女子バレーワールドGP 

July 01 [Fri], 2005, 20:57

現在行われている女子ワールドGPは、アテネ五輪で戦った選手は4人だけという、まさしく新生柳本ジャパンといえる面々で戦っている。

アテネでの日本の惨敗といえる結果により、バレー人気が低迷しつつあったのだけれど、この大会の調子の良さ・スター性のある選手の力で、また人気が復活しているそうで視聴率も巨人戦より断然イイらしい。

その日本の好調・人気復活の原動力になっているのが画像をアップしている、『菅山かおる』『大友愛』の2人です。

五輪最終予選・アテネで大活躍し、今や全日本で知名度ナンバーワンの選手になっている大友愛選手。
23歳ながら183cmの大きな身体を生かした攻撃は世界を脅かしています。

今大会は、普段のセンターではなくライトのポジションで、スパイク・バックアタック・時間差・ブロードと全ての攻撃を駆使し得点を重ねています。
こんなにたくさんのパターンで攻撃する選手は大友選手だけです。超攻撃的な大友選手にとってはライトは天職かもしれないです。

そして、今大会でまだ4試合しか終わってませんが大ブレークしている菅山かおる選手。
169cmと選手としては決して大きくないのですが、すごい器用なスパイクを打つ技術があるしレシーブも素晴らしい、と攻守にわたり大活躍しています。

全日本では実はリベロという守備専門のポジションで召集されていたのですが、今大会はレフトのアタッカーの役目を任されました。
それは今大会のスパイク能力を見れば当然だろうと思います。リベロで召集されたのが不思議なくらいです。

2人共(特に菅山選手)ルックスでも注目されてるのですが、バレーの実力も伴った素晴らしい選手なのでプレーをぜひ注目して見てみてください。


菅山かおる選手プロフィール

大友愛選手プロフィール

プールの守り神 

July 01 [Fri], 2005, 19:27
つ・つ・ついに7月が始まった〜!!

(-ω-)ププッ  大げさだなぁ

今日からはタイトルにあるように『プールの守り神』になった。

↑も大げさな言い方やねんけど、普通に言えば長居屋外プールのバイトを始めたんですわ

天気予報どおりに、曇り雨の天気のおかげでほとんど日光に当たらずに済んだからホッとした〜

しばらくはこの様な天気が続くみたいやから、一気に身体が焼ける事もないしプチラッキーやね

でもたった1日で画像にあるように足の甲は真っ赤に焼けてしまった。
足の甲は、水によく濡れるし乾くしという悪循環でこないなってしまうんやな。靴下擦れたら『チョ〜、痛い

あの人の逆バージョンやわ。


バイトの面々はというと色んな年代の人がいてるから、今日はちょろっとしか絡んでないけど明日からはもっとガツガツ話ししてみよう

でも残念ながらスゴイ人見知りなんで上手く話しできるかな?慣れてからはすっごい早いんやけどな〜。

3・4人ぐらいとは勝手な思い込みかもしれんけど仲良くなれたと思うんやけどね(^-^)人(^-^)

女性は1人だけいて、話しをしてたらどうやら同い年なんやって。
今どきの女性やけど感じのイイ女性やったから、チャラ女が苦手な俺にとっては話しやすかった

この女性は仲良くなったかも?の3・4人の内の1人なんよね〜


最後に重ちゃん、バイト紹介してくれてありがとう。
就活の空いてる時間を持て余してて、お金のない俺にはありがたい話しやったわ

1年の半分 

June 30 [Thu], 2005, 17:16
もう6月も終わりであっという間に1年の半分が過ぎてしまいました

しみじみとやけどホンマ月日が経つのは早いなぁ〜。最近は口癖のように言ってるような気がする

明日からは7月だけど、近畿ではようやく梅雨らしい天気になるみたい
梅雨入りしてからだいぶ日も経ったからこのまま終わってしまうんちゃうかと思ってた。
でもそろそろ水の貯水量が危ないって言ってたから、恵みの雨になるのかも。

明日からは夏季限定で屋外プールの監視員のバイトをやるから、カンカン照りの紫外線ガンガンの晴れ間よりは働きやすいかもしれん

ちょっとラッキーな感じ

ちょっとネックなんは移動やな。
できるだけ交通費はケチりたいからチャリを有効活用しようと思ってたけど、傘を持ちながらのチャリは辛いな(-゛-;)

ダーツ 

June 27 [Mon], 2005, 20:45
今日の東京フレンドパークの最後のダーツでフリーランダーが当たっていた。

チャンネルをポチポチ変えていたら、出演者の2人がでっかい鍵を持っていたからすっごいうらやましかった。

あのダーツやりてぇ〜

PRIDEミドル級GP 

June 26 [Sun], 2005, 23:43

PRIDEミドル級GPがあったんやけど、桜庭がアローナに完膚なきまでに叩きのめされ病院送りに、中村がシウバにちょっとくらいついたけれども1RでKO負けしてしまった。

これでGPから日本人は1人もいなくなってしまう淋しい結果になってしまった。

こういう試合を何度も見ていると、外国勢にはやっぱり勝てないんだなぁと思わされてしまう。

全盛期の桜庭選手のように、僕らをアッと言わせるような選手が出てきてほしいと切に願ったりしています。


山本”KID”徳郁選手に是非、PRIDE参戦をしてくれと望むファンは結構いるんじゃないでしょうか。

カスタマイズ 

June 25 [Sat], 2005, 4:21
ブログ検索で色々なブログを見さしてもらったけど、ブログをカスタマイズできるか、サーバーの重さはどうか等、詳しく書いてるサイトに巡り合った。

yaplogはカスタマイズできるスキンはあるが、もうすでに出来上がってていいデザインのスキンがある。まだカスタマイズできる程じゃないのでもう少し慣れたらしてみよっかな。
yaplogは1番サーバーが重いらしいけど、結構気にいって使ってるからあんま気にならんわ。

結局は現状維持ということにしちゃったけど(笑)


ピンパンのまゆちぃがブログにかなりハマリ、ついにカスタムをしていた。

前のよりもまゆちぃの個性が出て、可愛らしいブログに変貌を遂げていて、

スゲェ〜!!

