【 更新情報 】

スポンサード リンク

ロールパンをホームベーカリーで焼く方法

 ホームベーカリーでロールパン生地を作り「焼く」のにオーブンを使う方法は、
時間の有効活用にもってこいの方法です。

ホームベーカリーで生地作りをしている間に、他の家事や用事を済ませることが出来るからです。
ホームベーカリーを賢く使うことで、手作り感も十分味わえるおいしいふっくらロールパンを作ることが
出来ます。
 
 ホームベーカリーの使用方法は炊飯ジャーと同様材料を入れてスタートボタンを押すだけです。
予約タイマーも付いているので
焼きあがり時間を設定すれば食べたいときにふっくら焼きたてパンが出来上がります。

ホームベーカリーではいろんな種類のパンが焼けるのですが、
今回はロールパンをホームベーカリーで焼いてみようと思います。

ホームベーカリーを準備したら、つや出しの卵以外の材料、
ロールパン8個分をすべてパンケースに投入します。

そしてパン生地コースを選択します。スタートボタンを押したら、パン生地が出来るまでは、
しばらく手を休めることが出来ます。

 ロールパン生地がホームベーカリーで出来上がったら、ボールに入れてラップで覆い、
20分ほど暖かいところで休ませます。

ロールパン生地を8等分して円錐形に整えます。
始めに整えた生地からめん棒で平らにのばします。

あまり引っ張らないのがポイントです。


広い方からくるくる巻いて、巻終わりを下にして、オーブンシートをしいた天板に並べます。
更にふきんで覆い20分ほど休ませます。

つや出しに溶き卵を表面にぬって190℃に暖めたオーブンで10分ほど焼きます。

 ホームベーカリーで作ったロールパンの出来上がりです。

ロールパンの簡単手作り


 ロールパンの簡単手作りで家族やお友達をあっと驚かせてみませんか。

ロールパンを作るのに生地の発酵に要する時間は全部で1時間30分程度です。
ロールパンが焼き上がる時間を逆算してスタートすれば、リアルタイムで焼きたてを味わうことが出来ます。
ロールパンの簡単手作りの良さですね。

 ロールパン簡単手作りの良さは他にもあります。いろんな材料を生地に混ぜ込んで焼くも良し、トッピングを楽しむも良し、
手作りならではの、多くのバリエーションでお楽しみいただけます。
ロールパンの生地に混ぜ込む材料としては、ゴマ、レーズンなどお好みのドライフルーツ、ナッツ類などいろいろ工夫するのも
楽しみの1つです。
ロールパンのトッピングに、マヨネーズコーン、ツナマヨネーズ、ベーコンなどをのせれば、我が家オリジナルの
手作りロールパンが出来ます。

 手作りロールパンを12時頃にいただきたいなと思ったら、10時半頃から取りかかるとOKです。
手作りロールパン生地8個分の材料は、強力粉200g、ドライイースト4g、塩4g、無塩バター30g、30℃の牛乳150ccです。
ロールパンの材料の粉類を全部ボールに入れたら牛乳を入れ、たたきながら手につかなくなるまでこねていきます。
常温に戻した無塩バターも混ぜ込みさらにこねます。目安は25分くらいです。
 
 ロールパン生地の1次発酵に入ります。
ロールパン生地を丸めてサラダオイルを塗ったボールに入れ、サランラップをします。

30℃くらいで60分かけて、およそ2.5倍に膨らむまで1次発酵させます。
ロールパン生地はやさしく折り込みながらガス抜きをして8等分します。4個分はゴマや小さく刻んだドライフルーツを混ぜ込みます。
ロールパン生地をにんじん状に整えたらめん棒でうすく均等に伸ばします。

広い方からくるくる巻いたら、巻終わりを下にして、何も入ってない生地の上の部分に切れ込みを入れます。
切れ込みの部分にオリジナルトッピングをつめます。

オーブンシートを敷いた天板に並べます。
ロールパン生地をサランラップで覆い30℃くらいで40分かけて、2倍に膨らむまで2次発酵させます。
 
 ロールパン生地の表面に溶き卵をハケでぬります。
190℃で7、8分焼き、程よくきつね色になったら出来上がりです。
オリジナル手作りロールパンの出来上がりです。

ロールパンの簡単作り方


 ロールパンの簡単な作り方を覚えておくといつでも食べたいときお手軽にロールパンが作れます。

ロールパンの簡単作り方で大切なポイントは必要な材料を最初にすべて計っておくことです。

 ロールパン簡単作り方の材料を紹介します。ロールパン8個分です。

強力粉は200g必要です。
ドライイーストと塩はそれぞれ4gずつ準備しておきます。
無塩バターは30g、常温に戻しておきます。
牛乳150ccは30℃くらいに暖めておくとロールパン生地が発酵しやすくなります。

 ロールパンの簡単作り方を紹介します。

ボールに無塩バター以外を全部入れて手でこねていきます。
ロールパン生地が手につかなくなったら無塩バターをロールパン生地に混ぜ込み、さらにこね台や、テーブルでこねます。
ここまでおよそ25分くらいです。

ロールパン生地を丸めてサラダオイルを塗ったボールに入れ、サランラップをします。
30℃くらいで60分かけて、2倍に膨らむまで1次発酵させます。

ロールパン生地はやさしく扱います。
ロールパン生地のガス抜きをして8等分します。

ロールパン生地を円錐状に整えたらめん棒でうすく伸ばします。
広い方からくるくる巻いたら、巻終わりを下にしてオーブンシートを敷いた天板に並べます。
ロールパン生地をサランラップで覆い30℃くらいで60分かけて、2倍に膨らむまで2次発酵させます。
 
 ロールパンの焼きに入る前に溶き卵をハケでぬります。
垂れないようにハケをしごいてぬってください。
190℃で7、8分焼き、程よくきつね色になったら出来上がりです。
ふっくら熱々の出来たてを味わってください。

ロールパンの簡単レシピ


 ロールパンの簡単レシピを使いこなすことで食べる楽しみに加えて作る楽しみを味わうことが出来ます。
ロールパンの簡単レシピは親子で作る楽しみも与えてくれますよ。

 まずロールパンの簡単レシピに取りかかる際に必要な道具をそろえましょう。
こね台というのは小麦粉をこねる時に使います。めん棒は生地を平らにのばす時に使います。

重さを計るときはデジタルのはかりが便利です。ハケはつやを出すために溶き卵をぬる時に使います。
計量カップ、計量スプーン、ボールも必要です。ふきんは発酵の時に生地を覆います。オーブンンシートは焼く時に天板にくっつくのを防ぎます。
 
 ロールパンレシピの材料を紹介します。ロールパン8個分です。

強力粉は200g必要です。ドライイーストと塩はそれぞれ4gずつ準備しておきます。
無塩バターは30g、サイコロ状に細かく切っておくとこねやすいです。

牛乳150ccは30℃くらいに暖めておくとロールパン生地が発酵しやすくなります。
材料を計り、すべてそろえることが、簡単レシピのスタートになります。

 無塩バター以外を全部混ぜてこね上げます。ロールパン生地が手につかなくなったら
無塩バターをロールパン生地に混ぜ込み、再びこねます。
こね上げたら、ロールパン生地をボールに入れ、ふきんで覆い温かいところで60分ぐらい2倍に膨らむまで1次発酵させます。

すぐガス抜きをして8等分します。
円錐形に整えたら、めん棒で平らにのばします。
広い方からくるくる巻いて、巻終わりを下にしてオーブンシートを敷いた天板に並べます。
ふきんで覆い暖かいところで40分ぐらい2倍に膨らむまで2次発酵させます。
 
 ロールパンの焼きに入る前に溶き卵をハケでぬります。
190℃で7、8分焼くと出来上がりです。出来たてのおいしさを味わってください。

ロールパンで簡単にサンドイッチを作る方法

ロールパンで簡単にサンドイッチを作る方法はサンドイッチをくるくるふんわりロールパンで簡単に作れます。
ロールパンのサンドイッチはほどよいサイズで、持ち易く、食べ易いのがいいですね。
朝食に良し、職場に持っていくお弁当にも良し・・・・。
季候が良くなるこれからはピクニックのお弁当にも最適です。箸やスプーンは必要ないけどお手ふき
の準備をお忘れ無く。

短時間でパパッとロールパンでサンドイッチを作るには、
サンドする材料は前日の夜に作っておくと翌朝はサンドするだけで出来上がりです。
また、ロールパンとサンドする材料を別々に用意して、食べるときにサンドする方法もあります。
いずれも、その日の気分や、お好みでお楽しみいただけます。
では、朝食にロールパンで簡単サンドイッチを作ってみましょう。
朝食にロールパンサンドイッチを食べるなら、頭の働きを助けてくれる甘いジャムや蜂蜜をサンドすれば目覚めもバッチリです。
ロールパンを準備してロールパンの横に切り離さない程度に切れ目を入れます。
次は切れ目を入れたところにジャムや蜂蜜、スライスしたバナナをサンドします。
コーヒーや紅茶、ヨーグルトなども一緒にいただくと元気に1日がスタート出来ます。

次にお弁当をロールパンサンドイッチで簡単に作ってしまいましょう。まず、前日の夜にサンドする材料は準備して、冷蔵庫に入れておきます。
レタスは洗ってキッチンペーパーで水気をふき取ります。
キャベツがあれば千切りにしておきましょう。
キュウリは斜めにスライス、トマトもスライスして形を元の様に整えラップしておきます。
ゆで卵、シーチキン、ハム、ミートボールなどすべての材料を大きめのタッパーに入れ、冷蔵してお
きます。
翌朝はロールパンに切り離さない程度に切れ目を入れたら、バターと練り辛子を混ぜたものをひとぬりして彩りよく材料をサンドして、1つずつラップしておきます。
 食べるときに材料をサンドする場合は、ロールパンにバターと練り辛子をひとぬりした時点で、ロールパンだけをラップしておきます。材料の入った大きめのタッパーとサンドするときの取り箸を準備しておきましょう。
マヨネーズ、お手ふきをロールパンサンドイッチと共にバスケットに入れ、ホットコーヒーをポットに入れたら、お弁当の時間が待ち遠しくなること請け合いです。

 
P R
カテゴリアーカイブ