老老介護

June 28 [Wed], 2017, 15:25
言われて久しい言葉です。


老老介護とは
家庭の事情などにより
高齢者が
高齢者の介護をせざるをえない状況のこと。


昨日のニュースで
65歳以上同志の世帯が50%を超えて
75歳以上同志は30%と言っていました。



ベビーブームだった
団塊の世代が老後に突入したから
などとも言われていますが

私たち50代にも
すぐそこ…の話題です。



ウチの父と母も80歳を超えているので
その中に入っていました。

足の悪い父が軽度認知症の母と
2人だけで暮らしていたのです。


過去形なのはその世帯が
父の転倒によって崩壊してしまったから。


父は現在、3度の手術を経て
リハビリ病院にてリハビリ中。

母は世帯を持っている妹が
引き取ってくれました。

妹は夫と共稼ぎですが
認知症の母を
ホームに預けて働いているので

経済的には
父に多少の蓄えがあったのと
併せて何とかなっていますが
まだ小さい子どももいるので大変です。



テレビの画面では
90歳代の少し足の悪くなった男性が
70代だったかの自分より足が悪い
奥さんの面倒を見ていて

娘さんも近くにお住いのようでしたが
働いているので迷惑はかけられない
。。。とのことでした。


そして、老人二人だけでは
不安だとも仰っていました。

父や母も常々そう言って
いたような気がします。


気持は良く解ります。
私も子どもに迷惑はかけたくありませんし
足腰が痛む時はどうしようかと思います。


私はと言うと娘はいますが
現在私自身は一人暮らしで

もうすぐ。。。定年

最短で2年
上手行って
最長で7年しか働けないのに


娘は30歳近くなってやっと
大学に入学したため


(もちろん奨学金が借りられたものの)
この4年間のかかる費用を
どうしたらいいのか


多少の個人年金はあるものの
出ていたボーナスもでなくなり

そして、年間100万円ももらえない
年金でどうやって暮らして行こうか


毎日考えています


50代前後はみんなこんな風みたいです。
自分一人ならなんとかなるけれど

親や子どもの分まで面倒見るとすると
自分の老後まで手が回りません。


みんなで集まって
つましく暮らしても
大変そうです。

どうしてこんな風になって
しまったのでしょう。


それでも
生きて行かなければなりません。

何か小さな希望を見つけて





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sakura
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・アロマの香りをかぐこと
    ・JAZZを聴くこと
    ・ぼーっとすること
読者になる
・ゲームのRPG(ほぼドラクエ)やパズルが好き。
・鉄道(乗るのも、模型見るのも)好き。
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/rosamaria/index1_0.rdf
P R
今日の誕生石
誕生石ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像sakura
» コーヒー (2012年03月05日)
アイコン画像ゆう
» コーヒー (2012年03月03日)
アイコン画像sakura
» 雪の日 (2012年01月26日)
アイコン画像ゆう
» 雪の日 (2012年01月25日)
アイコン画像sakura
» アメちゃん (2012年01月11日)
アイコン画像
» アメちゃん (2012年01月08日)
アイコン画像sakura
» 意味不明な物 (2011年12月20日)
アイコン画像ゆう
» 意味不明な物 (2011年12月17日)
アイコン画像sakura
» 横浜 (2011年12月01日)
アイコン画像ゆう
» 横浜 (2011年11月29日)