Act 227 思い出だけじゃ生きていけない。 

December 08 [Mon], 2008, 0:56
みなさん こんにちは。

またまたお久しぶりなんですが、

前回の記事が「熟女の恋」なんてタイトルだったので、

そのままで放置していた自分が今更恥ずかしい…。


まぁそれはさておき、

気付いている方もいるとは思いますが、今は日本在住です。

でも、もうちょっとアメリカ生活を書き綴ろうかと思います。

帰国直前の最後の方が書き終わっていないので。

しつこい?まぁ付き合って下さいよぉ〜。(誰?)


でも、

思い出を振り返るばかりでは

人は生きていけないのだ!


なんて思ったりもします。

それじゃいかんだろう!と。(無駄に熱い。)


と、いうことで

このブログのかなり貴重(コア)な読者の方から

「日本に帰っても、ブログ続けてね」

と帰国前からリクエストされていたのもあり、

このブログに並行して、調子に乗って

日本での新しいブログ作ってみました。

「Life is Miracle!! -空想劇場 第二章-」(仮) です。

人は生きているだけで、Happy で Miracle

小さな奇跡でいっぱいなんだよね〜と。


そんなこと言いつつも、ブログの内容は

相変わらずグダグダですけどね(笑)。


お時間のある方は是非おいで下さい。

携帯からも更新しちゃったり〜!

(自分の中で実は夢だった携帯更新。)


このブログ共々宜しくお願い致しまーす

Act 226 熟女の恋 

September 02 [Tue], 2008, 17:52
「スタアの恋」ってありましたよね?

友達がはまっていました。

紅葉です



気が付いたら帰国まで2週間ありませんでした。

ぉぉぉぉ〜〜〜〜。(内なる叫び)



ということで、こんにちは。

アメリカ、三連休終わりました。

出掛けまわって終わりました。

そういえば、北京五輪も終わりましたね、ちょっと前に。

今更ですケド。

こちらにいると、日本勢の活躍がなかなか放送されないので、

いまいち(私的な)盛り上がりに欠けたのですが、

結果はちゃんとネットで毎日チェックしてました

あ、24時間テレビも終わりましたネ



楽しい三連休でした。

なぜか同じアパートのスリランカ人女性の

恋バナ(恋のお話)を聞く羽目にもなりましたが。

ちょっとした知り合い程度の自分が。

(しかもちょっとディープな話。)

60歳女性の恋バナ@私の部屋

不思議過ぎる。



私が帰宅直後に彼女が私の部屋を訪れたので

「ちょうど今帰ってきたんですよ〜」と言ったら、

「うん、帰って来たと思ったの。窓を開ける音がしたから」

って、普通に怖いよ。



別れるのが辛いから

人付き合いをしないようにしているの


と言う彼女ですが、

もっと早く知りあっていたら、一緒にサイクリングをしに

海に行ったり、お散歩(ランニング)に行ったり出来たのにね!

私、お友達とよくサイクリングに行くのよ。


というセリフの後なので、説得力ゼ〜ロ〜。



彼女 「私、何歳に見える?60歳よ。見えないでしょ?」

私 「えぇ、そうですね。。。」(目が軽く泳ぐ私)

彼女 「よく40代に見えるって言われるの!」

私 「。。。。。。。。」


そして、

あなたの日本の家は大きい?庭はある?

両親はお金持ち?Rich? Rich?

彼氏は?ねぇ彼氏は?

(。。。.........


私への怒涛の質問攻撃の後、自身の恋バナへ。



最後、彼女は紅茶をいっぱいくれました。

スリランカだけに

Act 225 カリフォルニアでアドベンチャー 

August 31 [Sun], 2008, 17:16
こんにちは。

アメリカはただいま3連休中 どこも混んでいます。

私はというと、しっかりみっちり予定を入れております。

だって〜、帰国近いし〜〜みたいな。(← 誰?)

が、初日から既に疲れ気味。

早いよ、早いよ、自分・・・

でも、それにメゲズニ(?)明日も遊びます

雨ニモ負ケズの精神、賢治な心意気です

(いや、120%晴天ですけどね。)



話は変わって、ちょっと前のことですが、

ディズニーのカリフォルニアアドベンチャー(CA)

に行ってきました

ディズニーランドの目の前にあります。

ディズニーシーみたいな位置付けです。

(内容は全然違いますが。)

ディズニーランドは何度か行きましたが、CAは初めて。

ずっと気にはなっていたのです。



激流下りみたいな乗り物でめちゃくちゃ濡れました。

どのくらいかというと、バケツの水をかけられた感じ

スプラッシュとか可愛いものではありません。

ほんと、アメリカ、容赦なし。

ここまで濡れる意味が不明。

乗り物は面白かったですけどね〜



カリフォルニアだから



素敵な3ショット



エレクトリカルパレード



この雰囲気



この雰囲気



懐かしいです〜♪



最後はさりげなくアメリカ(愛国心)アピール



CAから見えるディズニーランドの花火



つまりは、便乗(笑)。(CAでは花火なし)



ちなみに、ディズニーランドの方が開園時間が長いです



チケット代同じなのに。

CAにはミッキーの顔の輪郭にそってぐるりと

回転するジェットコースターなどもあります




本日の

リアルアメ〜リカは・・・

ケーブルTVでは、犬夜叉、BLEACH、ポケモンなどが

絶賛(吹き替え)放送中。

しかも、クレヨンしんちゃんまで(笑)。

初めて知った時は軽い衝撃が。

あのテイストはアメリカ人に通用するのでしょうか??

TVといえば、アメリカ版料理の鉄人も放送中!

Act 224 ツルレイシさん 

August 28 [Thu], 2008, 18:36
こんにちは。


ふらっと行ったファーマーズマーケットで、

ツルレイシさんに遭遇。

懐かしいなツルレイシさん。こんな所で会えるとは


ツルレイシさんの本名は「鶴野礼史」で、

私は「ツルレイシ」(一応「さん」付け)と

微妙に略して呼んでいます。

ツルレイシさんとは日本で初めて会いました。

彼は結構ツンデレです。(どうでもいい情報)



ツルレイシさんは人にはよく

「苦瓜」とか「ゴーヤ(ー)」なんて呼ばれています


ということで、途中どうでもよい脚色を含めましたが、

あるお店でゴーヤが売られていました。

英語で Bitter melon ・・・そのまんま。


アメリカ人にとっては珍しいようで、

私が手にとって眺めていると、

「何それ?ねぇ何それ?どんな味?」

と聞かれました。

私がストレートに「苦いです」と答えると、

露骨に顔を歪ませるご婦人。

「でも、身体にいいんですよ!」と店員みたいな私。


本当は「夏バテにもバッチリ!」と言おうと思ったけど、

単語が浮かばなかったし、第一、アメリカに

夏バテという概念があるかも疑問だったので、

そこまでは言わなかったですけどね。

というかそこまで言ったら、サクラみたいだ



結局、ご婦人は購入すること無く去って行きましたが、

私はそこでゴーヤとナスを購入。

ゴーヤはゴーヤーチャンプルーに、

なすは麻婆茄子にしよ〜っと!

と夏バテ撃退に燃える私でした

(単に食いしん坊とも言う。)



おまけ 1

この間行ったインド料理レストラン、インドの人たちの間では

美味しいと有名なお店なんだそうです。

「インドの人たち」と言っても、「アメリカ全土のインド人」

などというワールドワイドな話ではなく、

このあたりのインド人の方々ね。

あれはやっぱり「リアルインド料理」だったんだな〜



おまけ 2  リアルアメ〜リカ

日本では車の渋滞の際、

「(△△付近から)☆☆キロの渋滞」

などと「距離」を表示しますが、

ここでは

「〇〇まで◇◇分」

と「時間」を表示します。

だから、例えばいつもは15分のところを、

30分と表示してあることにより

あぁ混んでるんだな〜と分かるわけです。

最初はちょっと違和感があったのですが、

今は慣れました。慣れると結構便利です。

Act 223 燃えろオークション 

August 26 [Tue], 2008, 19:55
こんにちは。


Act 221で髪について触れましたが、

早速予想通り(?)髪を切りました・・・って早っ!!

10cmカットしました

本当は、5cmくらいの予定でしたが、

それじゃつまんな〜い

という気持ちになっちゃって。

元が長いのでね。


パーマ液で自分でストレートに戻したのですが、

カット&カラーは美容院。

以前はカラーも自分でやっていましたが。

一時期、美容師を目指していたので!

ってそれは嘘ですが。(カラーは本当。)



美容院の帰り、友達の家に寄ったら、

ちょうどインターネットオークション中で、

教科書を競り落とそうと燃えているところでした

ということで、私も横で見学。

インターネットオークションに参加したことがないので、

興味があったのですが凄いですね。

最後の3分間は、かなり修羅場でした

誰かがちょっと高い金額を出すたびに

友は、Shoot!!Gosh!! を連発。

ひとまず、「Fなんとか」が出なくて良かったと(笑)。

       

結局、僅差で競り落とすことが出来ませんでした。

ザンネン。。。


いや〜オークションって熱くなりますね、

例えそれが普通の教科書でも。

Act 222 インドは意外と近いかも 

August 24 [Sun], 2008, 19:17
こんにちは。

今日はインド料理を食べに行きました。

インド料理といえば、カレーとナン(あとサモサ)くらいしか

浮かびませんが、チャレンジで。

というか、カレー&ナン目当てで

お店のセンスが素晴らしく(ちょっと違った意味で)

入口には「これでもか!」とインドっぽいもの

(でも良く考えるとそうでもないもの)を置いているのに、

店内は意外と普通。

しいていえば、店内に満ちたスパイスの香りと

TVでインド映画(ドラマ)が、ず〜っと放送されていたくらいかな。


ムトゥさんを思い出しました。

いましたよね?踊るマハラジャ

首に掛けたタオル(手ぬぐい)を動かすたびに、鞭のような音がする

武藤さん。・・・じゃなくてムトゥさん。



メニューを見ても、説明されても、実際に見てみても、食べてみるまで

味の想像が付かないものが多々あり、軽く闇鍋気分でしたが、

お腹いっぱい食べました

ちなみに、ここで食べたマンゴーアイスは

「練乳アイス(マンゴー風味)」と名前を変えるべき。

甘くて、甘くて・・・ね。

ラッシー(犬ではない)が美味しかったです。

「ラッシーの塩味」もありました。

(私は甘い方のラッシーを注文



いきなりですが、この間

韓国スーパーで見かけて、つい買ってしまった品々。

両サイドの会社はロッテで、中央のはオリオン。



左から、ポ〇キー、ポ〇キーデコレ(ムースポ〇キー?)、ト〇ポ

ではないのね・・・。

ググググリコ。(?)

Act 221 お知らせがあります。 

August 23 [Sat], 2008, 20:28
こんにちは! お久しぶりです。

すっかりご無沙汰しておりましたが、お元気ですか?

もう8月下旬。驚いちゃいますよね。



今日は、大きなお知らせ(←自分の中では)があるのですが、

先に書こうか、最後に書こうか未だに考え中です


大小に関わらず、「良い知らせ」と「悪い知らせ」がある時、

アメリカ人は必ず

「良いニュースと悪いニュースがあるんだけど、

どちらを先に聞きたい?」


とか

「あなたに良いニュースと悪いニュースがあります」

と先に宣言します。

日本人がこういう風に話さないわけではないけど、

これもアメリカ人の会話テクニックの一つらしいです。


何かを交渉する時にどちらかを先に言って、

あえてインパクトを与えるとかね。


って、アメリカ人(数人)が言っていました。

手の内を明かしまくりですが(笑)。


私の場合、GOODニュースでもBADニュースでも無い感じ

なのですが、ひとまず最後に書きますね。



GLAYのライブに行きました

来たんですよね〜こっちに。

日本でもちょっとした(大きな?)話題になったようですが。

ライブハウスで行われたので、

超近っでした。日本じゃ絶対無理な近さ。



私は特別なGLAYファンというわけではなく、

折角だし〜的なノリで行ったのですが、

行って本当に良かったと思います。大正解

楽しかったです〜〜。

あれだけパワフルに歌えるって凄いなぁ。。。

L.A.に住んでいてよかった!と思いました。

日本から来た方や違う州から来た方も多かったみたいです。

たまたま聞こえた話によると、日本から来て

何十万円か掛ったとかなんとか。



話は変わって、今日はちょっと不思議な街に行きました。

私の家から

「すごい近そうだけど、冷静に考えるとそうでもないよね」

という微妙な距離で、その場所には行ったことが無かったのです。

遊びではなく、用事があって行ったのですが。

↓ こんな雰囲気、好きです。



それで、何が不思議って、まず「5ドルショップ」。

素敵なお洋服が全て5ドル!

と書いてあり、お店の名前もそのままなのですが、

よく見ると全部5.99ドル

それじゃ、6ドルショップじゃん!

(税を入れたら完璧6ドル超えるじゃん!!)

名前に偽りあり。

100円ショップで全部199円だったら怒られますよ、きっと。


あと、海賊盤らしきCDやDVDを堂々と売っていて、

めちゃくちゃ繁盛しているお店とか。


それに、

となりのトトロのリュックを背負った女性もいました。

(推定年齢20代半ば以上)

彼女、決してポップな服装をしているわけではないので、

トトロが妙に目立つわけで。

こんなところにトトロがいる〜〜 嬉しい。

となりのトットロ、トット〜ロ〜♪

と心の中で大合唱。



そうそう、最近、会う人会う人に

「髪がすごい伸びた!」と言われる私。

パーマのロングヘアーから数日前にストレートに戻したので、

もっと伸びた感じになりました。

これで黒髪だったら、

お化け屋敷のお岩さんが出来るかな、と。

お陰様で日本に帰っても仕事に困らなさそうです。

よかった、よかった

でも、元々は髪型をコロコロ変えたいタイプなので、

帰るまでにどうなっているかは分かりませんが。。。ふふふ。



と日本の話題が出たところで、例のお知らせなのですが、

来月、日本に帰ることになりました

一時帰国ではなく、完全帰国です

ある会社で正社員として働いていたのですが、

就労ビザが取れず(今年は応募者が本当に多かったのです)、

色々と考えた末、帰国することに致しました。

アメリカに来て、この夏で5年。

カウントダウンスタートです

Act 220 いちぶん 

June 25 [Wed], 2008, 15:35
こんにちは。


皆さんには

譲れないもの(こと)がありますか?



誰にでも、きっとありますよね。

いつもは意識していなかったとしても。



誰にでも、譲れないものがある……プライスレス。

Momijiカード




はい、素敵なパクリCMの出来上がり

ちなみにMomijiカード、今なら年会費永久無料。

さらに特典として「紅葉狩り一生分」。



「プライスレス」という言葉を付けると、

なんでもちょっとした雰囲気が出ますよね。


大切な思い出……プライスレス。


未来への希望……プライスレス。


国家予算を出しても買えない指輪……プライスレス。


団子にならないだんご虫……プライスレス。



とにかく、聞きたいのは

「アナタハ 一分 持ッテマスカ?」

ということです。

「すいません、1分だけお時間よろしいでしょうか〜?」

ではなく、「木村侍@いちぶん」の方。



そ・れ・で

結局何が言いたいかというと、

一時的にブログにサムライを置いてみました

ということなんです。(今までのは単なる前フリ)

(無理やり「侍」で関連させただけ。)

非常に落ち着きのない侍なんですが。


とにかく、侍にじゃかじゃかドンドン触って下さい。

小技は無視しつつ、しつこく。

そのうち面白いことが起こります。(色々なパターン有り。)

なかなか激しいですよ。


ブログ、崩壊の危機




というほどでもないけどね。

Act 219 正直者は救われる! 

June 23 [Mon], 2008, 17:27
こんにちは!

週刊 紅葉の小部屋 へようこそ。

いや、このところ、更新が週1ペースなので。

実際、週1更新がいつまで続くかも怪しいんですけどね。ははは。


Act 208 や Act 211 で少し触れていて、

詳細は後ほど〜みたいに書いていた

「オープンカーに乗ってました話」なんですけど、

今更詳細を書いてみます。

もう皆さんすっかり忘れていると思いますが、

そう書いた手前、ちゃんと書こうかと。

ほとぼり(?)も冷めたし。



実は、車をぶつけられたんですよ、高速道路で。

後ろからガツンと。それで、レンタカー(オープンカー)を。



と、ここまではよくある話なんですけど、

ここからが本題。



渋滞で、私の車は完全に停止していたのですが、

後ろの車は無理やり左斜め前に車線変更をしようと思ったらしく、

私の車に激突しながら車線変更したあげく、

私の方を見向きもせずに、そのまま逃げたという……

完全なる当て逃げ


「ありえないっつ〜の!」 (By つくし)



それで、私は一瞬呆気に取られつつ(な、何が起きたの??)、

「逃げられる!」と思ったのですが、

渋滞で進めないので、追いかけることも出来ず、

なぜか左の車線だけスムーズに流れて、どんどん車来るし、

ナンバープレートも覚えきれず(え〜〜ん

ひぃぃぃ〜〜〜と思った時に奇跡が


私の前が急にサーーッと空いたのです。

数秒前まで進めないほど車がぎっしりだったのに。

十戒みたいに、両サイドに車がよけて、目の前の道が空きました。


子羊紅葉に、モーセ降臨


誇張じゃなくて、本当に。

未だに不思議ですが、前の車が次々に車線変更したのです。

ありがとう!

なんだかよく分からないけど……特に身に覚えもないけど……

ありがとう


そんなこんなで、追いつきました、当て逃げ犯に。

隣りの車線が急に混み始めたので。

当て逃げ犯、すっごい前にいたのに。

驚きましたよ、ラッキー過ぎて。

(本当は、当て逃げの時点でアンラッキー。)



それで、当て逃げ犯の真横まで進めたので、

「すいません!」とジェスチャーしたけど、反応なし。

絶対見えてるはずですが。。。

こっちを見ないように、不自然なほどにまっすぐしか見てなくて、

バンドルとか、すごい力で握りしめちゃっているのが私にも分かる。


あなた、何か凄いものでも操縦してるんですか?


その後、ようやく観念したらしく、近くの出口を降りて、

お互いの情報を交換しました。


ちなみに、相手は白人女性です。

学生かと思ったけど、社会人だった。。。

それで、その後に、車の保険会社に連絡しました。


ちなみに、

彼女のいいわけ:

運転していたから、止まれなかったのよ!


って、えぇ〜〜〜〜(驚)



後日談。


私、事故の影響で、病院に行ったり、整体に通うことに。

(外傷は無かったです。今は元気。)

病院代が保険で下りることになったのですが(普通の流れ)

この人(当て逃げさん)その件に関して

電話を掛けてきて、嫌味を言い出したんです。



ちなみに、アメリカでは、

「この人はちゃんと主張するんだな」

と分かると、急に態度が変わったりする人も多いんです。

不思議だけど、本当のこと。

だから、状況をしっかりと見極め、「ここぞ!」という時には、

冷静に(ポイント)、強く自分の意見を言いましょう。

(「Fなんとか」とか、「Bなんとか」は使わないで・笑)


ということで、それを実践したら、態度が豹変。

I totally understand.

などと向こうは急にしおらしくなり(笑)、お話、スムーズに終了。

え、さっきまで、意味不明〜とか言っていたのに?



結局、

100%あちらが悪いということになったから良かったのですが、

こういうことで、裁判になるのもこの国。

すぐ訴えるから。

今回は仮に向こうが訴えても、あちらが負けるのが目に見えているし、

たまたま同じ保険会社だったので、泥沼にもなりませんでしたが、

当て逃げはよくあることだそうです。

酷い話です


ふとした拍子に、前の車にぶつけてしまうことは

誰にでもあると思います。注意しているつもりでも。

でも、その後のことは、正直にいこうよ〜と思うのです。


正直者には絶対に良いことがありますよ!

その逆もしかり。



もう一つ印象的だったことは、

ぶつけられた時に、反射的に後ろを振り向いたら、

後ろの車の人(当て逃げした人は車線変更したので、その後ろ)が

「私じゃないよ、私ぶつけてないからね!」

とすごい勢いでオロオロしていて。。。気の毒でした。

Act 218 相撲(後編) 

June 16 [Mon], 2008, 15:05
こんにちは。

今日は2連続更新。

ということで、Act 217 から先に見て下さいね〜!


*************************


では、写真の続きです


↓ 鳥みたいな朝青龍。 パタパタパタパタ


*馬鹿にしているわけではありません。



↓ 行司さんの着物の模様に注目。



どこかで見たことありませんか?



よーじや。

こんなところに、よーじやマーク。

懐かしいな〜、よーじやのあぶらとり紙。

よーじやパワー 全開の着物ですが、

アメリカ人には

「顔模様の着物だね。うん、和風!」くらいの認識でしょう。

日本でも、いつもこの着物なのかな?



最後にみなさん勢揃い。



会場の雰囲気が日本みたいですよね〜。

でも、アナウンスは英語と日本語で、ちょっと不思議。


久々に「ちゃんとした」日本気分を味わいました
■プロフィール■
■名前: 紅葉 (もみじ)
■居住地: アメリカ合衆国。(現在は日本帰国済み)
■趣味(好きなコト&モノ): たくさん。 会話、映画、読書、小物&雑貨全般(ちょっと面白いものや、食べ物や家具のミニチュアとかも)、空・海・月・花などの自然、建築物、ステンドグラス、プラネタリウム、お菓子作り選手権などを見るのも好き。そして、空想 etc. 子どもの頃は、読書、お絵かき、おままごと(「リアルおままごと」に はまった時期アリ)
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31