いちばん大事なメタボリックシンドローム対策 

2015年08月27日(木) 20時42分
朝食を取っていない体は飢餓状態となり、何でもいいから栄養を体内に留めようとするためです。早食いをやめるだけでも、十分にメタボリックシンドローム対策になります。

食事の取り方は、まず時間をかけて、よく噛んで食べること。お昼ご飯の量は満腹よりも少なめを心がけ、多めに野菜を食べるようにします。

毎日摂る食事の内容やリズムを改めることが、いちばん大事なメタボリックシンドローム対策です。精製した米やパンより雑穀米や雑穀パンがおすすめです。

食事内容は、メタボリックシンドローム対策に有効な食材を多く使うようにします。昼食が脂肪となって体に蓄積されやすくなるのが、朝食抜きの食生活をしている場合だそうです。

緑茶にはコレステロールの改善効果があるのでおすすめです。メタボリックシンドローム対策のために、普段から食事を工夫する習慣をつけましょう。

メタボリックシンドロームの対策をするには、必ず朝食を食べる習慣をつけることです。食事の味付けで塩分の多いものや、濃いものはどんどん食べてしまう傾向があるので気を付けたほうが良いでしょう。

青魚やサーモンはコレステロールの改善に有効ですし、加えて野菜や果物をたくさん摂るようにすればばっちりです。メタボリック対策で大事なことは、ちょっとした日常における努力をいかに積み上げていくかということなのです。

水分補給は水やお茶にして、ジュース等の糖分のあるものは飲まないようにします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:よっしー
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる