少しブログ書くの忘れていました 

2007年02月08日(木) 18時37分
2月になり、正月気分ももうすっかり無くなってしまった。
豆まきの節分星まつりも過ぎ、仕事の方も店自体がなんとなく暇な為、毎日ボーっとしながらなんとなーく働きに行き、そして終わればネグラへと帰って来て、猫と眠りに落ちる。
んでたまーに旦那とセクスして、毎回3分で事をすまし、お互い「淡白だなぁ」と言いつつ、ま・いっかと別の用事をお互い思い出し、別れる。「ジャーナー」「マタネー」と手を降って。
なぜかセクスした後
よく奴は私の上で重なったまま寝ている。
入れたまま、ゆっくり力が抜けて行くのと同じ速さで、体重が私に乗っかってくる。

オヤジ、重てー。痩せろよこのむちむちボーイ

しかし他人の上で眠りに落ちられるあんたはすげー図太いわ。


とにかく今日も、安室の新曲をかけて軽く口ずさみながら愛車のハンドルを回し勤務先へと車を走らせる今日この頃。

天気が良いのでご機嫌です。 

2007年01月30日(火) 16時39分
今日はなぜか朝からウキウキです
天気がいいからです
気圧のせいか、雨になると意味もなく鬱になる時があります
小学生の頃は、体育が嫌いで仕方なかったので、雨の日は嬉しかったです
レベルの低い教師達に前ならえをさせられる事が屈辱的
どうせまともな人材は、まず官僚や医者など、学生時代に勉学に励んだ惜しむべき思春期の大切な時間と、労力を回収すべく、社会的に見て、地位、名誉、高収入、全てを兼ね備えた職業を選択しますから、安定しかない公務員には魅力を感じないわけです

くだらないドラマでも見て開花された、勘違い野郎が極めて教師にはありがちで、中でも見ていてイラつくタイプの教師には
つい殴ったりしてしまった
勉強は常に中の上をキープしていた為
成績で5をくれていた先生をぶん殴った時は、きつねにつままれたような表情をしていたので
相当驚いたみたいでした
よく障害事件にならなかったです
親が誰かを殴る度
被害者に謝りまくり事件にならなかった

17歳くらいから薬に染まり、期末テストもキマリながら受けてたのに、別にパクられることもなかったす

つまらない思春期でしたというか
破滅的な十代で
本当はただ悲しくて
人類を滅ぼしたかった

あら凶 

2007年01月29日(月) 19時20分
いつもの日課で神社にお参りに

そして引いたおみくじは凶。

今日 ついてないのね
一人ため息をつく

引いたみくじを、境内の中の木の枝にくくりつけていたら、バイブにしていた携帯が鳴った

「昼飯一緒に喰うか」

奴だ
吐き気がする
けど情はあるから返事はOKにした

なじみの店の前には 以前私へのクリスマスプレゼントとの名目だったベンツが停まっていた

こないだ乗り換えた自分のベンツにもう飽きた彼は、テメーで銭も稼げないくせにもう別の車を買い換えたいとほざく
私へのプレゼントだなんて、そう全て大嘘

汚い金
汚い金で買った車


たまに私は彼に耐えきれなくなると、直接彼に毒を吐く

だが感受性のにぶい彼は
単純な文章だと頭にくるらしいが
少し難しい言い回しだとピンとこないらしい

勉強が出来ない彼

それでも無理やり人から媚びてもらえるポジションにのさばりたがるからタチが悪い

私も、体を売る苦しみから逃れるより
何十人という若い衆に頭を下げられる優越感の方が勝るのだと考える
親分の姐みたいに図太くなれたらいいが
あいにく人に頭をさけ゛られ、上に立っても
なぜか私には
虚無感しか感じられない

賭け、負け。 

2007年01月27日(土) 20時52分
私の財布の中を覗いて見た
最後の一枚しかない千円を出し、おにぎりを買った
今日は晩御飯を食べてきたが、毎度食べた直後に吐いてしまうから
胃の中にはかすかな残りが残るのみで、なんとなく出勤前に買わなければなあと思ったのだ

そんなこんなで金欠病の為、急遽日払いのバイトへ行く

本業はちゃんとある

彼と出逢ってから、ずっとソープ嬢をやらされてる
それ以外は彼が許さない
この仕事をする前に、自分は死ぬまで風俗店で働くことはないと思っていた

彼に賭けてみたいと思ったからだった

だけど現実は
体裁のいい金のなる鶴のように扱われ
病気になり下から血が流れようが「気合いが足りないだけだ」と強制的に売春させられる毎日が待っていた

それでももしも彼が私だけを愛していてくれたなら
おそらく苦すら苦だと思わなかったかもしれない
だが、帰れば彼は、私が稼ぎ渡した金を使いに飲み屋街に出て留守
彼を金持ちだと勘違いした女達の媚びを買いに行き、あたかも己がモテているようだという悲しい勘違いに溺れ
そうこうする内に外に女を作る始末だった

稼ぎを抜けば怒鳴られ
体を毎日売らされ
周りからは何も苦労を知らない嫁だと陰口を叩かれていた

ロバの耳 

2007年01月26日(金) 21時59分
ブログを作ってみました。ホワイ何故こんな物を作ってみたのか。


1、流行りだったから

2、暇だったから

3、最近旦那がよく出ている雑誌に、実在する彼という人格があまりにも美化され、得てして別人のように売り出されているので、誰かに「あいつはそんなwhiteな人間じゃねえ」と心の底から訴えたかったから。


答えはそう、3でつ。


はっきりと旦那に「このウソツキ野郎が!氏ね」
と、奴が載る雑誌の詐欺のような文章を咎めれば、おそらく奴は多分この美しい私のお顔(正直者ですまない)に、右ストレートをぶち込んでくるに違いないので、ここはひとつ、王様の耳はロバの耳に出てくる少年の如く叫び散らしたい訳であります。



だって、奴は恐らく日本の中でNo.100に入るキングオブ詐欺師であるわけです。


やーさんかっこええ

そう思う男子諸君、兄貴選びは間違えるな

間違えると、君の名義で金を借りさせられるだろう
そして借金で縛られ、ある日「代わりに頼む」
と懲役へ。

だが男はまだその程度の苦しみを背負うだけで済むし、もし当たりがよく本当の任侠人を兄貴分に持つ事ができれば、君は逆にきっとヤクザになって良かったと思えるだろう。ウウ羨ましい
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:roshi2
読者になる
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Yapme!一覧
読者になる