【 更新情報 】

スポンサード リンク

社会保険労務士の求人状況

社会保険労務士の仕事は企業の運営に密接にかかわっています。年金に関する相談、賃金不払い残業や不当解雇などの職場内のトラブルの解決、健康保険や労災保険、雇用保険、から人事労務管理まで雇用に関する法律にかかわっている社会保険労務士へのニーズは高いといえます。社会保険労務士事務所では収入単価の低い社会保険の手続きだけでなく、就業規則や賃金制度の策定、従業員の福利厚生など、人事・労務全般にわたるコンサルタントの仕事を多く扱うことで、社会保険労務士としても仕事も充実していきます。特に、近年これらの業務は関連して行われることが多いため、単独での事務所ではなく、共同で仕事を営んでいる事務所も見受けられます。これらの合同事務所は、細分化されている士業務の役割を一括して行うことができ広い範囲のニーズを一か所カバーできる利点があり、今後様々な企業との契約が伸びていきそうです

社会保険労務士の業務

社会保険労務士の業務形態でごく一般的なものは、企業との顧問契約です。企業の人事・労務諸問題に関する相談、社会保険・労働保険諸手続きの事務代理・提出代行、給与計算などが主である。近年は、ファイナンシャル・プランナー資格を併せ持って年金・資産運用に関するコンサルタント業を主とする社労士も増えています。また、近年、労働者の権利意識の高まりを背景に労使紛争や訴訟が増加しており、「個別労働紛争の解決の促進に関する法律」に基づき当事者を代理して、具体的な解決策を提案するなど、労使双方の諍いを処理する、といった業務を手がける社会保険労務士も次第に増えています。現在、社会保険労務士の報酬は、規制緩和の一環として他士業者とともに自由化されており、社会保険労務士の事務所ごとに違っています。法律事務を職分とする、現役の弁護士は当然に全ての社会保険労務士業務を行うことができます。これについては、いわゆる隣接法律専門職種と言われる司法書士、弁理士、税理士、海事代理士、行政書士の各業務についても同様です

社会保険労務士とは?

社会保険労務士(しゃかいほけんろうむし、Certified Social Insurance and Labour Consultant)とは、労働関連法令に基づく申請書等の作成代行等を職業として行うための資格、またその職業に携わる者を指します。事業所より依頼を受け従業員の入退社に伴う上記事務処理、在職中の労働災害、通勤災害、私傷病、出産、死亡等に関する申請や給付に関する事務手続き、労働保険料を算定納付する年度更新、従業員それぞれの毎月の社会保険料を確定させる算定基礎届、労働者名簿及び賃金台帳など法定帳簿の調製、就業規則作成改訂、給与計算、賃金や退職金制度構築、各種助成金の申請、労務及び安全衛生に関する相談、指導などのコンサルタント業務、また、個人向けの年金、労働相談等が主な業務です