ってうなってしまいましたf(^^;

VSブラジル 

June 23 [Thu], 2005, 20:30

今日は、コンフェデ第三戦のブラジル戦があった。
このブラジル戦で勝たなければ予選敗退が決まる大事な試合だった。

ギリシャ戦で機能したシステムの4−4−2で、スタメンも前回と同じメンバーでこの試合に臨んだ。
ブラジルは引き分けでもいい分、少しだけ余裕があるかもしれないが少なくとも親善試合とは違うブラジルと戦うことができるので、来年の良いシミュレーションになるのは間違いないと思う。

前半は、始まって早々に、どんどんワンタッチでボールが渡り、スペースにボールが出た。そして、右サイドを駆け上がった加地がそれを受けてシュートを打った。シュートはGKマルコスの股を抜けてゴールに吸いこまれたが、惜しくもオフサイドだった。
ラインズマンの微妙な判定で、やはりブラジルに勝たせたいのかなとも思わされる判定だった。

しかし、相手が強くても速いパスをワンタッチで繋いでいけば、十分に日本のスピードは通用するという事がこのワンプレーで証明されたと思う。

だけど10分には加地がロナウジーニョにボールを奪われカウンター攻撃を受けてしまった。日本は前線に攻めあがってた時だったので、ロナウジ−ニョが1人でそのままゴール前まで持ち込み、DFの裏に絶妙のタイミングで走りこんだロビーニョがパスを受け、ゴールを許してしまった。
やはりあの場面での加地のミスは致命的だった。抜かれた時は近くにいた俊輔も頭を抱えてる姿が映っていた。

その後にも、カカに持ち込まれて打たれたシュートが右ポストをたたき、こぼれ球を拾って中央に切れ込んだロナウジーニョにシュートを打たれた。
それは何とかGK川口が右手で触る好セーブで何とか逃れた。

スーパーおじいちゃん 

June 21 [Tue], 2005, 23:18
一昨日の19日に、宮崎マスターズ陸上競技大会の男子100 メートルの95―99歳の部を行い、宮崎県在住の原口幸三さん(95)が22秒04の世界新記録を出されたそうです。

今までの記録24秒01を2秒近く縮める素晴らしい走りだったそうです。

原口さんは2000年には同競技の90―94歳の部で18秒08の世界記録を出しているので、また次のカテゴリーで世界記録を打ち出したんです。

まさしく『スーパーおじいちゃん』です。
ご本人が嫌がられても勝手に言い続けます(笑)

原口さんは陸上以外にも水泳をしたり、自転車で移動したりと元気そのもの。
僕は若いのに負けてられないな、見習いたいなと思いました。

やっぱり死ぬまで健康に暮らせるのが何よりだと思うので、身体が衰えないようにしっかり運動を続けていこうと決心しました。

原口さん、感動をありがとうございます。
これからもお元気で、そして100歳と言わずに最後まで現役で頑張ってください。

VSギリシャ 

June 20 [Mon], 2005, 4:12


日本はコンフェデ第一戦でメキシコに1−2で敗れてしまったので、この試合は絶対に落とせない一戦だった。

しかし、メキシコ戦では柳沢の得点のシーンだけはよかったが、ほとんどの時間帯で全く日本らしさを出せなかった。
アジアでは機能していた3−6−1のシステムも通用しなかった日本は、4−4−2にシステム変更し試合に臨んだ。

前半は、再三ギリシャゴールを脅かすシーンを作ったが、玉田・柳沢の2トップはゴールを奪えなかった。
メキシコ戦とは違い、中盤でボールを自由に回せたので圧倒的に攻めていただけにもったいない前半だった。
守備は4バックで、サイドのクロス対策をしていたが、中澤のいない中の2人の宮本・田中の高さには不安があったが、意識の高いディフェンスで守ることができた。

後半も何度も決定機を作り出していたがなかなかゴールは奪えなかった。
だがまたあの男がやってくれた。後半20分に交代した『大黒』だ。
後半30分過ぎに福西が縦パスを送り、相手DFがはじいたボールを俊輔がダイレクトで大黒にパス。カラグニスと競りながらも撃った右足でのシュートがゴールに決まった。
大黒は必ずパスがくると信じ、しっかりと前のスペースに走っていたので、このゴールが生まれたんだと思う。

DF陣も高さで勝るギリシャのセットプレーやクロスをはじき返したし。GK川口の好セーブもあり0点に抑えることができて1−0で勝つことができた。

MA☆YOUさん、NANA-Aさんへ初トラバ 

June 19 [Sun], 2005, 18:35


THE PINK☆PANDAのMA☆YOUさん、NANA-Aさんへ初めてトラックバックすることにしました。


2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


この天気予報を貼りたい方は
「kyoto.chu.jp」へ

MyblogList
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rokuchan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる