日本画制作を含めた日常。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:湯浅紀美子
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・散策-神社、森林、山頂
    ・登山-北アルプスが大好き
    ・弓道-まだ貳段
読者になる
日本画家

代官山アートラッシュ
日本の伝統文化が大好き
へたれピークハンター

日々の生活は堅実、質素
そして時々仲間と贅沢を楽しむ
そんな生き方が理想
2018年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
2018年『花鳥風月 展』 / 2018年03月20日(火)
今年もこの季節がやってきました。
代官山アートラッシュ『花鳥風月 展』のお知らせです。



アートラッシュ企画展Vol.295
『花鳥風月』展
2018年3月21日(水)〜4月2日(月)
水・木・金・土 AM11:00〜PM7:00
月・日・祭日   AM11:00〜PM6:00
火曜日定休(入場無料)

アートラッシュのサイトはコチラ

=参加作家=
上木原健二(絵画)
清葉(切り絵)
もきゅん(造形)
acco(パルプアート)
湯浅紀美子(日本画)
原政人(造形)
パトリックギャノン(切り絵)


絹本作品を一点展示させていただいております。


今年は一本の梅の木と対話させていただきました。

気持ちの良い気候となりましたので、代官山へのお散歩はいかがでしょうか。
お越しの際は是非アートラッシュへお立ち寄りください(^^)



もう一つ、お知らせです。
今月末、目黒不動尊にて第2回写経写佛会が行われます。
今回も古典技法『上げ写し』の講師をさせていただきます。


日 時 2018年3月31日 13:00 - 16:00
場 所 目黒不動尊 瀧泉寺 〒153-0064 東京都目黒区下目黒3丁目20−26
参加費 お一人様3000円 (材料費含む)
申し込みは→コチラ(永久保貴一先生ファンサイトへ飛びます)

毎月ご縁日に観音堂で行われている一行写経を行って精神統一。
永久保貴一先生が奉納されたお不動様の画を上げ写しにて写佛いたします。
最後に印をいただいて色紙に貼りこみ、お持ち帰りいただけます。
古式ゆかしいお寺にて癒しのひと時をお過ごしください。

一筆一筆入れるたびに佛様が形になってゆく様子は、細い月がどんどん丸くなってゆくような安心感が得られます…。

絵心、書心、特に問いません。
どうぞお気軽にご参加ください。
皆様にお会い出来るのを心より楽しみにしております。




 
   
Posted at 01:37 / 展示のお知らせ / この記事のURL
コメント(0)
春の気配感じて / 2018年03月13日(火)
大変ご無沙汰しております。
ジンチョウゲの香りに包まれて、春の訪れを喜ぶ鳥たちの声に心癒される日々。
皆様、いかがお過ごしでしょうか…。
すでに年度末、時が過ぎるのは早いものです。
別れや出会い入り交じり感傷的な心持ちになるこの季節。
ご連絡が滞っている皆様におかれましては、いつもご迷惑・ご心配をおかけしまして誠に申し訳ございません。
こちら、忙殺の日々ではございますがなんとか日々を繋ぎ生かされております。


まずはご報告など。

●『月刊弓道』の表紙のお仕事が一段落いたしました。
編集部のSご夫妻には大変お世話になりました。
至らぬことも多々あったとは存じますが、一年間本当にありがとうございました。

最後にその成果をご覧いただきたく、所沢と中野の2カ所で巡回して原画展を行わせていただく運びとなりました。
日程は最後にまとめさせていただきますのでご参照ください。

3月号は三十三間堂で行われた『三十三間堂大的全国大会』の様子。
最後ということで、今までよりも色鮮やかに描かせていただきました。
季節の花はタンポポとスミレ、春の訪れを感じさせてくれる花たちです。
強くたくましく、そんな願いを込めています。
優しく強き春の野の花と共に初々しい新成人の力強い射の様子をイメージいただけましたら幸いです。


●そして、こちらは目黒不動尊・瀧泉寺で行わせていただきました墨彩画ワークショップの様子です。

2月は水仙をモチーフに水干絵具と膠、墨を混ぜて色を置いていただきました。
このワークショップは古式ゆかしいお寺目黒不動尊・瀧泉寺のご協力のもと、国内外からいらした観光客の皆様をもてなし、日本の美しい文化に触れて楽しんでいただくために行わせていただいております。
ご参加くださいました皆様、誠にありがとうございました。


●同じく、目黒不動尊の書院にて。

写経写佛会の講師をさせていただきました。
漫画家の永久保貴一先生が奉納された不動明王様の下絵を、古典技法の上げ写しにて写佛するという内容です。
まず、お作法に則り墨をすり、一行写経にて心を沈めます。
それから上げ写しにて一筆一筆丁寧に、お不動様の線を写し取ります。
そしてこの日はなんということでしょう、永久保先生自らご参加というサプライズ…!
実は私、小学校の頃から先生の作品『カルラ舞う!』のファンでした。
まさか、このような形で永久保先生とご一緒できるとは思いもよらず、大変光栄でございました。
しかも写佛修了後、永久保先生の印をいただけるというファンとしては至れり尽くせりの嬉しい内容。
写経写佛会の開催にご協力くださった関係者の皆様、そしてご参加くださいました皆様。
お世話になりまして、またはお越しいただきまして誠にありがとうございました。


●只今描いている絹本は、毎年恒例となっておりますアートラッシュ『花鳥風月 展』
で展示させていただく絵です。

暖かくなり外へも出やすくなります故、どうぞ期間内に代官山付近にいらっしゃるご用などございましたらお立ち寄りいただけますと幸いです♪


ーーーーー
最後に今後の予定をまとめさせていただきます。

●3/21〜4/2
花鳥風月 展(代官山アートラッシュ)
詳細コチラ→代官山アートラッシュサイト
●3/31
写経写佛会(目黒不動尊)
詳細コチラ→永久保貴一先生サイト
●4/21
墨彩画ワークショップ『Paint hanging scrolls with an artist』(目黒不動尊)
詳細コチラ→Aribnbサイト
●5月6日
写経写佛会(寺フェス向源・目黒不動尊)
向源サイト
詳細は後日
●6/4〜6/11
月刊弓道原画展(狭山ケ丘)
詳細は後日
●6/13〜6/20
日本画技法研究会・作品展(狭山ケ丘)
日本画教室の生徒さん達の絹本作品を展示させていただきます。
詳細は後日
●6/20〜7/4
月刊弓道原画展(中野)
詳細は後日
 
   
Posted at 03:14 / 日常を… / この記事のURL
コメント(0)
ご無沙汰しております / 2018年01月25日(木)
皆様、大変ご無沙汰しております。
今年初の更新で、なんと3ヶ月も空けてしまいました。

押し寄せるやるべき事への気持ちでいっぱいいっぱいになっており、大切な仲間や友人達への連絡が途絶えたままになっております。
ご連絡いただいているにも関わらずご返信できないご友人の皆様におかれましては誠に申し訳ございません。
日々のノルマをこなしつつ、少しずつ少しずつ皆様に寄り添わせていただけたらと思っておりますので、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

関東に大雪が降り、一時的に雪国ムードになりました。
眩しいくらいの雪でしばし非日常的な風景を楽しみながら過ごしています。



日本画教室の生徒さんの絹本作品をご紹介いたします。

こちらは、Nさんの芙蓉の花。

初めての絹本ですが、丁寧な色付けで深みのある画面になりました。
グリーンの明度を上手に変えて葉っぱの一枚一枚の奥行きが良いですね。
夏の終わり頃の空気感まで伝わってきます。

Oさんの牡丹です。

昨年の5月にスケッチ会で採取したものを元に描いていただきました。
真っ赤な色が印象的でとても目立つ株でした。
花びらの一枚一枚、特に端部分を丁寧に重ねて描かれており、ふんわりしたやわらかさが表現されています。

お二方とも絹本初心者とは思えないほど絹本の良さをいかした素晴らしい作品に仕上がっており、講師として大変嬉しく思っております。


今、月に2回ほど、目黒不動尊にて外国人向けの日本画(墨彩画)のワークショップを行わせていただいております。
墨と顔料を使って季節の花を描いております。
その後、ご自分の作品を掛け軸風に飾って愛でながらお抹茶を召し上がっていただき、さらに護摩木を奉納して龍泉寺の境内案内に向かいます。
かなり至れり尽くせりのワークショップになっておりますので、ちょこっと日本画をやってみたい方、日本の文化がお好きな方、どうぞご参加ください。
来月は、2/19(月)と2/24(土)に行う予定です。




その目黒不動尊の書院にて、このような素晴らしい弓を発見いたしました。
右手の扉との比較でもわかりますように、人間が引ける大きさの弓ではございません。
大変大きな弓で『奉納 凱旋紀念 発起人 宮内省御用御弓師 佐野新五郎』と書かれております。

副住職さんにお聞きしましたところ、東郷元帥がバルチック艦隊を破った際の記念に奉納されたものでしょう、とのことでした。
日露戦争では日本の神様も参加していたとの逸話が残っています。
ロシアの指揮官の手記に「日本軍の中にはときどき赤い服を着た兵隊が現れて、この兵はいくら射撃しても平気で進んでくる。この兵を撃つと目がくらむ。 服に〇に喜の字がついていた」
と残されているそうです。
正体はご眷属のタヌキで、氏子さんについていって共に戦っていたと伝わっているようです。
喜、といえば、四国の民話で有名な喜左衛門狸でしょうか…。
神様が共にいてくださるという安心感は、当時の日本兵にとって必要不可欠であったに違いありません。
この弓を見て、目黒のお不動様もたくさんの方々と共にあったのだな、と思い、なんだか胸がいっぱいになりました。

最後にお知らせです。
すでに会期中で恐縮ですが、おなじみ代官山アートラッシュにて短冊を展示させていただいております。


アートラッシュ企画展Vol.291 

『 雅 展 』

2018年1月17日(水)〜1月29日(月)

水・木・金・土 AM11:00〜PM7:00 

月・日・祭日 AM11:00〜PM6:00
火 曜日定休(入場無料)
 
=参加作家=

湯浅紀美子(絵画)

喜田小夜子(絵画) 

まいけるからわた(造形)

河田里美(陶芸)

境野裕子(手作り時計)

acco(パルプアート)

清葉(切り絵)

ゆうき 慧真(切り絵)
<特別出展)
川口喜久雄(シルエット工場)
木村蜻蛉(造形

今回は2点ほど。
季節を描いた短冊です。



●日本画教室(文京区)
●目黒不動尊ワークショップ
のお問い合わせは、お名前と返信メールアドレスを添えてコメントに書き込みをお願いいたします。
コメントの公表は認証制となっておりますので、メールアドレスが入った内容は公表はせずに直接ご返信させていただきますのでご安心ください。




 
   
Posted at 01:32 / 日常を… / この記事のURL
コメント(0)
9月のいろいろ / 2017年09月30日(土)
日に日に雲が高くなり、秋の気配が濃厚になってきました。
冬の訪れを前に様々な実をつける植物たちの声に耳を傾ける今日この頃です。
芸術の秋、そして食欲の秋…。
どうりでお腹がすく訳ですね。

さて。
まずは御礼を。
アートラッシュの『月展』は10/2まで、今回もお求めくださった方のご好意により最後まで展示いただいております。
温かいお心遣い、いつも感謝しております。
そして、アートラッシュにお越しくださった皆様。
お言葉をくださった皆様。
本当にありがとうございました。
今後も古典技法をいかした作品制作を通じて皆様とご交流出来ますよう精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


こちらは、お世話になっております茶道教室の立礼のお部屋です。

このお部屋の掛け軸を変えるのは私の仕事です。
秋になりましたので、秋の山水をかけさせていただきました。
形式、法則を大切に守りながら描かれている作品です。
一代で完成させたものではなく永きに渡って続く伝統あってこその美を、とてもリスペクトしています。


そして、9月といえば山シーズンです。

今年は劔を目指しましたが、残念ながら自らの体調と相談した結果、劔御前小屋でストップしました。
昔から高い所になかなか対応出来ない体質のようで、今回も高山病が出ました。
しかし、室堂から立山三山の素晴らしい景観を胸に焼き付けてきましたので憂いは微塵もありません。
向こうに見える雲がかかっている峰が劔、あそこまで行くのはまた次回のお楽しみということで。

雲海の上、晴れた風景が広がっていて爽快そのもの…。
この景色に会えて、本当に良かった。

下りてから室堂でテント泊、産まれて初めて天の川を見て感動したのですが、スマホのカメラでは残念ながら写せず…。
なので、これも心に焼き付けてまたいつかこの景色を見れますようにと願をかけたのでした。
今回もご一緒いただいた山仲間には感謝しております。
ソロでは見れない景色を見せてくれて、ありがとう…。


今月の弓道。
描かせていただいている弓道誌の表紙です。
こちらは8月号。

夏らしい雲のある道場の風景と、季節の花はヒマワリ。
そして9月号はリンドウ、大好きな花の一つです。

表紙を描かせていただいていることによって、嬉しいことが。
遠い地に住む従兄弟の娘が地元の高校で弓道をやっていると連絡をいただきました。
高校生選手権での様子など、報告をくれるようになりました。
遠い地でまさか肉親が同じ弓道を嗜んでいるとは夢にも思いませんでしたので、なんとも嬉しい出来事でした。


それから、こちらはお世話になっている目黒不動尊です。

神仏習合時にはあったという山王鳥居が立ち、ご縁日にお披露目されました。
寺院に鳥居、この新しい時代に立ち会えたこと、大変嬉しくなんとありがたいことか…。
今年、目黒不動尊では十二年に一度の御開扉があります。
期間は十月二十二日〜二十九日の午前九時〜午後五時、最終日は午後三時の護摩までです。
期間中はいろいろなイベントも催されます。
私も小学校の頃から読み親しんでいたコミック『カルラ舞う!』の永久保貴一先生の原画展や、青木昆陽先生のお墓があることにちなんで毎年行われている『おいもさんフェア』など。
ご縁のある方は是非期間中にお出かけください。







 
   
Posted at 13:34 / 日常を… / この記事のURL
コメント(0)
アートラッシュ『 月 展 』 / 2017年09月11日(月)
空がだいぶ高くなり、芸術に読書に食欲に…。
いろいろな楽しみが満載の季節となりました。

そして、代官山アートラッシュでは毎年恒例のこの企画が始まります。
もちろん今年も参加させていただきます。



アートラッシュ企画展Vol.284
『月〜静かな時間〜』展
2017年9月13日(水)〜10月2日(月)
水・木・金・土 AM11:00〜PM7:00
月・日・祭日   AM11:00〜PM6:00
火曜日定休(入場無料)

=参加作家=
原政人(造形)
人と水(コラージュ)
ささきりえ(金属造形)
牧瀬茜(絵画)
チヒロ(絵画)
清葉(切り絵)
湯浅紀美子(日本画)
Myu(七宝)
東田亜希(絵画)
野谷美佐緒(アラビア書道・絵画)


今年も絹本を一点。

高山植物のイワウメと、山の風景です。
月にはうっすら龍神様…。
人が、自然の力を生き物に例えた姿がきっとこのような御姿なのだろうなと自然への感謝を込めて描かせていただきました。

代官山、恵比寿付近へお越しの際はお立ち寄りいただけますと幸いです。




 
   
Posted at 10:51 / 展示のお知らせ / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!