泣かないで、 

November 08 [Wed], 2006, 16:49
きっと逢える。

大丈夫、立ち止まってもいいよ。
私も、あなたへと歩き始めるから。





(道は繋がっているから、必ず)


(無題) 

November 04 [Sat], 2006, 14:14
君はいつもと変わらない笑顔で、僕を見て。
僕はいつもと変わらない言葉で、君を愛した。

だけど、僕らの間には少しの距離が生まれていたね。
幸せなふりをして、満たされたふりをして。
僕らは、愛という名の泥沼で二人、抜け出せずにいたんだ。

どちらとも、勇気が無かった。
甘い甘い罠を識っていたのに。
知識も手段も持ち合わせていた。
ああ、僕らはもうひとつに成ってしまったのか。

全てはもう、後の祭り。


(無題) 

October 10 [Tue], 2006, 11:20
こんなとき、いつも思う。
私には、何もないんじゃないかって。
何も 残らないんじゃないか って。

空はいいなぁ。
雲も何も無くたって、とても綺麗だもの。


私は…───。


(無題) 

September 25 [Mon], 2006, 13:42
呼吸をしても、
充たされない。
青空を見ても、
満たされない。

呼吸をすると、
肺が痛い。
青空を見ると、
胸が痛い。

呼吸をしても、
息が詰まる。
青空を見ても、
涙が出る。

息をしたいのに、
呼吸が出来ない。
笑いたいのに、
青空が見えない。


(無題) 

September 23 [Sat], 2006, 12:25
いつの日か、
あの太陽は君の目を 射した。

その光に怯むことなく、
君は、
その火を 燈した。


(無題) 

September 20 [Wed], 2006, 16:37
かけがえのない もの。
改めて知った 痛み。
あれはきっと、神様が巡り会わせたんだろうな。

無駄にはしない。
この胸に刻み付けて、ずっと忘れない。

もう謝らないよ。
教えてくれて ありがとう。


(無題) 

September 19 [Tue], 2006, 18:35
天命ってなに?
これも運命?

こんな残酷で一方的なものって、有り得るの?


(無題) 

September 17 [Sun], 2006, 2:07
淋しさを紛らわす術を知らなかった僕は、
ただ、君を傷付けることで この身を守っていたんだ。

何とも浅はかだけれど。
まだ幼い僕の、愚かな過ち。


(無題) 

September 14 [Thu], 2006, 10:09
命が欲しい。
心が欲しい。
永い間、ずっと。
それを、願っていた。

だけど、
手に入りそうになった瞬間(いま)、
何故だか 涙が止まらないんだ。

何かが違う。
何かが足りない。
望  ん  で  い  た  こ  と  な  の  に  。


(無題) 

September 05 [Tue], 2006, 10:41
風に乗る、最後の香り。
脳裏に焼き付く、最後の花。

思い出になるには、まだ早い 記憶。


夏の残骸。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rou0sen
読者になる
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる