Sullivanで海老原

July 31 [Sun], 2016, 10:51
一般的に、看護師の中には好んで煙草を吸う人がそれほど多くないという印象を受けますよね。実際にはやはり喫煙率は平均より少ないようですね。病気の患者と接する職業上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、自主的に禁煙している人が多いと理解できます。昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力評価に関して、これは多くの病院で行われるようになっています。個人ごとの能力を測ることを目的に、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った病院もたくさんあります。能力評価は、月々に行なう所や、年に一度だけ、という病院もあるようです。こうして定期的にどう評価されているか知ると、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、やる気や、スキルのある看護師にとっては、とても良いシステムでしょう。看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師が働ける職場として実のところ、保育園が挙げられます。こうした保育園を職場にするとなると、子どもの世話が好きな方であれば、おススメの職場だと言えますね。ちなみに、どういった仕事かというと看護師として子どもたちの健康をケアしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする責任のある仕事だと言えます。常に激務に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その勤務時間は、結構、融通の利く部分があります。どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、小さな子供がいる人でも大きな負担を感じずに働くことが可能である、とされます。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、多くの場合は面接という形になるでしょう。その場で、これまでの経歴や志望の理由について話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、能力的なこと以外に、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も観察されることになるはずです。実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。「看護師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていて「ローンを組みたい」という時でも審査で引っかかるということは殆どないでしょう。とは言え、看護師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時には必ずしもそうであるとは言えません。ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは非常勤でなく、正職員として働いているような安定している看護師に限って言えることであり、看護師であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。病院という場所で働く看護師は神経を張りつめていることが多く、そうしたことにより大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、メンタル面にもつらい部分があると言えます。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を持っているということは大きな利点であり、この仕事を続けていくのであれば大事な点になるでしょう。一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。ただ、それ程スムーズに、出戻りがしやすいかどうかというのはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。実際に、こうして働いている看護師は多いです。子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。職場において、仕事のできる看護師を目指すには、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、ということは、看護師という仕事柄あり得ません。なので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。看護師の中には、向学心から転職を希望する場合があります。規模の大きい病院に移ってさらに能力をアップさせたいと願う、ポジティブな考え方の転職ですね。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くのでまだ勤務年数が短いうちはほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。妻が子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに悩みました。病院などで看護師という仕事に就いていると、勿論逃げ出したくなることも何度もあるでしょう。 仕事自体で間違ってしまうことや時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。しかし、喜ばしいこと、看護師の仕事をやり続けたいと実感することも多々あるのです。元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。皆さんは「看護師は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。詳しく見てみると夜勤の分の手当てによって稼ぎが多くなるという現実があります。仮に看護師としてより多く稼ぎたければ、日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤で働けるところにしましょう。夜勤帯に働くかどうかでどのくらい稼げるかが変わってきます。卒業を控えているのに、看護師の就職先が決まらず困っている話を聞きますが、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。求人広告や求人サイトには年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、場合によっては、病院が内実に採用に関する制限をあらかじめ決めている場合もあります。中でも30代から看護師を始めた、という方の場合は相当な努力が必要になると思います。看護師の資格を取得するには皆さんご存知のように、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。授業の内容などはそこまで変わらないのですが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。その一方で、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習時間が多く設けられているため、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。普通に課長職といっても、その年収が勤める企業の規模で全く違ってくるように、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、約750万円と想定されます。多くの場合、看護師としてたくさんの経験をしていると昇進し、階級が上がることがあります。婦長といえば比較的想像がつきやすい役職ですよね。でも、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。最近はパートの看護師や看護学生が病院で勤めているケースも増加しているため、正看護師であれば役職的には上の立場に立っているという訳です。役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、考慮され、それを活かせる場所で働けるようになるはずです。そうなるとつまり、夜勤をぜひ希望したいということなら、まず間違いなく、病棟で働くことになります。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師を志す学生たちが、病院の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。しかし、昨今では、徐々に看護師の制服も変わってきているのが現状で、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、こういったことも時代の流れなのでしょう。看護師の人間関係は、構築が難しいと、当たり前のように囁かれたりしていますが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすく何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。慣れていないと、そんな環境にやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを納得しておくと良いかもしれません。働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。予定にない急な出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、診療科にもよりますが、たいてい土日は休みでしょう。もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは極力、放射線を浴びないようにすることです。CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、うっかりミスなどが無いようにしましょう。それからまた、薬の取り扱いについても調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、気をつけないといけません。勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。かなり以前は、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に世間的に認知されていた節があります。しかし、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できる専門職であることが、よく知られるようになっております。イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。看護師の給料と言えば、家の屋台骨として充分に、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。こうしてみるとよくわかりますね。看護師は高給取りである、というのは間違いありません。多くの看護師が持つ悩みといったら、交代勤務などで休日が不規則になることです。平日が休みになってしまっては、デートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの事が悩みのタネになっているようです。または、労働環境が過酷で労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。思い返してみると、私が看護師になりたいと思ったのは職業体験というものが中学の時にあって介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた看護師さんに感動したのがきっかけです。将来、仕事を選ぶとき、こんな風に働きたいと思って看護学校へ進み、晴れて看護師になりました。楽しいことばかりではありませんが、それなりに充実していると思います。一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と関わらねばならないため、不潔な印象にならないよう、髪形にも配慮しなくてはなりません。看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことが大切です。また、病院によっては、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを忘れないでください。気になる看護師資格の難易度ですが、どのくらいだと思いますか?試験の合格率ですが、90%近くが毎年合格できているようです。試験そのものも、今までの授業で普通に勉強していた人だったらそんなに難しい試験ではありませんので、全く看護師の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。病棟勤務の看護師は2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いてもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。夜勤においては現場から医師や看護師も減ってしまいますし、そんな状態で夜間にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量はおおむね日勤よりも多くなるのが普通です。少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、とりわけ医療職に就く人たちがもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。それ故、今でさえ足りていない看護師ですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。年々多くの看護師が輩出されているのに、今なお看護師の数が十分でないのはなぜかというと変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも起因しています。世間から見ると、看護師は高収入だというイメージが強いです。現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な面もありますが、別の業種の給料と比較してみると平均して高水準を続けられることが分かっています。景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。これらの高給や安定性を重視するならば看護師はメリットの多い職業だと言えます。看護師は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった諸事情による転職も多いですが、中には、自らの看護師スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと転職させてもらえないことだってあるかもしれません。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、規模の大きな病院に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひかり
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rotaupe3rpnla0/index1_0.rdf