青井が亀谷

May 11 [Fri], 2018, 14:49
プロバイダを変更してキャッシュバックキャンペーンのお金を受け取りました。
新しく契約したプロバイダもスピードが速くサクサクと思い通りに動いてくれるので、特に不便はなく、変えて正解だったなと思っているのです。



お得なキャンペーンをやっている期間だったら、プロバイダの変更を検討するのも良い選択かもしれません。
wimaxを申し込みする際に不安に感じたのは、回線の速度のことでした。


無線である為、自分が住む状況にかなり左右されるのではないかと感じたからです。

正式に契約する前に、試しに使ってみて実際の速度確認が可能でした。納得できる早さだったので、早速契約しました。ワイモバイルに乗り換えると、今の携帯料金に比べて相当安くなると宣伝されているようです。

しかしながら、本当に安くなるとは限らないのです。さらに、パケ放題のプランがなく、最大でも7GBまでの制限が他社と同様にあって約6千円かかりますから、あまりお得に感じないこともあります。


私の住居はくしくもwimaxのエリア外です。

wimaxは外出先でも使うことが可能だし、動画で楽しむのにも不都合なく操作できる速度なので、可能であれば利用したいのです。転居する予定はないため、これから、エリアが広がってくれることを心から願っています。

プロバイダにつながらない際に確かめることがあります。
パソコンや機器の設定に問題がないか調べても、おかしい所がなかった場合には、接続Idやパスワードにミスが無いか、見直してみます。



数字のゼロとアルファベットのオーの間違いのように勘違いしやすい文字があるからです。


それでもうまくいかなかったら、プロバイダに問い合わせてみてください。フレッツは客からのクレームが多数集められており、その中の一つに加入後一ヶ月くらい経った頃に、突然ネットが繋がらなくなるといったことがあります。このケースの場合、最初の設定にそもそも間違いのあることがわかって、無事に使うことが出来るようになったみたいですが、そのようなクレームは日毎に寄せられているようです。


光回線を契約する時、回線の速度が速いと伝えられてもあんまりイメージが浮かばないものです。それでも、現実に使用してみると、早いという感覚はなかったとしても、遅い際は強くストレスと感じます。



普段からどれほどのスピードならば自分が快適に使えるのか知っておくべきだと感じます。



最近、光回線の業者が高齢者宅を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約トラブルが増えてきております。こういったことを受けて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を定かにいたしました。住み替えがきっかけでフレッツ光をやめた時に気をつけておくことがあります。
土地付き一戸建ての賃貸の場合、ネット使用のために工事した回線をどの程度あら残しても問題が無いのかチェックがされていないといけません。それが起きたことによって取り除くための費用が変わってくるからです。引っ越しや速さの問題などでインターネットの回線を変更する場合や新規で回線を申し込む場合は、キャンペーン期間の間に申し込むと得します。
よく耳にするフレッツもキャンペーンを沢山やっていますので、頻繁にチェックして確かめておくとよいのではないでしょうか。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuka
読者になる
2018年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる