まだ歩かなくては駄目かな 

October 10 [Mon], 2011, 23:17
鬱だ…。

知り合いには誰にも知られたくなくて、一年以上放置してた誰も知らないblogにあげてる自分が嫌い。

それでも誰かに知っていて欲しいっていう根性が大っ嫌い。


なんでこんなに面倒臭い人間なんだろう…


死んじゃいたい。


今まで、家族の緩衝材として色々堪えて来たのに私が機能しなくてもどうにかなるんだ。

それが家族なんだろうけど、なんか、私、いらないじゃん?


母親は年々理解不可能な生き物になっていくし。

それは向こうからしても同じなんだろうけど。

なんで、血が繋がってるのにこんなにも思考回路が違うのだろう。

なぜ、そんなに人のことを知りたがるんだろう?
どうしてそんな発言が出来るんだろう?
空気が読めないだけなんだろうか。


二十代半ばを迎える娘が彼氏と出掛けて朝帰りしたらどこに泊まったか聞くのは普通なんだろうか?


知ってどうするんだろう?
大体、事実を述べると思ってるんだろうか?


心配なのはわかる。
でも、聞くべきではないと思う。

私がまだ未成年や学生なのだとしたら聞かれても仕方ないことだと思う。


でも、私は第一次結婚適齢期を迎える社会人なんだ。


過干渉過ぎる。
信用されてないんだ、と思ってしまう。


昔から勝手に鞄の中を見たりしてたから、人を信用出来ない寂しい人なのかもしれない。


親が子の事を知りたがって何が悪い
と、言うのが常套句だが、親子間にもプライベートという理念があって当然じゃないのか。


しつこいようだけど、私はもう成人した社会人なんだ。

母親の中ではいつまで経っても高校生くらいなんだろう。


こどもに固執せずに自分の人生を生きれば良いのに。
と、思ってしまう私はきっと、物凄く親不孝な人間なんだろう。



自分がいかに屑なのか思い知らされる。
こんな時は、知り合いとの縁を片っ端から切ってしまいたくなる。

これといった波風もなく、お互いを尊重しながら築いてきた彼氏との関係も終わらせたくなる。


こんな屑に関わっている皆様の時間がもったいない。

私の存在をみんなの記憶から消してもらいたい。


そんな屑はこの世に存在しなかったのだと。


誰とも関わらずひっそりと腐敗していきたい。









好き放題書いたら少し落ち着いた。

私の役柄に鬱というキャラクターは設定されていない。
設定されていない事を人前でやることは許されない。


家庭での役柄は、屁理屈ばかりで冷たく、人の気持ちを汲み取れない、神経の図太い長女でなくてはいけない。


自分の中の負の感情に流されて泣くようなやわな人間じゃいけない。


とにかく、今日は寝よう。

グラスに沈め嫌いな友よ 

January 25 [Mon], 2010, 2:59
怠い。

お互いの鬱の期間が被ってしまった。
ただそれだけの事。

縁を切る絶好のチャンスだ。

割り切れないのは、友情とかではなく、友人が一人減れば、自分のステイタスが下がってしまうから。


どうでもいいや。
何にしろ春になったら疎遠を装いつつ、関係を絶つつもりだったから。

合わないんだよなー。
自分のキャパを広げる為に利用してた節もあるしなぁ…
この人の気まぐれと我が儘に何処まで堪えられるでしょうか。みたいな。


最低だな。自分w人間やめりゃあいいのに。
まぁ、こんな奴でも、神様は今日も生きてる事を許してくれる。


何か始めたいな。
偽善や打算ではなく、純粋にやりたいと思える誰かの役に立つ事を。


この性格を直す事が何よりも先決なような気もするけどね(笑)

月に行ったって言うのに 

November 02 [Mon], 2009, 2:33
ここに書くのは久しぶり


今日、友達と話しててドツボにはまってしまった


私って恋愛できるのかな?


ぶっちゃけ、愛がなくても結婚は出来るし、家庭も築ける

そう思ってるし、出来ると思う。
実際、そういう家庭で育ってきたし。


盲目になれるほどの恋愛もしたことがない。



愛ってなんだ?



人を好きになるってどうゆう感じ?

私の中には、自分に注がれた愛情を倍にして返す機能はあっても、自分から愛情を表現する装置は設けられてない。


いつか、自分から表現したくなるような人に巡り会うだろうか?


とりあえず今日は好きな香りを部屋中に充たして。

これ以上何も考えられないようにしてしまおう。

これはきっと、好きな人が…
恋人が出来るまで解けない謎だから

今、それを探せた。遅くはなってしまったけれど 

September 01 [Tue], 2009, 1:43
限りなく鬱な夜。

年に一度のどん底期。

そんな時は嵐が近い。

こんな日は誰かに褒めてほしい。

自分の人格の歪みを問い詰めてしまうから。

大嫌いな自分を再認識してしまうから。

どんなに自分が嫌いでも自らの人生を絶つ根性なんてない。

そのくせ、答えのない考えを堂々巡りさせる。

答えはでてるのに行動せずに逃げ惑う。

自分を陥れる方法は知っている。

でも、自分を褒める方法は知らない。

だから、褒めてもらう為ならなんだってする。

それでも、褒めてもらえるのは稀だってことは知っている。

だから、自分で自分を慰める方法も心得ている。

さぁ、今日も自己完結をしてみせておくれよ。

得意技じゃないか。

今日は仕事なんだ。
さあ、早く。

このままじゃ眠れないだろ。

さぁ!はやく!

誰も彼女のことをリリーとは呼ばない遠い街へ 

August 09 [Sun], 2009, 22:38
彼氏と別れた。

昨日いきなりメールで切り出された。

訳わかんねー。

いや、県内に戻ってくる見込がなくなったからなんだけど。


仕方ない。
新しい恋をしよう。


いや、その前に綺麗になろう。


昔の体重を取り戻して、肌荒れも治す。


夜勤の彼氏に合わせて無理な睡眠の取り方してたからね。


で。自分を取り戻す。


私は人を好きと思い込むとその人に合わせるために流れに流されるみたい。


好きって言われると生理的に受け入れない場合以外は好きだと思い込むみたい。

彼氏にしたい人の条件を整理しよう。

@タバコを吸わない
A身長170cm以上
B筋肉質

…これくらい?

性格は付き合ってみないとわからないからね。

今の彼氏は@Bに該当しておりませんでしたし。


とりあえず、私が綺麗にならないことにはいい男は捕まらないわ。


目指せ‐5kg!

ソーダをシャンパン代わりに窓辺に黄昏れては乾杯 

July 12 [Sun], 2009, 23:38
風が庭からクチナシの薫りを運んでくる


この甘い薫りがけだるい夏の空気を涼とさせる


懐かしい…


季節のうつろいは美しい。

ノスタルジが襲い来る


心の隙間に染み込み、溢れ出す


あぁ…人は変わる。


心も変わりゆく。







まあ、そんな感じ。
彼氏とは月一ペースで会ってます。

キスと好きは真反対さ 

May 28 [Thu], 2009, 16:59
彼氏に一ヶ月会えてないんですけどっ!

付き合ってから二回しか会ってないとか終わってない?


もうセフレみたいなものなんかな。


いや、彼の仕事が忙しいんだから仕方ない。

仕方ないんだ。


いいんだ。
元々彼氏なんて偶像崇拝みたいなものなんだから。


あかしあの花の薫りが僕を憂鬱にさせる。



どうでもいいけど、あかしあの花の匂いって精●の臭いに似てる…


と、思うのは私だけ?

あのむせ返るような匂いでこの季節は気分が悪い。

愛のエデンへ行こう 

May 26 [Tue], 2009, 3:34
あー、もうっ!

今週も彼氏に会えないこと決定★

向こうの仕事が忙しくてメールもできないし。

いい加減、欲求不満だっちゃ。

大丈夫。
まだ我慢できる。
僕は強い子

だけど隣の部屋から漂う生活という悪臭において 

May 06 [Wed], 2009, 23:34
彼氏が出来た。

六年振りだから何をしたらいいのかわからない(笑)

学生と社会人じゃ、行動範囲も大きく違うし。

六歳離れてます。
年上彼氏です。

今までタメとしか付き合ったことないし。

右往左往しながら
頑張ってみようとおもいます

どうせ叶わない恋なら尚更 

May 01 [Fri], 2009, 22:10
恋がしたい。

あ、いや、違った。

男が欲しい。


恋が出来るほど大人じゃないし、情熱的でもないから(笑)


なんか、ちょっと鬱気味な時は誰かに触れていたい。

女の子でも構わないんだけど、その気はないからね。
しかも、そんなことしたら
「きしょい」
って一蹴されそうな友達ばっかww

だから、寂しいときに側にいてくれる人が欲しい。

別に彼氏とかでなくていいから。

取り敢えず、今日は誰も捕まらなかったので寝て忘れてしまおう
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:凌
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:新潟県
  • アイコン画像 趣味:
    ・ハンドメイド
    ・クッキング-洋菓子
    ・マンガ-雑食。与えられたものは何でも食す
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる