発熱 

2004年09月02日(木) 19時05分
朝からすごい下痢。
つい最近ヤンが苦しんでいたのと全く同じ症状のような気がする。
この頃頭痛していたし、お尻や肋骨も痛いし、どこからかヤンが風邪を貰ってきたらしい、と今頃になって気がついた。

今日は人間ドックの残りの婦人科検診と眼底検査に加え、皮膚科も予約しているのでついでに内科で見てもらおうと思った。

どうにもこうにも具合が悪いのでタクシーで病院へ行く。
婦人科でたった10分待たされている間に震えが止まらない。
検診は辛かった〜(涙)

皮膚科の先生は大変親しみ易いおっさんで、12年華語教育を受けた人だそうな。
肝心の診察では、激光よりも薬を5週間塗る方法を薦められたので、そっちで試すことにする。
効果あるといいなぁ。

その後の内科検診はまたもや待たされ、その間に発熱していると自分ではっきりと感じた。
ひげ先生に会えた時はすでに38度!(゜◇゜)

風邪で発熱なんて、何年振りかしらん?
日ごろいかに健康で過ごしていたのかを痛感しました。

ということで今日は勉強できなかった。明日に持ち越しです。

携帯未払い 

2004年09月01日(水) 1時34分
今夜の塾までのんびりゆっくり復習予習しようと思っていたのに、現実は甘くありません。

お昼前に着信したSMSは”3日以内に支払いを済まさないとただちにサービスを止めます”とだって!穏やかじゃないじゃん。

この頃連日ありえないようなことばかり起きる。なんででしょう?
ちょっと運が悪いのね・・・

かんかん照りの中支払いを済ませてきて戻ると・・・やはり軽い日射病らしい。
頭痛い。
少し休憩のつもりが2時間半も・・・ずぅっと悪い夢を見続けた。

塾は頭痛のまま発音練習。
あの先生、本領発揮!彼女は飛びぬけて耳がいい、ということがわかりました。

どっさり宿題を下さったので、がんばります(涙

同学会 

2004年08月31日(火) 20時46分
またまた302の同学会。
今日はIsland ClubでAiZhengが会員。
お金持ちはすごいすごい。

最初にPark Mallへ行きジャイママの授業が終わるのを待って、メアリー老師と3人でジャイママの車まで現地へ。

現地へ到着すると皆大騒ぎで待ち受けていた。
ダニエル老師、秀雲のテンションが高い高い。
どうしてお酒も飲まずのにあんなにテンション高いのだろうか?
不思議だ。

秀雲は相変わらず根拠の無いデタラメばかり言い、またまたげんなりさせられました。
Crestarのふ〜だんの悪口なんてどうして彼女が言えるのん?

ま、みんな本気にしていないだろうけど。

ふいめぃはまだビザが下りていない様子。
どうもジャイママがふぃめぃ・しゅぇんず二人組みを誘って3人で蟹を食べに行ったようである。
おそらくあの罵倒したあと決まりが悪かったのでしょう。
彼女が帰国する前に名誉(?)挽回の努力をしてよかったのではないでしょうか。

帰りは宝華の車で烏路まで送ってもらった。
Dr.ろーは宝華の友達と知ってびっくり〜。
世間は狭すぎる。

WheelockでClassic Meets Cubaを買った。
今日は秀雲のことで少しむっとしたけど、音楽聴いて少し心が穏やかになれた。
ありゃ病気だ!

そしてぶぶの為にビーズのボードを買った。
本当に会うのだ、と実感を帯びてきた。

一歩進む 

2004年07月26日(月) 21時46分
いよいよ入学式。
本来の年齢から考えるとかなりの時間がたったけれど、こんなすばらしい機会を得られたこと、感慨無量です。

緊張しすぎて30分も早く行ってしまった。

どうも人数が多いなぁと思っていたら、歴代の先輩方や他の学年もいたようだった。

式が始まって進行役のお姉さんの一言目が聞き取れなくて心底あせった。
その後も何度かその言葉が出来て、どうMindsetsの中訳だとわかってほっとした。(笑)

クラスは結局28人。

どうなるのかなぁ?

1冊目の教科書 

2004年07月19日(月) 22時00分
放課後、べいゆの事務所に学費納入へ行った。
今後のスケジュールと教科書を貰う。

よくよく読んでいると、大まかには問題ないだろうけれど知らない言葉もたくさんある。
授業中に分からないとは言えないことを考えると、しっかり予習しないとだめかもしれない。

明日でえぬUえすは辞めようと決めた。
もう精神的にも限界に来てる。

ここで少し心を休ませてべいゆに臨もうと決めました。

さよなら、キャンパス 

2004年07月13日(火) 21時53分
自己都合により今日がこの大学の最後の1日となりました。

バスを降りて教室までの緑の路を歩いていると、この4年のことが思い出される。
初めてここへ足を踏み入れたときは最後の課程まで勉強できるとは思っていなかった。

この私の脳みそでよくここまで勉強をつづけて来られたなぁと、それなりに感慨無量です。

4人の先生方に事情を話しお別れを告げ、今後もお世話になりますと挨拶してきた。

突然だったので悲しいという気もあまりおこらなかった。
最後の日まで頑張ったら、もしかして思いがけなく涙を流したであろうと思われた。

さて、また心機一転で頑張るわ。
ここでの日々があったから本科で学ぶことができるようになれた。

ありがとう先生方。さようなら。
2004年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rongrong
読者になる
Yapme!一覧
読者になる