興味を引いたことは、なんでも書きます。備忘録日記。

2007年11月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ホセ
竹島は日本の領土です (2005年03月18日)
アイコン画像round-t
竹島は日本の領土です (2005年03月18日)
アイコン画像ホセ
竹島は日本の領土です (2005年03月17日)
アイコン画像round-t
ライブドアの時間外取引 (2005年03月02日)
アイコン画像round-t
ライブドアの時間外取引 (2005年02月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:round-t
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・インターネット
    ・スポーツ-サッカー
    ・自動車
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
組織図メーカー / 2007年11月13日(火)

 
   
Posted at 15:41/ この記事のURL
コメント(0)
長らくメンテしてなかったら… / 2005年12月01日(木)
コメントスパムがこんなところにも…。
メンテナンスしました。

しかし、今日も3件yahoo!に検索がかかって来ていただいたお客様があったようです。何とか時間を見つけて記事も書かないとなぁ。
 
   
Posted at 16:58/ この記事のURL
コメント(0)
ニッポン放送の新株予約権発行、高裁でも認められず / 2005年03月24日(木)
別に意外でも何でもなかったので、まる1日遅れの記事になってしまいました。

っていうか、地裁より文面がニッポン放送側に対して厳しくないですか?
まあ書面上発行理由をどう申し立てたとしても、あの記者会見のビデオをみればどう見ても経営権の維持のために発行するんだという以外の結論は出にくいと思うんですけどね…。
 
   
Posted at 20:02 / 社会 / この記事のURL
コメント(0)
竹島は日本の領土です / 2005年03月16日(水)
しかし「竹島の日」を作っても、韓国軍が駐留している状況は変わらないでしょう。
韓国国内がどうなれば駐留が解かれるのかと言う戦略的思考やもっと簡単に言えば外交センスを、地方議会の議員さんに求めるのは筋違いですかね。
 
   
Posted at 16:39 / 社会 / この記事のURL
コメント(3)
今回の裁判所決定についての海外メディアの反応 / 2005年03月12日(土)
読売新聞に「旧来企業慣行脱皮か…「新株」差し止めで海外メディア」という記事があります。
やはり昨日の新株予約権発行禁止の決定はそれなりにインパクトがあったようです。まあ「普通」の決定ですからそんなに大きくは報道されないのかもしれませんが…。
逆の決定がされていればもっと大きく報道され、日本に対する厳しい意見となったのではないでしょうか。
「普通」の決定で良かったです。

また「フジ日枝会長「提携も」ライブドアとの協議に前向き」という記事の中で、日枝会長が堀江社長と会っても良いとの発言があったという報道もあります。「今後の司法の場を素直に見守りたい」という発言などもあり、かなりトーンが違ってきた印象です。
 
   
Posted at 15:38 / 社会 / この記事のURL
コメント(0)
しかしニッポン放送は既に異議申し立てを行ったそうですね / 2005年03月12日(土)
いろいろ場合に備えておくことは必要でしょうけれど、負けることがわかっていたような手際の良さですね。
裁判所に提出する書類が数時間でできるとはとても思えません。

追記
 「不服」でなく「異議」申し立てでしたので修正。
 
   
Posted at 00:48 / 社会 / この記事のURL
コメント(0)
ライブドアの申立が認められたようです / 2005年03月11日(金)
5時のNHKニュースで流れていましたが、ライブドアが東京地裁に申し立てていたニッポン放送の新株予約権発行に対する差し止め禁止の仮処分が認められたようです。

追記
 ニッポン放送株問題関連のトラックバックセンターさんに送ったトラックバックにエラーが出ていたので送り直していたところTBスパム化していたことに気が付きました。
申し訳ありません。深くお詫びします。
 
 
   
Posted at 17:11 / 社会 / この記事のURL
コメント(0)
ニッポン放送の上場廃止決定? / 2005年03月08日(火)
フジテレビはTOBでニッポン放送株の36.47%を取得したと発表しています。
新株発行が行われなくても、ライブドアの45%超とあわせると東証の上場廃止基準に該当しているようです。
上場廃止までの猶予は1年ですが、両者とも売却は…しないでしょうねぇ。

isologueで「鹿内家はニッポン放送株を取り戻せるのか?」という記事で一昨日からの問題の論点を整理しておられます。特に図での説明がわかりやすいです。
取りあえず8%によってTOBの成否が変わると言うことはなくなりましたし、株式返還請求の仮処分も認められなかったようですから、フジテレビとしては最悪の事態は取りあえず免れたようです。
 
   
Posted at 11:26 / 社会 / この記事のURL
コメント(0)
いよいよフジテレビのニッポン放送株TOB締め切り / 2005年03月07日(月)
isologeで私の昨日の記事からもう少し詳しい疑問点等をまとめておられます。お礼の言葉まで頂いていますが、私としてはisologueで取り上げて頂いただけで十分で、こちらこそありがとうございました。
深夜のドライブ中にNHKラジオのニュースを聞いていたところあのニュースが流れて驚いてしまい、家に帰ってからNHKのWebサイトを探したので、比較的朝早い記事になりました。
#ちなみにニュース以外の時間帯のBGMはベタに平井堅『SENTIMENTAL overs』。

さて今日がフジテレビのTOB締め切り日ですが、R30さんが今後の予想されうる展開について非常にわかりやすくまとめておられます。しかしこのエントリーのタイトル「CXグループの怨霊を呼び覚ましてしまったホリエモン」を見ると、あるいは意趣返し的に鹿内家の株はライブドアに行ってしまうのかと思ってしまいます。当然、なかなかそう事は単純では無いでしょうけど。

あとこの記事の中でリンクされた記事でカトラーさんの記事が印象に残ります。やっぱりフジテレビ内部でもインターネットに戦略的に取り組んだほうが良いんじゃないかというのはあたりまえにありますよね。そこに今ライブドアが手を挙げてきた。
組む相手はソフトバンクが良いとか楽天が良いとか、ライブドア以前にはフジテレビ側も選べたのでしょうけど、手を挙げられた今キャスティングボードはライブドア側にあるわけで、ライブドアと組みたくないから新株予約券発行というのはR30さんも書かれているとおり、どう考えても通らない気がするのですが
これが通れば「株式市場のカタストロフィー?」とR30さんは書いておられます。

前にも触れましたが、たとえ今回これが通ってもフジテレビがインターネットとの融合を進めれば結局また「あれは経営権維持のための株式発行だった」と誹られるのでしょうし。ただライブドア側も具体的な事業内容を提示できていないという弱みはあると思いますが。
 
   
Posted at 10:57 / 社会 / この記事のURL
コメント(0)
鹿内家、大和証券SMBCにニッポン放送株の返還を要求 / 2005年03月06日(日)
この件については詳しい説明がisologueで1月にされているのですが、鹿内家が大和証券SMBCに株を帰してくれと言っているというNHKのニュースがありました。
「信託受益権を使えば大量保有報告義務やインサイダー規制を逃れられるんだったら、みんなが信託受益権を使って、証券取引法の意味がなくなっちゃいますよね。」と書いておられるとおりのことが行われていたのでしょうか
しかも大和証券SMBCはTOBが行われると知っていたのに、鹿内家側には告知していなかったようで…。
弁護士辞任の件といい、50社に文書を配っていた件といい、ライブドアもどうかと思いますが、決して(大きく括れば)フジテレビ側も大差無いようです。

これでフジテレビの目指す33.3%の株式取得はおろか、TOBの25%もどうなのでしょうか。一方45%を越える株を取得しているライブドアがこれを買うことができれば、フジテレビは完璧にOUTです。
 
   
Posted at 07:36 / 社会 / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Global Media Online INC.