ヤバかった。飲んだ薬は・・・ 

November 01 [Tue], 2011, 22:18
今日、予約の日ではありませんでしたが
精神科に行きました。

先日衝動を止められず飲んだ薬は
「リーマス200」と言って大量に飲むと命にかかわるほど危険です。そして
リチウム中毒になりうるんです。

知っていて飲みました。でもたかが10錠、大したことないと思っていました。


ところが、ドクターに話したところ10錠は多くて死ぬかもしれない量だと聞かされました。
あれから体の調子が悪いと言ったら「そりゃそうでしょう」と言われました。

あの温かい笑みが消え、厳しい表情に。
悪いことしたという気持ちと大体このくらいの量で死ねるんだと認識できたこと。


また衝動が起きて止められなかったら私は多分。。。



























止められない衝動 

October 30 [Sun], 2011, 20:59
昨夜辛いことがありました。
泣くのを我慢したくても涙がこぼれてきました


そうしたら薬の大量服用をしたくなり・・・

でも死ぬ気はなくてただ自己満で飲みたいだけで
大量に飲むと死ぬという薬余ってる分10錠と
頓服薬2袋飲みました。

次第に眠くなり、今日は寝てばかり

でも何の意味もないことしたんだな〜
自己満と言っても、何の解決にもなってない。

そう、辛い思いは引き攣ったまま


原因は私にもあるけど、いつ心の整理付くことやら

昔と今 

October 23 [Sun], 2011, 19:41
思い起こせば、鬱になって9年半経ちます。
強い薬を大量に飲まされ、記憶も薄く、幻覚幻聴もありました。
入院しているうちに夫が怖くて会うのが辛くなったり、だけどこのままじゃダメと自分から勇気出して
連絡を取りお茶に誘ったりしたこともありました。でも会う度にがっかりして嫌な気分になって実家に帰りました。

市の女性相談に行ったら、夫や姑から受けていた態度や言葉はDVだとはっきり言われました。
早く離婚した方がいいって。子供に会わせてもらえなくなりそうだから協議離婚がいいとのこと。



ある時は自殺する場所を模索してみたり、カッターや鏡を割ってリスカに夢中になったこともありました。
カッターの刃を出し入れすることやリスカして血が出るのが楽しかったこともありました。

今は、躁状態と鬱状態が交互に来ます。躁の時は多弁と無駄遣い。
私は多分躁状態だったんだと思いますが、詐欺に遭いました。言われるままクレジットカードでキャッシングし
振り込みました。損害額は380万くらいです。何故おかしいと思わなかったのか、正しい判断ができませんでした。
電話の相手はすごくいい人に思えたんです。

このことで随分鬱状態がひどくなりました。毎日泣いてます。働くことができなくて親に金銭面で苦労かけてるから、
負い目を持っていました。詐欺の話に乗ったのも金銭的に楽になるということだったんです。
でも、全然儲からなくて、カードの支払日が近づいて来ました。
精神科の先生は悩むことない、自己破産という方法もあるからと。

自己破産!?

ショックでした。私が自己破産なんて。。。
親に言えないで悩んでいました。

そして体の調子が悪くなり入院。
結局入院中に打ち明けました。

両親は相当ショックを受け母は食事ができなくなりました。
申し訳なくて申し訳なくて、良かれと思ってとったことがかえって親を苦しめてしまいました。
入院中の私は身動きが取れないので両親が弁護士事務所へ行き依頼してきました。
お金がかかります。母は工面して支払いました。私の医療費もかかるのに。

本当に辛く死にたかった。でも今死ぬと相続人=夫に債権が行きそうなると子供たちが不幸になると
思って、思いとどまりましたが自殺願望は今こうしてブログの記事書いていても消えません。

私はここ10ヶ月の間に6回も入退院を繰り返しました。先日退院してきましたが病気は完治していません。
また入院しないように神経質になって過ごさなくてはなりません。

入院中は精神科の先生はいつも温かな笑みで病室まで診察に来てくださいました。
優しい言葉で元気を下さいました。

退院する少し前に躁状態になりケイタイで買い物、退院してからも買い物、ネイルサロンなどなど無駄遣い、叔父の店の行き、多弁。でもやっぱり毎日泣いてます。泣けてきちゃうんです。
親の前では泣きませんが・・・これが元気に見せてしまうからいけないのかも。



今日は長文になりました。疲れました。明後日精神科の診察です。
では、続きはなた今度

また転院 

October 22 [Sat], 2011, 20:30
精神的にはかなり不安定。躁状態の時は多弁、無駄遣いはハンパない。それが落ち着くと鬱状態、自殺願望。
でも結局解決はならない、不満な気分で病院を後にすることがほとんど。余計鬱になるわ!


ある時、病気で大学病院に入院しました。
入院中に精神科の薬が切れそうになりました。そこで母が公立病院に行き担当医師に薬を出してくれるよう頼みに行きました。でも出せないと断られ、その時のドクターの態度がかなり気に入らなかったらしく大学病院へ紹介状を書いてもらい帰ってきました。私もびっくり!


という訳で入院中に精神科を転院しました。
担当医師は教授で、それはそれは温かみのある笑顔の人で診察時間が短くても癒されます。不安感も一言三言で消し去ってくれます。すぐに信頼感が湧きました。


ということでこれから大学病院の精神科にかかることになりました。また転院だけどなんだかこのドクターが気に入ってしまったので安心して通えそうです。


しかし、頑張ってたアルバイトは忙しいゴールデンウィークに入院して休むという羽目になり、皆に迷惑をかけたため
クビになってしまいました。残念です。

続きはまた今度m(._.)m

公立病院への転院 

October 19 [Wed], 2011, 16:23
随分ごぶさたです。ブログもホームページも更新する余裕がありませんでした。

近くの公立病院へ転院して思ったこと。待合いが他から見えないように奥まってました。
ネットで調べて人気の高いドクターに掛かりました。

でも。。。私には5点中2点かな。話聞いて薬出します。ずっとパソコンににらめっこでカルテ入力です。
でも人当たりはいいのかな、そう思いながら通院しました。

ところが!!
信頼して通院してたのに短い期間でそのドクターが辞めるというのです。ショーック!

また、ドクターが変わり、まるでドクターショッピングしてるみたいな気分です。

次のドクターは女医さんでした。やはりずっとパソコンににらめっこでカルテ入力。最後に一言やっと顔を見て
アドバイス。

通院していても心は不安定なままでした。

アルバイトを始めました。私は元々仕事人間なので仕事が最優先です。今まで、仕事を一生懸命やり過ぎ
精神的に壊れて仕事を辞めざるを得なかったんです。そんな繰り返しはもうしたくない!そういう思いで、短時間のアルバイトに臨みました。


続きはまた転院・・・へ

第2章双極性障害編@ 

March 02 [Mon], 2009, 14:14
最近、うつ病のことをテレビで特集していました。 それを観ていた母が 「あんた、うつ病じゃなく躁鬱病じゃない?」と。言われてみて思い当たる節がありました。 イライラしたり怒りっぽい時があったり 浪費が酷かったり よくしゃべったり その他諸々。 調子がいいかと思ってました。 違ったんですね。 そういう時は躁状態だったんですね。 家から近い公立の病院に行きました。 やはり双極性障害(躁鬱病)の疑いがかなりあるとのこと。その他、薬依存の疑いも。 こちらに転院するなら紹介状持参で親と来るようにとのこと。 一ヶ月後に予約入れました。 カウンセリングもない、診察に5〜10分しかかけれないらしいです。 きついこと言うドクターは珍しく貴重でいい先生だとフォローがありましたが納得できず… ラストのつもりでクリニックへ行きカウンセリングを受けました。 診察は拒否し薬だけもらって帰ろうと思っていたら、二週間分しかもらえずまた薬もらいに行かなくてはなりません(;^_^A そんなこんなでこれからどうなるのか不安と期待が入り交じる今日この頃です。

第1章退院後編&通院編 

March 01 [Sun], 2009, 20:23
前回の投稿から随分経ってしまいました・・・

退院後、東洋医学の先生のところに通ったりクリニックに通ったり。
薬でぼんやりさせられていたので半年くらいの記憶がほとんどありません。

東洋医学の先生曰く、薬が合ってないのでやめなさい。
薬を勝手にやめ、クリニックの先生には、先生のお陰で調子良くなったとうそを言い、
次第に通院をやめました。

実家で上げ膳据え膳は相変わらず今も続いてますが

怒りっぽくなって、夫に離婚を切り出したり
自殺を親にほのめかしたり




ある日、頭がスッキリしたら
離婚を取り下げてみたり
浪費に気づいて反省したり




いろんなことがありました。

夫が生活費をくれなくなってからは、就職しては調子悪くなって辞めての繰り返し。
自殺未遂は時々。


アップダウンの激しい日々が続きました。













時間は流れ・・・
再度、鬱と診断され、休職し最初とは違うクリニックに通い始めました。
しかし、良くならず、薬の大量服用を2度したことで
先生に病院を移ってくれと言われ・・・・・・・県立の病院に転院しました。
しばらく通っていたら会社から退職してくれと言われ( ┰_┰)
更に、病院の精神科のドクター全員移動とのこと。ニュースで話題になりましたが。
転院を余儀なくされました。




