"【受精障害】(1)!!"  

November 24 [Sat], 2012, 3:31
"最近2年間に私のクリニックで精液検査をした男性について調べますと、全体の約40%に高脂血症が見られました。さらに、この高脂血症の人たちは、一般男性よりも、精子運動率の低い人の割合が高いことがわかりました。

・睾丸発育不全
女性と同じく、10代の成長期の下半身の管理不全が、男性に深刻な精子生産の低下をきたしています。触診で睾丸の発育不全を発見するケースは少なくありません。

〈全身的な問題〉
・ホルモン分泌異常
精子の生産は、脳下垂体から性腺刺激ホルモンが届いて進行します。このホルモンには2種類あって、女性の場合と同じ卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)と呼ばれています。
LHは精細管の間にあるライディヒ細胞を刺激して、アンドロゲンという男性ホルモンの生産を進めます。

不妊治療を得意とする医療機関は?@
不妊治療、分娩、癌治療、更年期診療など、すべての診療をおこなうためには、膨大な人員と設備を整える必要があります。また医学は日々進歩していますので、最新情報を集積し、早急に対応しなければなりませんが、現実的には一つの医療機関がすべてを担うことは不可能なのです。このため医療機関は得意とする診療体制を整え、分担連携して診療することになります。

現在の医療法では広告規制がたくさんあり、不妊治療を数多く扱う医療機関でも不妊治療科を標榜することはできません。また治療成績などの情報公開にも制限があり、実際に医療機関の情報を得ることが困難な状況にあります。

不妊治療に力を入れている医療機関は、それまで診てもらっていた医師に経過を踏まえて紹介していただくのが一番ですが、自分で探す場合には以下のような方法が考えられます。" 母乳育児大特集
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:roti49kf5
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる