ラウンドアップ マックスロードの価格情報 

2013年07月04日(木) 21時10分

ラウンドアップ マックスロードの価格はこちらでご覧ください。
ラウンドアップ マックスロードの販売ページヘ

できるだけ安い販売店を選びました。
時折価格が改定されているようなので、
今いくらなのかは販売ページにてお確かめください。

レビューもいくつか書かれています。
ラウンドアップ マックスロード購入前の参考にどうぞ。

量は500mlと5Lの二種類あります。
お得な5Lボトルの3本セットもあります。

広範囲のスギナを枯らす目的があるなど
大量にラウンドアップ マックスロードを使う予定の方は
3本セットがお得です。

送料は5Lと3本セットは無料になりますが、
500mlは別料金みたいです。

ラウンドアップ マックスロード 5Lの販売ページヘ
ラウンドアップ マックスロード 500mlの販売ページヘ

ラウンドアップ マックスロードで一般的な雑草を枯らす 

2013年07月02日(火) 21時10分

ラウンドアップ マックスロードで一般的な雑草を枯らす時は
ラウンドアップ マックスロードを100倍に希釈します。

一般的な雑草とは、その辺によく生えているような
一年草や越年草などのことです。
ギシギシ、メヒシバ、ハルジオン、タンポポなどが該当します。

希釈倍率は100倍なので、水1Lに対して
ラウンドアップ マックスロードを10ccです。
散布する量によって水と原液の量は変えてください。

100倍に希釈したラウンドアップ マックスロードを
雑草の葉っぱにかかるように散布していきます。

一般的な雑草はそれほど生命力がないので、
少なめな散布量でも効果を発揮します。

目安は葉っぱについたラウンドアップ マックスロードが
葉っぱの下へしたたり落ちない程度です。
ちゃんと枯れるか不安な方は多めに散布しても構いません。

ラウンドアップ マックスロードの販売ページはこちら

ラウンドアップ マックスロードで多年生雑草を枯らす 

2013年06月30日(日) 21時09分

ラウンドアップ マックスロードで多年生雑草を枯らす時は
ラウンドアップ マックスロードを50倍に希釈します。

多年生雑草とは何年か繰り返して同じ場所から生えてくる雑草のこと。
キシュウスズメノヒエ、ヤブガラシ、ハマスゲなどが該当します。

希釈倍率は50倍なので、水1Lに対して
ラウンドアップ マックスロードを20ccです。

50倍に希釈したラウンドアップ マックスロードを
一般的な雑草と同じように葉っぱに散布していきます。
散布量は少し多めにしましょう。

多年生雑草の場合、ラウンドアップ マックスロードを
散布する時期も重要です。

多年生雑草の開花期、または成長がストップした頃が有効です。
それより早い段階ですと、ラウンドアップ マックスロードの
効果が十分に発揮されない場合があります。

ラウンドアップ マックスロードの販売ページはこちら

ラウンドアップ マックスロードでスギナを枯らす 

2013年06月30日(日) 21時09分

ラウンドアップ マックスロードでスギナを枯らす時は
ラウンドアップ マックスロードを25倍に希釈します。

スギナは除草がかなり難しいとされる雑草です。
濃い目に希釈したラウンドアップ マックスロードを
たっぷりと使用しないと対抗できません。

希釈倍率は25倍なので水1Lに対して
ラウンドアップ マックスロードを40ccです。

25倍に希釈したラウンドアップ マックスロードを
スギナにたっぷりと散布してください。

ラウンドアップ マックスロードの散布時期も重要になります。
スギナが青々と生え揃っている時期が最も有効です。
関東から西は4月から6月ごろ。東北地方は5月から6月ごろ。
北海道ですと6月から9月ごろが目安です。

成長中の小さなスギナや暑い時期に黒ずんだスギナは
葉っぱからラウンドアップ マックスロードが吸収されにくく
ラウンドアップ マックスロードが根っこまで行き渡らないため
一旦枯れたとしても、翌年に再生してくる恐れがあります。

ラウンドアップ マックスロードの販売ページはこちら

ラウンドアップ マックスロードで木などを枯らす 

2013年06月30日(日) 21時09分

ラウンドアップ マックスロードで枯らせるのは
雑草だけではありません。木や竹などにも効果があります。

木を枯らす時は、方法は3つあります。
・葉っぱにラウンドアップ マックスロードの50倍の希釈液を散布する
 (常緑樹の場合は25倍にしてください)

・木を切って切り株にラウンドアップ マックスロードの原液を塗布する

・株元に穴を数箇所空け、ラウンドアップ マックスロード原液を1mlずつ注入する

いずれも7月から11月ごろの温かい時期に処置するのが有効です。
枯れるまでは雑草よりも長い期間を要します。

竹を枯らすやり方も木に似ています。
竹の節から2〜3cmほど下に穴を空け、ラウンドアップ マックスロードの
原液を10cc程度注入し、テープなどで穴を塞いでください。
竹の種類にもよりますが、早くて3ヶ月、遅くとも8ヶ月ほどで枯れます。

笹を枯らす時は多年生雑草と同じように、
50倍希釈のラウンドアップ マックスロードを
葉っぱ部分へ多めに散布してください。
散布時期は秋(9月から11月)が有効です。

いずれも効果が現れるまではかなりの時間がかかります。

ラウンドアップ マックスロードの販売ページはこちら