卵巣がんになって〜35歳からの再出発 たまおさんの場合

June 12 [Wed], 2013, 16:24
卵巣がんになって〜35歳からの再出発のたまおさんのアンケートです。

Q1.お名前又はHNは?
たまお

Q2.お住まいの地域は?
北国

Q3.年齢は?
37

Q4.結婚は?
独身です

Q5.お子さんは?
いません

Q6.お仕事は?
自営業です♪

Q7.それまでにがん検診は受けていましたか?
ガン発覚の1.2年前に受けました〜
でも何も言われなかった(;_;)

Q8.自覚症状はありましたか?
下腹部の膨らみに気づきました。
かたい水風船みたいな感じ。

Q9.卵巣がんのタイプ・ステージは?
明細胞癌 1C

Q10.再発・転移は?
ありません

Q11.簡単な経過・現在の状況は?
今のところ問題なし!2ヶ月に1度検診です。


【手術について】

Q12.はじめに話を聞いたときの心境は?
1回目:仕方ないなーーって感じ。
2回目:ショックすぎて頭真っ白です。

Q13.手術に対してはどう思いましたか?
1回目:ひとつ卵巣を取れば治ると思っていた。
2回目:なんだか人事のような感じでした。実感が無かった。

Q14.手術に対して不安なことはありましたか?
2回目は後遺症、特にリンパ浮腫がすごく心配でした。
なぜか転移再発とかは全然気にしてなかったです。
事前に情報を入れなかったせいでもあります。

Q15.手術までの日々はどう過ごしましたか?
1回目は淡々としてたけど、2回目は毎日泣いてました。
でも親のほうが暗い顔してたから、明るく努めてたけど・・
かなりしんどくて胃が痛かった。

Q16.手術までの間に伝えた人はいますか?
親兄弟、親しい友人

Q17.術式は?
なんだったろう?(笑)
卵巣・子宮・卵管・大網・虫垂・腹部リンパ節切除です。

Q18.手術後の生活・回復状況はどうでしたか?
大腸炎、腸閉塞、更年期障害、リンパ浮腫、胃腸炎などなど
問題山積みで退院まで1ヶ月かかり、しんどかったです。
回復も遅かったー。いまだに眉毛生えて来ません。

Q19.手術後辛かったことはありますか?
後遺症の腸閉塞、更年期障害、親の暗い顔かな。


【抗がん剤治療について】
Q20.抗がん剤治療は受けましたか?
受けました。

Q21.手術の結果、今後の治療法の話を聞いたときの心境は?
手術前から抗がん剤やるって言われてたので、
驚かなかったです。

Q22.どんな治療でしたか?(種類・何クールか)
パクリタキセルとカルボプラチン。
6回のうち4回受け、途中でやめました。

Q23.副作用はありましたか(サイクルなど)?
骨の痛み、発熱、しびれ、脱毛、吐き気。
あと風邪を引いてから耳がずっとおかしいです。

Q24.副作用対策はありますか?
とにかくマスク手洗いうがい。あとはひたすら耐える(笑)

Q25.抗がん剤以外の治療はしましたか?
してません。

Q26.治療中の生活に変化はありましたか?(家事・仕事など)
仕事は全くせず休んでました。
家事は親に任せっきりでした。

Q27.食生活は変わりましたか?
吐き気がしている間はほぼ絶食状態。
腸閉塞になりやすいので、きのこ、海藻類、ごぼうなどは
食べなくなりました。

Q28.副作用以外で辛かったことはありますか?
治療に入って入院すると長くなるので、
人に気を遣うのが疲れました。
婦人科と産科の病室が同じ階にあり、赤ちゃんを見るのも・・。

Q29.治療中おススメのものは?
気持ちが明るくなるもの。DVDとか趣味のものとか。

Q30.治療中パワーになったものは?
友人が、励ますんじゃなく、寄り添うようなメールをくれたこと。
頑張れって言われても頑張れない時期だったので。

【情報について】

Q31.まず情報を得たものはなんでしたか?
ネットで手術してくれる先生は探しました。
「名医」って検索して(笑)

Q32.ネガティブ情報も見ましたか?
見てません。

Q33.自身HP・ブログをやっていますか?
はい。

Q34.ネットや書籍の情報に関して言えることがあれば?
ネットで真実を語っているのは、ある意味
患者のブログだけじゃないかって思ってます。
また、病気に関する情報は、
インターネットの情報はかなり惑わされるので、
きちんと正しい情報を取捨選択する必要があります。


【お金について】

Q35.手術費用や通院費用はだいたいどれくらいでしたか?
すぐ記録が見れないですが・・保険と高額医療費の補填と、
貯金でなんとかなりました。
今は1回の診察と薬代で、8,000円くらいかな。

Q36.保険には入っていましたか?
入ってます。日額5,000円、婦人科疾患の手術に10万くらい出ました。

【その後について】

Q37.手術・治療後(中)の生活に変化はありましたか?
ガラッと変わりました。
自分ではままらならない体調不良が続いています。

Q38.手術・治療後(中)の心境は?
卵巣と子宮は、女性にとって欠かせない臓器なんだなぁと改めて。
ガンじゃなかったら死守してます、きっと。

あと、芸能人の妊娠の報道とか見ると軽く落ち込みます(笑)
病気のことを知らせてない友だちからの出産報告とか
軽く凹んじゃうことがあります。

Q39.手術・治療後(中)に得たものは?
いつかやろう、ということが無くなった。
今この瞬間、今を生きることを大事に思うようになったかな。

Q40.今、やりたいことは?
自分自身をもっと幸せにすること、
それから同じように悩み苦しむ人に寄り添える何かを、
やっていきたいと思って考え中です。

Q41.同病の患者さんに対してメッセージがあればどうぞ?
ガンになったことの不安や絶望感、さらに
子宮や卵巣を摘出することで、女性性の欠落感、体調不良を
感じている方もいらっしゃるでしょう。

目を上げれば、同じ思いをしている方はたくさんいるので、
一人で悩まないで、患者会などに参加して欲しいなと思います。

Q42.アンケートにご協力ありがとうございました。
   最後に感想やご意見ご要望などあれば?

30代を過ぎても独身の女性が当たり前の時代です。
婦人科にはものすごく抵抗があり、子供が出来たのでなければ
なかなか行かない場所だと思います。
私自身、婦人科にはすっごーーーく抵抗があって、
全く行ったことがありませんでした。

でも、ガンは自覚症状なしに進行していくものなので、
市の無料検診などを待たずに、自発的に検診に行ってほしいなと
思います。

こういうアンケートが、ガンの方だけでなく、健康な方にも
目に留まるようになればいいですね。
P R
コンタクト
管理人:hiromi
Skype(Googleトーク)やってます!!
遊んでくれるという方はSkype(Googleトーク)登録後MAILからメッセージくださいね。
@romeo10julietでときどきTwitterでもつぶやいてます。
普段はこちらでブログやってます♡→ܫ←♡
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ヤプミー!一覧
読者になる