糖葫芦売りの声

July 29 [Wed], 2015, 15:55
機の上の本のヒープの中に隠して、子供のころの絵本;あなたのストーリの中にも見える私たちは顔を赤くしてそうですか?――只道尋常香!こんな昼、みんな忙しくて今の仕入れ、私は考えるから久しぶりの素樸な香。

5月に、好きな野山に摘みエンジュ、料理が帰ってきて、勝手に摘んで、変わったものは農村ではあちこちにある、必要のない金で買う。しかし、大都市の希少な、逆に価格が、尋常にも気づきました。普通、質素で質感、見えるのは必ずの生活の匂い。

旧暦の年が最も珍しい。あなたは見て、遠くのほかの旅人に焦り、家で老人を渇望して、老いも若き一緒に食事をしたり、最も珍しいけど。今、いくつか人は過分の望み。私たちはいつも自分の手配、道だと思うの戦いは生活に対する愛、家族への愛着を忘れた、ちょうど家は1つの普通のところ、いらないのはあまりに多くの勢い、平板穏当が根本。

昔、私も希望庭内に座って、太陽を日に当てて、軽く本なら、目を閉じてかかった、と思ったら、昔……そう思って、心の中にこみ上げて普通の感覚。

大嫌い韓劇を見てそれを見て、むしろ隣の夫婦生活。男はタクシーの運転、女は、スーパーのレジで退勤時間は不規則。時々、私も寝て、廊下に急に音が響き、夫婦二人は一人また一人と仕事から帰ってきた、あはは、正形のない。ベランダから、私が彼の家の中にも耳にかまの声がして、女は必ず男に夜食とした、私はいつもそう推測。知らないのはなぜ?そんな憶測の時、私は感じて幸せで思いに飛ぶ。

彼らは、幾千の夫婦の中で最も質素な感じがいい。彼らを見て、突然私は普通という言葉が好き。

私はまた何嘗は通俗の女子は、花火の奥を経営していて自分の幸福に属し、たまにはわがままとロマンチックなことが多いのは、ただ彼らと同じ生活のために奔走する。これらの詩の境地の文字で、私の指先に墜落し、私はほかの生活を美化して花火。実は誰が知っていて、キーボードをたたいて終わって、向きを変えて、私の係にエプロン、まるで一つの;また誰が知っていて、私もよく生活の中の雑事に押しつぶされて来る;かつて愛濡れた前おくみ、結局はきれいに洗って顔重施紅とおしろいがないため、人があなたをかわいがってわがままな無法まで。

少しも尋常最高!ますます自分に近いような低俗、尋常の婦人。私は変わったものには、必ず低俗なほど、神様に近づくにつれて低俗魂だろう。

私は執着尋常の花木、尋常の物語が、尋常の屋舍、尋常の愛情、そしてこの世の中では異例のあなた。

親愛なる、字を書き終わりました、すぐに鏡に対して突きから髪、キッチンに行って見てみて、良いスープを煮込みあなたに温めて、そして収納文字中にあれらの小さい女の人の意地、1人の普通の婦人。きっと、きっと君が好き。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:の時また個性も
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/room1306sk/index1_0.rdf