煙ロックにない

July 29 [Wed], 2015, 17:39
私は自分にないロックに、月隠れ雲隠れの、古钟悠々と、に遠く近く、軽く払いのけ燕雀長い川面に、霧の中で、あなたは立橋のたもとで、風衣袂姿など、昨日、ぼんやりと昔。

私はあなたの目を見つめながら、、あなたは私の眼波帰って、軽やかな。

霞が重なって、夜となく、江に立ちこめる烟水、私欲尋のあなたを貫いて霧、澄んだ目痩せの後ろ姿はどこもかしこもキク一波空水に落ちる目。

が故人は橋のたもとに立って、またたく間に風の巻黄花落ちも糠喜び!

風を吹く1大きな川が立ちこめる雲淡、微動、月少し明、葦蕩軽い飾って、邪魔した夢の中の沙鸥、驚いて眠った川。あなたの眉を抱え込むよう霧の奥抱え込むの空き階ですか。

私は立階曲、ロックし濃愁。あなたの橋のたもとに、難解私憂!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まうかもしれませ
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/room130656/index1_0.rdf