老犬の体臭を消す方法!シャンプーしても消えない体臭にはアレ!?

August 07 [Sun], 2016, 10:58

「最近、犬の体臭がひどくなったんだけど…!?」
と、あなたは悩んでいませんか?



犬の体臭がひどくなる原因はいろいろありますよね。

老犬であれば、老化もその一つになりますね。

それ以外にも、えさに問題があったり、腸の調子が悪かったり、
皮膚の表面に雑菌が繁殖したり…


それで、シャンプーをしたり、えさを変えたりしたものの…
全然犬の体臭が消えない、と悩む人は多いですよね。


「なにをしても消えない犬の体臭をなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?


■老犬の体臭の原因は?


老犬の体臭の大きな原因は加齢です。

加齢臭と言われていますよね。

犬は7歳くらいから加齢臭がするようになります。


それで、犬の加齢臭は人間とメカニズムは同じです。

加齢臭は酸化した脂質が皮脂と一緒に分泌され、
そこに雑菌が繁殖するので体臭がひどくなります。


脂質の酸化の原因は活性酸素です。

活性酸素が脂質に働きかけることで酸化します。


それで、若い時は活性酸素を取り除くことができるので、
脂質が酸化しないんです。

しかし、年を取ると活性酸素を取り除くことができなり、
皮脂が酸化するので加齢臭がするようになるんです。


ということは、年を取っても活性酸素を取り除くことができれば、
加齢臭を防ぐことができる
、ということになりますね。


7歳になる前から体臭が気になっていたのであれば、
体臭の原因は加齢以外であることが多いです。

しかし、7歳を超えてから体臭が気になるようになったのであれば、
それは、加齢臭だと考えていいでしょう。


■老犬の体臭を消すには?


体臭を消すにはシャンプーをすればいいのではないか
と思うかもしれません。

ただ、普通のシャンプーでは加齢臭を消すことは難しいです。


一般的なシャンプーは酸化した脂質を落とし切るだけの
洗浄力がありませんので、
シャンプーした後でもまたすぐに加齢臭がするようになります。


ちなみに、人が使う加齢臭用のボディソープはありますが、
犬用の石鹸は私は見たことがありません。

あれば使ってみるといいと思います。

ただ、人が使う加齢臭石鹸を犬に使うのは
あまりおすすめできません。

犬にとっては洗浄力が強すぎて、
皮膚への負担大きくなり炎症などを起こすかもしれません。


ただ、シャンプーなどで加齢臭を消すことができたとしても、
酸化した皮脂は分泌され続けますので、
結局、加齢臭はし続けるということになります
よね。

毎日シャンプーしたら犬の皮膚に負担がかかりますので、
それはしないほうがいいです。

そうなると、加齢臭をシャンプーで消すのは無理ということになりますよね。


それで、老犬の加齢臭を消すには、
皮脂の酸化の原因である活性酸素を取り除けばいいんです。

ちなみに、水素に活性酸素を除去する働きがある、
ということを聞いたことはありませんか?

水素は自然界の中で活性酸素を取り除く能力が
一番高いと言われています。

ですから、犬に水素水を飲ませることで、
脂質が酸化するのを防ぐことができるので、
加齢臭を防ぐことができますよ。


「ペットの贅沢水素水」は、
犬などのペットのための水素水です。

実際に使った人の多くが
「犬のニオイも気にならなくなり体調が良くなった!」
などと満足しているんですよ。


老犬の体臭を消して、においを気にせず愛犬を抱きしめたい
と思っているあなたに「ペットの贅沢水素水」はおススメです。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

【ペットの贅沢水素水】詳しくはこちら




























.