気ぃ〜つかうよね

October 03 [Wed], 2012, 16:29
うちの両親はお互いに個性的過ぎた

仲が悪いというとニュアンスがちょっと違うかな

相性が悪いっていうのか…

お互いの色んなツボが合わない為に
母は平気で父の地雷を踏み爆発させていた
更に…
地雷踏んだってわかってないもんだから
更に手榴弾を投げつける結果になる

周りはみんなわかるのに…

そう…わかるのだ
そこは地雷だと

みんな…
パクも…

お母さんそれは地雷や・・って

そんで持って速攻で逃げる
2階のネェネな部屋へ

一緒にいるとわかるけど
2階にいると下の様子がわからない

パクの階段を上がる足音が慌てていたら
パクが避難したと同時に下で地雷が爆発する
凄いタイミング

そしてネェネは仲裁に下りて行く

ワンコってそういう事敏感だよね

実家のワンダーズ達はみんなそうだった

仲裁には入ってくれなかたったけどね

犬だって食いたくないよね〜〜

添い寝

October 02 [Tue], 2012, 22:47
記憶をたどるって難しい

今のワンダーズは
ブログに残してるから
それを読み返すと
あ〜〜〜それあったな〜
・・って記憶が蘇る

でもPCなんてなかった時代

3日坊主が日記をかくでもなく
書いたとしても
ワンコの日記なんてかくわけもなく

どんなことあったっけ・・
って思い出すのも難しい

10代だもんね
他にもいっぱい色んな事があったし

ワンコ生活は現代と違ってたし
ワンコと旅行
ワンコとお茶
・・なんて考えもしなかった

でも・・

今も昔も同じ事が

それは
ネェネがワンコと一緒に寝てる

なんてワンコと一緒じゃなかったら
寒くて寒くて〜〜

パクはだいたいお布団が温まった頃にやってくる

階段をチャチャチャって上がってきて
押してあける部屋のドアを
バ〜〜ンって開けて入ってくる
(この技はワンダーズにはできない

そしてマズルで首元の布団を
持ち上げて潜り込む
ネェネの脇腹あたりに
勿論腕枕

そして朝まで一緒に寝る

実はこれが毎日ではなくて
母と寝る日
ネェネと寝る日
パクの気まぐれで決めていた

一緒に寝よう〜〜
・・って連れて行くと
すぐに布団から抜け出して
階段を下りていく

自分で決めなきゃ嫌だったみたい

これ・・
ワンコのシツケ的には最もブ〜〜〜〜
勿論
一緒に寝るなんて論外だけど

もう一緒じゃないなんて考えられないもん

一緒に寝ることが
あんまりいいことじゃないなんて
その時は思ってもみなかったらね

この幸福感はやめられないもん

侵入者

October 01 [Mon], 2012, 1:29
トイレ用に引き戸を開けてて

確かに泥棒には入られた事はない
(奇跡や〜〜

その部屋に続いてるのは居間
テレビの部屋ってやつ
みんなが集まる所

掘りごたつがあって
子供の頃は潜って顔だけだしてた
・・あ・・ネェネが

そんでもって
確か中学生くらいのある日

テレビを見てたら
テレビの横のワンコ部屋の入り口から
いきなり黒い頭が・・

ヌゥ〜〜〜ってでた

エッ・・
一瞬息が止まる

その黒い頭はまずネェネのいない方向を
キョロ
そしてこちらをキョロ
・・このタイミングでネェネが

エェ〜〜〜〜〜〜


・・って大声を出した

びっくりしたのはネェネだけでなく

その黒い頭

エェ〜〜〜の声に
肩が落ちた

そして
背中を下げて後ずさり

パクが気がついて追いかけた時は
踵を返してお庭に逃げていった

もちろん・・
野良猫ちゃん

パクのライバル

最近お外にいないから
様子を見に来たのか

なんでもいいけど
向かって来られなくて良かった

フゥゥゥなんてされたら
お部屋に入り込んだら

どうしようもないもんね

考えたら・・ぞぉ〜〜〜

でも懲りない我が家は
引き戸はそのまま

でもさ・・
お昼間留守の時にも開いてるんだもん

もしかして
は入ってたりして



危ないよね〜〜

ある意味すごい

October 01 [Mon], 2012, 1:22
お庭犬だったパクは・・

お家犬になっても
トイレはお外だった

お庭に面した小さな1部屋引き戸は
いつも10cmほど開いていた

パクはいつも
そこからお庭にトイレに出ていた

の日も・・
の日も・・

逆に言うと
いつもその引き戸は開いていた

の日も・・
の日も・・

夏は蚊が入ってくるし
冬は家中が寒いし

昼間だって開いてるわけで・・
物騒きわまりない

そんなでも・・
生活できたのどかな時代だったのだ

その部屋には
いつも香取ベープがついていたし
上がり口には足拭きタオルが置いてあった
(拭いてやるのではなく
ただそこを通るだけのタオル)