今通っているクリニックは
臨床心理士によるカウンセリングが45分あり、たくさん吐き出すことが出来ます。
しかし、ドクターは(ーー;)
2ちゃんねるにかかれてた通り薬の自動販売機状態。そして、言葉が冷たく
傷ついて嫌な気分で帰ることになります。

先日、薬を大量服薬したので突発的にクリニックへ行ったら
かなりきついことを言われたので
もう、ここのドクターには会いたくなくなりました。
転院を考え始めました。


第2章双極性障害編へ続く・・・・・・・

ROSEGARDEN裏庭 第1章入院編 

October 24 [Tue], 2006, 22:18


総合病院に入院することになり、ドキドキしていました。まず、個室が空いていないので2人部屋へ。隣のベッドはいなかったので少し(´▽`) ホッとしました。向かいの部屋の入院患者のおじいさんは、大声で叫んだりします。音に過敏な私は苦痛で苦痛で・・・(ノ_-;)ハア…
看護師さんが走ったりガチャガチャ音も苦痛・・・気が休まりません。
一人部屋が空いたらすぐ移動しました。


食事は味気なく、一人で食べるのも気楽ですが良く噛まないで食べたりするようになってしまいました。
担当医のドクターは少し頼りない気がして、お薬は副作用の抑える薬を入れてものすごい量に・・・
肝機能も悪くなるし、肌に(特に顔に)ボツボツいっぱい吹き出物が・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン
肌には自信があったんですがショックです。今ではその痕のシミが残っています。


どうしたら苦痛なく入院生活を送れるのだろう。。。
自殺への衝動も多く、フルーツナイフでリスカしたり。。(あまり切れなかった・・・看護師さんにナイフ没収された)


少し良くなってくると、週1で外出したりしました。
ただ、ここでの生活はあまり覚えてないの。2ヶ月ちょっと入院してたんだけど
毎晩泣いていたり、イライラしてたりで。。。お風呂やシャワーの時は気分転換になってました。
ほとんどが薬の作用で調子悪かったのかも。。。。記憶があまりないのも薬でぼんやりさせられていたせい。約半年は記憶がうっすらしかないのです。
入院生活の苦痛さから、退院したいと申し出て、だいぶ元気になったとごまかして許可おりました。
退院したら親元で生活することに。上げ膳据え膳の生活になりました。


・・・・・続きは第1章退院後編へ

ROSEGARDEN裏庭プロローグその2 

October 19 [Thu], 2006, 22:20
今までに何度も入院をしている私は、交通事故の怪我で辛い身体なのに入院を拒否してしまいました。
家に帰ると、身体中の痛みから寝ていても痛いし辛い、ベッドからトイレまで行くのなんて至難の業。そして、家族に気を遣いひどい精神的ダメージです。仕事も重い責任のある立場だったので長期休暇をして申し訳なくて。。。そうして、私の心のダムの水は枯れていったのでしょう

身体がこんな状態なのに病院には毎日行かなくてはならなくて、タクシー乗るのもやっとのこと。降りたら診察待ち合いまでが大変!付き添いがいないので、ひとりで車椅子乗るのも恥ずかしいし。ってことで壁に伝ってやっとこやっとこ待ち合いへ。また、診察後に会計や薬局へ行くのも大変
しかも、事故から5日後、背中が痛いのがひどくなってると訴えたら仕方なくCTを再度撮ることに。。。
って、ちょっと〜〜〜〜肋骨ひび入ってたの!?CTの技師の人は知ってたようなこと言うし、だったら先生に伝えてよ〜〜私、5日間も我慢してたのにぃ〜
こんなことなら、入院しとけばよかった・・・家族にも気を遣わないで肩身の狭い思いをしなくてもいいし、身体も心も楽だったかも。。。
顔の傷は腫れちゃってひどい顔
腫れも治まり傷跡が残る顔のまま、病院通いながらの久しぶりに仕事復帰。
でも、気付かないでいたけど私の心のダムの水は枯れていたんです。
数ヶ月経ったある日、陽気で元気で前向きな私は笑えない人になっていました。仕事も捗らずに。。。おかしいってようやく気付いたのです。
部署は違うけど会社の先輩に相談したら、精神科に行った方がいいって言われて思い切って決心しました。ただ、家の近くは嫌だったので交通機関使って1時間ほどのクリニックへ。

そこでは、予約制ではなく待ち時間の長いこと。まず、心理テストのものすごく量の多いものを書かされました。そして診察。いきなり上半身裸になってと言われビックリ。たぶん傷とかないかのチェックだったんでしょう。血圧・体重測定に尿検査・血液検査も。「待てば回路の日よりありって言うでしょ。大丈夫、治るから」と言われました。
(こうして思い起こせば、ここが今まで行った病院の中で1番まともだったのかも。診察時間たっぷり取るし。毎回血圧・体重測定。定期的に血液検査。臨床心理士の先生との心理テスト・・・いくつか病院変わったけど、この1年病院でこういうことしてもらったことない)
薬は色々試したので覚えてません。向精神薬・精神安定剤・抗うつ剤・睡眠導入剤・睡眠薬・頭痛薬等たくさん飲んでいました。副作用もひどく、ふらつき・めまい・頭がボーっとしていて幻覚や幻聴もありました。

通院して1ヶ月、自殺の危険があるということで入院を勧められ総合病院へ紹介してもらいました。

入院前日、入院の手続きのため紹介された病院へ車で向かいます。まだ10日くらいしか経ってない新車でした。途中、ここは事故が多いから気をつけようとハンドルをしっかり握って気を引き締めた数秒後です。

ドカーン
激しい衝撃と痛みでビックリ
まっすぐの道なのに車が真横にってあられもない姿の新車・・・
交通量もまあまあのところなのでヒンシュクかってます
エンジンはかからずタイヤもバースト。
事故をまたしてしまったショックより、新車がひどい姿になってる方がショックでした(−−;)

さて、そんなこんなで入院です。この病院は精神病棟はなく普通の病棟に入院です。精神科って変なレッテル貼られないからいいやと気楽でいたけど、思っていたようにはいきませんでした。

・・・・続きは、第1章入院編にて。。。。。

ROSEGARDEN裏庭プロローグその1 

October 18 [Wed], 2006, 13:28

ROSEGARDENホームページの裏庭です。

ここでは、私の病気の記録をしていきます。

思い起こせば約5年前・・・・朝から憂鬱な気分で仕事でのミスもあり少し思いつめていました。そして、外へバイクで営業に出かけようとした時、ヘルメットが壊れたという仲間がいて私のきれいなヘルメットと交換してあげました。私は雨の中、憂鬱な気分を引きずりながらシールドが壊れたヘルメットをかぶり、バイクで出発しました。時々、シールドが外れて、手で押さえるという運転で何とか営業の仕事も終わり、お昼頃、仕事場へと帰途に着きました。
後もう少しのところで悲劇が起きました。
雨は上がっていましたが、路面は濡れ、ダンプカーのよく通る道で砂利も多くゆるい坂道のでこぼこ道でシールドが外れたのです。とっさに左手で支え、バイクの運転は一時片手運転に・・・なんとブレーキがききません。そのまま、T字路に入り、カーブミラーで左から車が来るのが見えてました。
「お願いぶつからなで!」という心の叫びもむなしく、私はあっという間にその車の右側に衝突して、バイクから落ちました。しかも顔から地面に叩きつけられるように・・・・Σ(T□T)
原因は、私のバイクの前のブレーキがきかないこと(整備の仕方誤って教えられてました)、相手は30kmの制限のところ80キロで走ってきていたことです。私はブレーキがきかないこととぬれた砂利ですべりでこぼこ面で飛び跳ねるように、車の来ることを知れながら交差点に飛び出したようになってしまったのです。
責任の大きい仕事をしていましたのでまずは、気を張って上司に連絡。その他バイクの片付け等を仕事場にいる仲間に頼みました。仕事場へ戻る他の仲間たちも通りがかりにビックリ!
ぶつかった相手の男性に2度もお姫様抱っこしてもらい、安全な場所へ移動。段々、事故のショックや身体中の痛みを感じてきました。
救急車が到着、意識が朦朧とし痛みがひどく辛いのに、住所や名前を訊かれます。┐(´-`)┌
若い救急隊員はいなくておじさんばっか(笑)後、痛みにきついほど乗り心地悪い。そのうち意識も薄れいつの間にか病院でした。
レントゲンやCTを撮り外傷の手当てを受け・・・顔の傷はなんとか痕が残らないようにするって、膝の傷は残るとのこと。。。Σ(|||▽||| )
入院しますか?と訊かれ今までに何度も入院している私は即効お断り。「うちに帰ります
でもね、それが1番いけなかったのかもしれない。しつこいこのうつ病を患ってしまう要因だったかも・・・。 プロローグその2へ続く。・:*:・°★,。・:*:・°☆
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:roselammy
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:9月28日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 趣味:
    ・インターネット
読者になる
Yapme!一覧
読者になる