村本が黒沢健一

May 04 [Wed], 2016, 15:00
航行に燃費はコツ!燃費効率をアップさせる車の上がりクライアントについて

車を運転する上で、《燃費》は重要です。
最近は燃費のいい車も増えていますが、燃費の嬉しい上がり方を心がけたいですよね。


ポイントは、
◎急始動
◎急妨げ
◎急取っ手


この3つを避けることで、燃費の望ましいエコな航行をすることができます。
それら3つのポイントは、教習所でも習うポイントですから、
要するに燃費のいい現れクライアントは教習所で習った通りに走行すると望ましいというわけです。
長年運転していると、ついつい教習所での乗り方を忘れぎみですが、
いま一度ののぼり方を変えてみてはいかがでしょうか?


ただ、完璧に教習所と同じように運転していると、
周囲の不便に繋がる場合があります。
教習所は車のリハですから、習ったとおりの航行でも問題ありませんが、
公道に出るとそういうわけにはいきません。
所作の乏しい乗員もいますから、きっちり法的なのぼり方をしているクライアントは多くありません。
最低限の礼儀を貫き、急○○を遠退けることで、
燃費を維持して運転することができるでしょう。



いい駆け回り方をしていれば、燃費を極端に下げずに運転できるというわけです。
いま一度、自分ののぼり方をチェックしてみて下さいね。

大切なクルマを長持ちさせる車の上がりクライアントについて

クルマは長く大事にのぼりたいですよね。
頻繁に車を置き換える方もいますが、できればおんなじ車にずっと乗りたいパーツ。
もちろん「替え場合」はありますが、大事に乗っかることで、
いつまでも望ましい状態で航行をすることができます。



というわけで、車を長持ちさせるのぼり方を紹介したいと思います。
まず、車を長持ちさせるということは、燃費を維持することが第一になります。
燃費を長持ちさせるためには、
《急始動をしない》《急妨げをしない》などが重要になってきます。
慎重に・・・というと着衣ですが、
極端な始動や妨げは車の苦痛も大きくなりますので、気をつけましょう。


また、残り車に乗らないければ長持ちするのでは?
というのは、間違っています。
運転していない車は、逆にガタがきやすいので注意しなければいけません。
胴が汚れることはありませんが、燃費規格が意外と落ちてしまいます。


ポイントをまとめると、
○暖タイミング航行をする
○暖タイミング航行後の航行はゆっくり
○急**は控えるポイント
○こまめにお手入れをする
○ガソリンタンクは満タンに
○オイルは特別を守って定期的に交換する
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑠花
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ropetcoontlma5/index1_0.rdf