黒と金と 

2005年03月26日(土) 12時22分
―――不可思議な異国の足音に振り向けば

古き時代の友への再会の日に、不思議な男に出会った。
墓泥棒ならきっと、無粋な格好もしようが。
月夜に現れた漆黒の、其の男は一枚の絵画。
故人が其の光景を見たならば、きっと良い構図だの何だの言ったに違い無い。
陽の髪に誘われた等と、何て臭い台詞を。
気恥ずかしい言葉を吐くのは彼の性分なのだろうか。
でも私は其方の色の方が良い。否――――其の色は嫌いじゃ、無い。
今宵はとても綺麗な月夜だから。
私が故人の代わりに賛美しよう。貴殿は怒るかもしれないが。

シンデレラとオウヂサマ 

2005年03月11日(金) 18時58分
―――I'm sorry that it is not possible to notice.

何の因果か肩がぶつかり出会った人。
御詫びにと申し出ても遠慮する思いやりの深さに感動しました。
手持ちも無くせめてもの償いに手の甲に口付けを。
返って来たのは顔も真っ赤に、強烈なパンチ。そんな照れなくても良いのに。
……もしや、そういうのが御好みで?すみません、気づけなくて。
申し訳無い。そういうのは初めてなんですけど、優しくして頂けると助かります。
何ですか、其の殺気は。悪い事言いました?私。
再び飛ぶ拳。御星様が見えまして。視界は暗転。

嗚呼、私とした事が。住所と電話番号聞くの忘れてましたよ。
逃げてしまったシンデレラを、
硝子の靴も無いのに如何やって探せって言うんですかね?神様。

チビチビチビ 

2005年03月10日(木) 21時06分
―――生意気な御客

ある時、ある街の、ある一人の女が酒場の店主をしていましたとさ。
煙草と店と、酒さえあれば幸せの店主でした。
今日も今日とて煙草を吹かし暇潰しの新聞を読んでいる時の事です。
ウサギが現れて突然店主の足を掴んだのです。
運が悪くも店主は足をカウンターに乗せていまして、すってンころりん。

ってコラァァァァ!何、ナレーターしてんだ!?アタシ。
チビぃ餓鬼が!誰が三段腹の化粧濃いババアだって?
アタシに喧嘩売ろうだなんて100年飛んで10000年早いわ。
大人を怒らせるとどんなに恐ろしいか、身を持って教えてやろうじゃネェの。

馴染み客とメニゥ 

2005年03月05日(土) 0時45分
―――二品しか頼まない客

久し振りの顔を見た。相変わらずに同じ注文。
栄養偏ってるよ。不健康な。嗚呼、若い子って此れだから厭だね。
何ィ?じゃあ、何を食べれば躰に良いのよ?って?アタシに聞くんじゃ無いよ。
とりあえずは、子供みたいに好き嫌い無く食べましょうね、って御話。
兎に角、何か食えって言ったら。
よりによってフライドポテトなんて不健康の象徴を頼みやがった。
や、そんな不健康なメニュー置いてるのはアタシの店か。
外は寒いから柄にも無く野菜スープだなんて。アタシも焼きが回ったモンだね。

気が向いたら、又御出で。今度はJunkieを連れて。

Chocolate and Cookie 

2005年03月05日(土) 0時33分
―――甘党な御客

何時も通りの忙しさ。何時もの如く音痴な歌を歌う野郎共に怒鳴ったら。
随分、場違いな男が苦笑して扉を開いた。
場違いって言ったら変か。如何言えば良いのか、静かな雰囲気の人。
柄にも無く昔を思い出しちまったよ。アタシ、らしくも無い。
嗚呼、何でもチョコレートに目が無いらしくて仕切りにチョコレートって言ってたっけ?
兎に角、面白かった
気持ちの良い客は久しぶりだ。何せ酔っ払いばかりだからねェ。

チョコレートとビスケットに。次に見える約束をしてみた。
又、会えると良い。話してみたい事は沢山あるから。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:route252
読者になる
Yapme!一覧
読者になる