除菌だなんだ言ってる今の生活では
考えられないくらい


ワイルドだろ〜〜

頑張れネェネ

October 01 [Mon], 2012, 1:12
お引越ししようとしながら・・
どんどん放置してる

記憶が飛ばないうちに
早く追いつかないと・・

だいたい・・
遠い昔の話を時系列に書こうなんて
そもそも無理な話

そんな事してたら
4匹目のユンカースにたどりつかない

どうしよう・・
ばらばらに書くべきか
やっぱり時系列にこだわるべきか

そんな事考える前に書いたら
・・って

そうだよね・・
書かなくなって1年半も経ってるしね

ワンコの癒し効果

January 30 [Sun], 2011, 11:07
ネェネも犬好きだけど
母は本当に犬LAVEな人で
どんなわんちゃんでだ〜〜い好き状態

しかもシツケ・健康管理なんてど〜でもよくて
ただただ・・愛情いっぱい可愛がる
(それが少し間違った愛であっても今回はとやかくいわない)

実際・・

パクに始まった我が家のワンコライフは
最後のユンカースまで4匹
本当はこの後りんごが続くはずだったけど
りんごはワンダーズになったので・・

ユンカースとの後半の生活は
母とユンカースはある意味同化していたし
最後の頃はユンカース中心の生活だったし

くやしいけど・・
こっちのワンダーズが一番好きだったのは母だろう

りんごがその後に続かなかったのには理由がある
なんでも食べるりんごには
実家の環境がとても危険だった
危険という認識が両親にすでにできない
・・ってこともあって断念
(ま〜ネェネが手放せなくなったこともあるけどさ〜)

そんなこんなで母のワンコライフが終了してから
母は少しづつ歳をとり始めた

最初はアレってことが現れてきて
今ではハァ〜〜〜ってことの連続
いわゆる痴呆ってやつ

もともとのキャラもかなり不思議ちゃんだった人なので
ワンコがいなくなったからボケた
って結びつけられないけど・・
もしまだワンコがいたら母の痴呆はもう少しましだったのかな〜
・・なんて思ってみたりする

でも逆にワンコとは関係なくボケちゃったら
今頃だれも面倒みれなくなってワンダーズに・・
なんて大変な事にもなっていたのかもしれないし

答えはでないけど・・

ついでに言うと同じタイミングで父の方も要介護状態
なんだかんだと手続きに走り回ってる今日この頃
ここでしか言えないけどネェネが疲れてる理由はこれ
ま・・仕方ないけどね

一緒に住んでいたら確実にワンダーズが
この老人2人を癒している
連れていった時の状況をみてたらよくわかる
でもそれは無理な話なので・・

癒しとお世話
どこで線を引くのか・・
ちゃんと自分たちのことも考えないとな〜〜

今日はちょいと愚痴ってみた

鶏肉LOVE

January 30 [Sun], 2011, 10:53
小さな頃時々鶏の骨付きもも肉を食べた

共働きのお家なんでチンして食べれるから

もちろん
お肉はネェネとよっちゃん(弟)
骨はパク

あげちゃいけない鶏の骨だけど
いつも美味しく完食してたパク

頂戴と催促もせずに
足元で座って待ってた
・・しつけてないけどちゃんと知ってたんだ
必ずもらえるって

腸を破ってしまうとか色々いうけどね
何もなかったのが幸いだったのか
本当はそんなに気にしなくていいのか
そこのところはパスしておこう


根元なんて軟骨も皮もついてるし
最高に美味で〜〜〜す状態だったし

正直・・
骨付きもも肉は姉弟2人っきりの
寂しい食事の定番
(クリスマスもそうだったしね)
・・って記憶なんだけど

嬉しそうな顔して待ってるパクがそばにいたから
案外楽しい食事だったのかも

どっちがパクにあげるか
・・って言い合いしてたっけ
残りの1本は翌日回しだけどね

ワンダーズいいだろう〜〜〜〜
・・パク

予防注射

December 10 [Fri], 2010, 2:06
狂犬病の予防注射は
いつも市の広報をみて公園に行った

なんせ動物病院が2件しかなかったから
病院で打つなんて発想はなかった

そうはいっても
共働きのお家なもんで
両親が連れて行くことはできない

お昼の部ギリギリで
学校から帰ってネェネが連れて行った

書類のことはよく覚えてない

とにかく・・
獣医さんが注射器を持って
ブチってお尻だったか首根っこだったかに打つ

いきなり打つ

ギャイン・・

目の前で叫ぶワンコ

ドキドキしながらパクの番

イヤイヤしながら獣医さんの前に

そして・・
キャイン〜

・・パクも叫んだ

終わったらダッシュで公園を去るパク
帰ろう〜〜
早く帰ろう〜〜


注射の嫌なパク

帰ろう〜〜
早く帰ろう〜〜〜

そう・・
いつも注射を打ってる獣医さんは
あのこわ〜〜〜い先生なのだ

なんかまた怒られそう
一緒にダッシュして帰った

公園の注射って
今でもあんなに怖いのかな〜〜

好きなものは・・

December 07 [Tue], 2010, 20:37
ずいぶん放置してしまった・・

いつも覗いてくださってるあ・な・た

そう・・あなたです
ありがとうです

パクのご飯
最初はドックフードだった
でもそのうちにおいしいご飯になってた

いわゆる
人間と同じご飯=残り物

そりゃそりゃ美味しかったに違いない

チーズも好きだった
ご褒美はいつもチーズだった

そんなパクの食生活が
ある日変化する

何故だかはっきりきっかけは忘れたけど
大好きフリスキーが大好きになった
・・のだ

そんなもんなんで購入したのか

ただ・・
ドックフードは食べないくせに
キャットフードは喜んで食べた

そして我が家に
フリスキーの箱がやってきた

獣医さんに聞くと

がドックフードばかり食べると
不足する栄養素があるらしい
でも・・
がキャットフード食べるのは
全然問題ないそうで

晴れてパクの主食
猫大好きフリスキーになった

かつお味とマグロ味
どっちにしますか〜〜〜

どちらも好きだけど・・
マグロかな〜〜〜


三角ブーメランの形のフリスキー
カリカリと食べてたパク

確かにね
キャットフードってドックフードより
匂いが美味しいけどね

結局・・
パクは天命を全うするまで
キャットフードだった

あ・・もちろん
美味しいものはもらってたけどね

あれから何年

ドックフードのCM見ても何も思わないのに
キャットフードのCM見ると
いっつもパクを思い出すな〜〜

トイレは?

October 17 [Sun], 2010, 10:21
お外犬からお家犬になったパク

お外犬のときはドックラン状態のお庭で
したいときにおしっこしてた

じゃ・・お家では

お庭に面した小さなお部屋がある

部屋といっていいのか2畳ほどの物置部屋

そこの戸を10センチ開けておく
パクはそこから勝手気ままにお庭にでる



とても物騒だけど
台風の日以外はそこはず〜〜〜っと開いていた



そのおかげか
パクはお家で粗相をすることはほとんど無かった

戸が開いてるって事はいろんな物も入ってくる
・・って事

さすがに泥棒さんは入ってこなかったけど

ある日テレビを見てたら
何か物陰が・・
パクはネェネの横にいる

何・・
って気配のするほうを見るとにゃん子が覗いてた

え〜〜〜〜〜
・・って大声出したらびっくりしてひっこんで
パクがワワワワワン・・って追いかけていって

宿敵にゃん子だったかはよくわからない

でも後にも先にもその子だけだったけど

平和な時代だったのかもね
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ルルちゃんず&ルルママさんへ
» 侵入者 (2012年10月01日)
アイコン画像ルルちゃんず&ルルママ
» 侵入者 (2012年10月01日)
アイコン画像roko→みきちゃん
» 車は嫌い (2010年08月26日)
アイコン画像みき
» 車は嫌い (2010年08月26日)
カテゴリアーカイブ
P R