛り。

次のライブはこちら!

9月3日(土)@渋谷LUSH
★開場17:30/開演18:00
★前売¥2000/当日¥2300
★本公演はは高校生以下の方は\1000引きでご入場頂けます。必ず顔と年齢の分かる学生証をご提示ください。
★出演/sisi/THE MASHIKO/エジプト文明ズ/キングヌラリヒョン/ギャーギャーズ(大阪)/BLONDnewHALF(神戸)
★「Beat Happening!VOL.604」

こーころをなににたとえよおー 

August 14 [Sun], 2011, 7:20
弱禁酒中、カワラグチです。

コクリコ坂から を観てきました。
宮ア吾朗監督2作目で、
1作目のゲド戦記観たときは、
こんなひどいのがジブリなのかと衝撃をうけたんだけど、
コクリコ坂から は面白かった。
最近のジブリは、壮大な自然とか世界観を感じさせといてこじんまり、ばっかりだったけど、
コクリコ坂から は最初から最後まで地味で狭い活動範囲で旅とかもしなくて、ジブリっぽくないんだけど良かった。
でもポニョとかアリエッティみたいなのを期待して来たんだろう子供はちょっと可哀想だった。
カルチェラタンっていう学生の溜まり場になってる建物がかなりツボだった。
ストーリーとかキャラクターとかに違和感感じたりもしたけど、昔の日本の話なので『昔はこうだったんだなー』って流せた。
評価が分かれてるらしいけど、
久しぶりにジブリで楽しめた。

リルビットえろい広告バナー 

August 02 [Tue], 2011, 5:43

カメラのストラップに興味津々。


うわなにをするやめんかーやめんかー!!


書き始めるきっかけが思い浮かばないので、愛猫の写真で始めます。


皆、SNSってやってますか、mi○iとかtw○tterとか。
そうですか、やってますよね。

あー言うサイトって、携帯から見ると出ませんか?
微妙にエロいけど、全くそそらない意味不明な広告バナー。
__________

バナー内の女「いきなり野菜の妖精が…」
野菜「やぁ、僕は野菜の妖精さ!」

コジヌラ「……。」
__________

バナー「乗馬マシンの新機能…」

コジヌラ「なんだチンkoでも生えたのか。」
__________

何と言うことでしょう、全く興味もなく「意味不明だぜ」と思っているようなコジマヌラリヒョンが、
匠の手によってクリックしてしまいそうになるではありませんか。
(劇的ビフォアアフター風に脳内再生して下さい。)

不思議。


最後の画像は例のKカノウ氏から頂いたラムちゃんグッズの数々…!!
なんか最近、会う度にラムちゃんグッズもらってる気がする。

素直に、そして心底喜んでいる。


次のライブはこちら!
今月よりキングヌラリヒョン、新作のレコーディングに入りますので、
8月ライブはこの1本のみざんす。

見逃すなかれ!!

8月12日(金)@渋谷LUSH
★開場18:30/開演19:00
★前売¥2000/当日¥2300
★本公演はは高校生以下の方は\1000引きでご入場頂けます。必ず顔と年齢の分かる学生証をご提示ください。
★出演/valva(神戸)/ワッペリン(名古屋)/JONNY(名古屋)/THE××ズ(青森)/キングヌラリヒョン(東京)/EMILY LETTUCE(東京)
★「Beat Happening!〜SHIBUYA R&R PANIC!〜」

力こそが正義。いい時代になったものだ。 

August 02 [Tue], 2011, 3:10
南斗ゴクトケン!
弦一年ぶりくらいで替えたら生まれ変わったなーカワラグチです。

テレビも映らなくなってよりいっそう世俗離れが進んでいますが、
高岡蒼甫さんの話題は目にしました。
あの人のツイートみたら十人十色に感じることがあるでしょう。
本人もそれでいいって書いてました。

テレビ局は外国人株主の比率が20%以上になると免許取り消しですが、
実際のところフジテレビは外国人株主比率が約28%らしいです。

そう考えれば番組編成が偏るのも当たり前かな、と思います。

高岡さんはK-POPのことにも触れていました。
音楽で思うのは、インターネットが普及したことで、
自分の好みをいくらでも深く広く掘り下げることが手軽に出来るようになってしまったということ。
それまではテレビ番組の用意したヒットチャートTOP10とかから好き好みを選択していたのに、
インターネットで探せば、無限に近い音楽ジャンルがあり、人々の好みはものすごく細分化してしまった。
みんなが同じ音楽番組をみてる時代はとっくに終わってます。

そんな中でも売れてるアーティストはいます。
K-POPだったり、AKBだったり。
強力なバックの力を使って、一流の作家の楽曲を使って、
たくみにマスコミを使って、
ようやく前世紀の並みのアーティストくらいのCD売上。

レーベルもテレビ局も生きるため必死です、当然です。
音楽以外の力で売れるのも、株主を依り好まないのも必要です。

高岡さんのように自分の職を懸けて発言するのも立派です。

まあでも、生きてくためって言っちゃえば全てのことがそれで片付いちゃうので
フラットな視点を心がけたいな、と思わさせられました。

あーなろぐまーあなろぐまー 

July 25 [Mon], 2011, 0:20
あれ、テレビが映らない。

あれ。

あ、ああ。

というわけで砂嵐しか映らないのですが、下からテレビ観てないしいいか。
なんて思っていたら気づいちゃいました。


テレビ東京は横線が入ってる。
 

NHKはキレイな模様


フジテレビはややストライプ


いやあ、NHK良い砂嵐だなあ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:キングヌラリヒョン
読者になる
それは得てして珍妙なるロックと言うべきか

Gt,Vo/アタギヒロシ
Ba/カワラグチマコト
Dr,Vo/コジマヌラリヒョン

2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
http://yaplog.jp/royallife/index1_0.rdf