うちの家庭教師 

May 30 [Tue], 2006, 1:40
私、7ヶ月間も中国に住んでいて、学校でも独学でも中国語の勉強をした事が数える程度しかありません。どうしても必要な場合の簡単な言葉(タクシーに乗るときや買い物をするとき等)しか覚える気になりませんでした。それだけ私の住んでいる地区は日本語が多く使われています。いたる所に、日系のレストラン、スーパー、美容室等があり、日本語の通じる店が結構あるので今まではそんなに困っていなかったのです。(勉強嫌いというのが半分以上ですが・・・) そして、この7ヶ月間私の得意言葉「ティンプードン(分かりません)」だったのです。
しかし、そんな甘いことを言っていられない状況になってしまいましたrokokoの幼稚園では先生はすべて中国人。日本語は全く通じません。何かあった時、幼稚園から連絡が来ても「ティンプードン」でごまかせる状況ではなくなったのです!!!それで決めました!!勉強なんて高校の時以来だけど頑張るぞと。今日は家庭教師が来る日でした。今日で2回目です。先生の名前はyuyuさん。とっても明るくて、笑い方の豪快な楽しい先生です。日本語もぺらぺらでよくしゃべります 彼女に「中国語なんて簡単簡単 すぐですよ!!すぐ!!(すぐ覚えられるという意味) ぐわっはっはっ(笑)」と言われると、「まっ、あなたにしたらそうでしょうけど・・・」と思いながらも不思議な事にそんな気がしてしまうのです。まっ急がずゆっくりと楽しんでみようかと思います

中国・上海にて 

May 29 [Mon], 2006, 0:50
中国上海に来て7ヶ月が過ぎました。当時2歳4ヶ月だった娘rokokoも、来月で3歳を迎えます。この、日本に居ればあっという間な7ヶ月という期間が、私にはとてもとても長く感じ、とにかく必死でした。
しかし、今まで毎日24時間べったり一緒にいたrokokomamaもついに別々の時間を過ごす日がやって来ました。
rokokoが5月から幼稚に通い始めたのです。台湾系のインターです。といっても英語の授業は一日に1時間でほとんどは中国語の授業です。場所は今私達が住んでいるマンションの敷地内にあるので送り迎えもかなり楽で、しかも朝・昼食が出ます。時間も8時半〜16時までと日系よりもやや長く預かってくれます。おかげでmamaはやっと自分の時間が持てるようになったのです。まずは今までサボっていた中国語の勉強から始めようと、金曜日から家庭教師に来てもらい週3日・1時間半の授業を受けています。まだ一日目ですが、早速くじけそうになっているmamaなのでした・・・
写真はンインといって、中国語の発音です。中国語を勉強する上でまず覚えなければいけないものです。簡単に言えば中国語を読む上での「ふりがな」のようなもので、日本語で漢字の読みかたを間違えれば意味が通じないのと同様、中国語でもピンインを正確に読めなければ相手に言葉を伝えることができません。まだ一部ですが書いてみました。疲れました
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rokoko-mama
読者になる
Yapme!一覧
読者になる