ニューギニアダトニオのめーぐる

January 12 [Tue], 2016, 15:24
連日、ニュースで様々な事件が報じられていますが、気になったのがかにかに詐欺などと一部では呼ばれていたりするそうですが、つまりは、かにの注文をだしにお金を騙し取られる詐欺です。オレオレ詐欺のように自分は大丈夫と思っていても、アンケートと言われるとつい警戒心を解き相手の術中にはまってしまいます。電話でのやりとりの欠点として証拠が残せないものの、断ったつもりで安心していると数日が経った頃、断ったはずのかにと思われる大きな宅配便の箱がどーんと届けられ、初めて詐欺にあったことに気付くというわけです。また、通販会社の中には、大きさも品質も最上級の品揃えと保証しながら、まるでどこかの国で発覚した杜撰な食品管理の話のような、衛生的とは言えない品質のものを送ることまであるそうです。法律的な考え方はともかく、こんなやり方は詐欺も詐欺、悪質な手口だと思いませんか。こうなったら、あらゆることに注意をし、知らない人の誘いに乗らない、アンケートには絶対に答えないなど、不用意な接触を断つことがいいのかもしれません。かに通販の目玉として、ポーションが案外目立ちます。殻をむき、中身を取り出したと考えてください。多くは箱詰めの、むき身のかにです。みんながすぐに食べられるというのもありがたいですし、殻が割れたり、傷がついたりという訳あり品を加工することが多く、加工してあるのに比較的安いといううま味もあるのです。寒い冬、美味しいものは数々あれど、味でも価格でもトップを譲らないのは、かにですね。かにといえばここと誰もが知る名産地の漁港から、クール便で届けば安心ですね。いざ買う段になると、かにを選ぶ自信がなくなるもので、実物を手に取れない通販の場合、特に難しいですよね。悩みがちなかに好きのあなたにだけ、内緒で教えてあげます。ポイントは3つです。産地というのはもちろん、いの一番に考えなくてはいけないものです。有名なかにの産地は、旅行先としても大人気ですが、旅行しなくても有名産地のかにを食べたい人のために販売もしてくれるところもあり、ありがたいですね。そんなかにを産地から直接送ってもらうというのが2点目ですね。更に、ネットの業者比較サイトや口コミサイトなどの要素をプラスしてかに販売店を選べば、美味しいかにを手に入れたも同然ですね。高嶺の花だったかにを身近な存在にしてくれるのは、リーズナブルな値段で高品質のかにを提供してくれるお店です。家族にも食べさせたい。そんな希望を叶えるのにはかにの通販がいつでもどこでもインターネットや電話で注文できてお手軽だと話題です。通販で買えばいつでも満足できるかにが買えることを確信しているのは、家の近くのスーパーで売っている引取り手のない冷凍庫のかにの惨状を見るにつけ、通販の新鮮で安心な高品質のかにが食べられるのは大きな魅力ですね。通販のかには品物が悪いといった昔の常識は優良業者に限ってはもう当てはまりません。それから、びっくりするほど安く買えるのも大きな魅力で、スーパーのものより安い価格というのがほとんどで、大きな魅力となっています。かに専門店ならではの変り種のかにを安く出してくれることもあり、お得意様になってもいいかもしれません。何はともあれ、味がおすすめのかには何でしょうかと聞かれますが、私の一押しはズワイガニです。ズワイガニは、産地の名を冠するかにが多く地域ブランドのかになので、皆さんご存じの松葉ガニや越前ガニなど、地域の名がつくようなズワイガニは、味の保証ができます。お値段高めはご容赦いただいて、ブランドズワイガニは味噌まで味の保証付きです。昔からある詐欺の手口で、自宅に突然蟹が送られてくるというのがあります。いわゆる蟹通販詐欺と言われる詐欺の手口です。よくあるケースでは、代引きで送られてきて、家族が買ったものと誤信し、支払ってしまうので詐欺師の思う壺です。本来なら支払いを拒むべきなのですが、そこまで高い金額でもないし、一度商品が届いてしまったものは仕方ないかと思って諦めてしまうケースがまま見られます。少しでも変だなと思う荷物が来たときには、まずは詐欺ではないかと疑ってみるのがいいでしょう。ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。ズワイガニというと、おそらくまあ、大きければいいという感じで決めていることが多いでしょう。大きさもさることながら、もっと重要な点もあると知れば、失敗はしません。かにの重みを調べていますか。殻をはずしてみたら、全く身が入っていなかったという悲劇は後を絶ちません。持って確かめられるなら、重みをチェックするのは当然です。渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。これは横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、瀬戸内海を代表する蟹として知られ、他にも有明海や大阪湾などで水揚げされますが、最近では日本産は減り、高級品となっています。食用の蟹の中では特に大型であり、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、特に瀬戸内海では蟹といえばガザミ(渡り蟹)を指すほど代表的な蟹です。昔から、渡り蟹といえば、茹で蟹や蒸し蟹にする方が多いようですが、パスタや味噌汁の具、また韓国のチゲの具材としてもよく使われます。他のかにと同じく、通販でズワイガニをさがすならば、カタログやサイトをよく見て、訳あり商品をチェックしてください。ほとんどの通販では、訳ありの理由を示していますが、多くは市場に出す基準に合わない大きさや、中身に害のない傷がある品ばかりですから、風味に問題があるわけではありません。時には、通販限定の激安価格になっています。限定品で大量購入できないこともあるようですが、訳あり商品をねらっていくのが通の買い物ですよ。多くのブランド蟹が知られていますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。繊細な風味もいいですし、何より蟹本来の旨味、甘みが詰まっています。このズワイガニの魅力を知った人は、もう他の蟹では物足りなくなるでしょうね。ズワイガニには、産地やオスメスによっていくつもの種類がありますが、それを見分けるのが、脚に付けられたタグという目印です。タグのある蟹は、ブランド蟹として品質を保証された蟹ということになります。ズワイガニに限らず、ブランド蟹の購入時にはタグを確認するのをクセにしてください。夕食のテーブルにかにがあるだけでパーティー気分になれた経験はなぜか強く残っているのではありませんか。まるまる一匹のかににお目にかかったなら、確実にみんなが笑顔だったでしょう。かにの産地でない限り、地元のスーパーでは一匹丸ごとのかにを売っていないところが多いでしょう。その問題を解決できるのは通販で、上手く利用すれば本当においしくて安いかにが手に入り、お財布にもやさしいでしょう。蟹と言えば高級食材ですよね。そんな蟹を安く食べるには、あなたはどうすればいいと思いますか?大抵の方々が蟹を最安値で買えるのはスーパーだと予想しているでしょう。意外かもしれませんが、「もっと安く蟹を買いたい!」という方もいるでしょう。安心してください、よりお得に蟹が食べられる方法があるのです!一体全体どうしたらいいのか?それは、通信販売を利用するのがベストです。この場合訳ありの蟹を安値で買うことができ、圧倒的にお得です。こうすれば、蟹を安く手に入れることができます。少し見た目が悪くても、一番お得な方法です。通販でかにを買う方にはタラバガニは不動の地位を占めていますが、買う前に十分業者のことを調べてください。アブラガニという安価なかには、タラバガニにそっくりです。素人目には見分けがつかないそうです。何の疑いもなくタラバガニを買ったところ、よく見たらアブラガニだったということも実際にありましたので他の食品と同じくお店の評価もしっかり確認してください。美味しい蟹が食べたいですよね。私も蟹が好きなので、蟹通販をよく利用しています。ですが、いくつか注意するべきポイントもあります。通販ではお店と違い、現物が見えないので、何キログラム、何杯など、量の確認は入念にしましょう。購入者を欺こうとする悪質な業者もいるのです。それ以上に大事なのが、冷凍された蟹の解凍です。解凍にはコツがあります。何より、時間をかけて慎重にすることを心がけましょう。初心者は往々にして、急いで解凍して蟹のうまみを台無しにしてしまうものです。テレビなどで美味しそうなカニ料理が出てきたりすると、無性に食べたくなって困りますね。かにを注文しようとサイトをチェックしても通販会社がズラリ軒を連ね、豊富に取り揃えられたかにを見ているだけでも幸せを感じますね。これだけのお店やこれだけのかにの中で今食べたい旬のかにを選ぶのは、楽しい作業ではありますが難しくもあり、決めるに当たっては迷ってばかりいても仕方ないのでしょうが、でも選び方はいたって簡単です。人の尻馬に乗ってしまうことです。つまり真似っこをすればいいのです。もちろん、失敗もありえますが。美味しいかにを食べるために、その基本は押さえておきましょう。人気が今どこに集中しているのかを探るには、デイリーランキングや売れ筋ランキングなどをこまめにチェックするのが効率的です。何度かいろんなかにを楽しむうちには舌もそれなりに肥え、かにの本当の美味しさや、楽しみ方、季節に合わせたかにの変化が見つかることもあるかもしれません。家族で好みが分かれてしまった場合は仕方ないので1回ずつ交互に買うなど工夫していきましょう。ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。そしてまず、蟹のふんどしを外します。これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。その後、甲羅から足を取り外します。腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。ここまでで形になりました。最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておくというのが捌き方の基本手順です。松葉ガニのメスを、ある時期セコガニと呼びます。どちらかといえば、松葉ガニより小さいカニがほとんどですが卵が甲羅の中に詰まっており身も濃厚な味とされていて、松葉ガニよりおいしいと買い求める方が一部で知られています。とても出回る期間が短く、一年の内で11月から1月の間でしか水揚げされることはなくその意味でも非常に貴重なかにです。かにのお歳暮、もらった方は喜ぶでしょう。かにを買うときには、ここだけの話、注意してほしいことがあります。何のことかと思うでしょうが、店頭には多くのかにが並んでいるでしょうが、自分でかにを選ぶ手間を惜しまないことです。かにの選び方に自信がないためですが、自分が選ぶよりましだろうと決め込んでいると、見た目は変わらなくても、どこかに問題のあるかにを買うことになるかもしれません。大事なお歳暮用のかにですから、実績のあるところから買うことを勧めます。蟹を調理していく場合には、蟹がどんな状態にあるかにより気を付けるべき点がそれぞれあります。その注意点のうち特に大切なことと言えば、冷凍蟹を解凍するときどうやるかということです。多くの人々は解凍の時間が勿体ないからと、水の中に蟹を入れてしまうことがあります。そうしてしまうと、蟹にとっての大事な旨味が逃げてしまいますので、冷蔵庫に入れて、時間をかけて解凍してください。蟹通販では実に様々な種類の蟹を買うことができます。中でも今まで蟹通販を利用したことがないという方にお勧めなのは、水揚げ後すぐに茹で、新鮮なまま冷凍した蟹です。冷凍を勧められると、多くの方は意外に思うでしょう。しかし、生の蟹はいかに新鮮とはいえ、素人が簡単に捌けないという難点があります。茹で蟹はあれでいてなかなかコツが難しく、一般家庭では大変なので、そういった下処理が終わっている状態の商品を選ぶほうがいいのです。かに通販が美味しいと知人に勧められ、初めて買ってみました。お取り寄せには適した品物ってあると思うんですよね。ただ遠いからというだけでない理由で、かにはお取り寄せ最適品なんです。一度にたくさん買えること、それが一番のメリットです。一度でも持ち帰ったことがあれば実感できますね。心ゆくまでかに三昧のできるほど買ったとしても文句を言う人は誰もいないのです。力持ちの業者さんが玄関、もしくは、希望すればしっかりと家の中まで大きさ、重さに関係なく運んでくれますから手間がかかりませんね。クール便で届くので、なるべく早く冷蔵庫に運び入れる。大変なのはそこだけです。鮮度と最高の味わい、直送されることでいつでも手軽に手に入れることができるようになったかにを自室でくつろぎながら最高の状態で頂くという究極の贅沢がお取り寄せの最もいいところかもしれません。とれたてのかにが出回る頃にはかに好きならずとも、食べたくなるでしょう。まして、寒い時期に食べるかに鍋は冬の楽しみを味わえます。もし、鍋を作るときに一手間かけられるなら、かにをスーパーなどで買うと少々もったいないので、市場から直接手に入れるともっと鍋をおいしくできるでしょう。市場が近くにない方は、産地直送の通販を探すのも近頃では常識です。かに通販のお店にも、訳ありの商品があるって知っていましたか。訳というのが何で、食べてみて正規品とどこまで差があるのか。気にしなければいいというわけでもないですね。お店によって基準もバラバラですが、あくまでも生鮮食品ですから、鮮度が極端に落ちているとか、味に問題があるようなものは出回りません。ほとんどは大きさが揃わず、極端に大きいものや、小さいというのも基準を外れるので訳ありの仲間になります。人間と同じで、「みんな違ってみんないい」はずなのにそうではなく、他とのつりあいで外れるかにもあります。食べるわけでもない甲羅にほんのちょっと傷があるものなんて、訳ありで買ったら申し訳ないくらいですね。こんな些細なことが訳あり品の原因だったなんて、王侯貴族ならともかく一介の庶民は気にもしないでしょうし、安心して購入し、思う存分かにを堪能してください。蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。お知り合いや家族に、産地直送の新鮮な蟹をお歳暮で贈りたい人が多いでしょう。しかし、贈る前にこれだけは気をつけましょう。何より新鮮さが落ちてしまうと、風味や味わいも落ちていく上、最悪は、食あたりのリスクも孕んでいます。最悪の事態を招かないためにも、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。留守だと届くのがさらに遅くなるので、相手が家を空けている時間を避けて送ることも忘れてはなりません。今日では、楽天市場をはじめとする多くの通販サイトで蟹通販を利用でき、全国各地で水揚げされた新鮮な蟹を購入できるようになりました。とはいえ、通販ゆえの注意点もあります。何より実物が見られませんから、どう選べばいいか分からない方もいるでしょう。そんなときには、レビューに一通り目を通しておけば、リスクは抑えられます。そこでは良いレビューと悪いレビューを見分ける目も必要です。第一には、サクラ、ヤラセによる高評価を見抜けるようになることです。サクラを見抜くのは簡単です。レビュー件数自体が少なく、悪い評価がほぼなく、好評価ばかりが不自然なほど多ければ、おそらく業者が人を雇って書かせたヤラセ評価です。皆さん、どんなことに気をつけてかにを茹でていますか。一番目のポイントは、うっすら塩ゆでです。入れすぎると身が硬くなるので、塩味がついたな、くらいの塩分で十分です。丸ごと茹でられないくらい立派なかにだったらもう、甲羅と脚は切り離してしまいましょう。鍋からはみ出さないように茹でた方が良いです。お湯や鍋が汚れない程度に、全体をきれいにしておくときれいな状態で食卓に乗せられます。蟹の品種も様々ですが、通好みの蟹の一つとして花咲蟹が挙げられます。初めて聞いた方もいるでしょうか?茹でたときの赤色が花が咲いたように見えるからという由来もある花咲蟹は、北海道本島の最東端、根室の花咲で主に獲れる蟹で、味わいは上質で、煮たり鉄砲汁の具にするなどの食べ方が好まれます。花咲蟹の肉は太いですが、意外なほどの柔らかさもあり、タラバガニほどではないですが大きく、身入りも上々です。夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいといわれ、7〜9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。テレビの通販番組でも蟹はよく出ています。それを見て巧みな宣伝につられ、蟹通販の利用を検討した人もいるかと思います。ですが、今は通販のメインもネットにシフトしている時代。まずはネットでどのくらいの価格で蟹を売っているのか、ちょっと検索してみましょう。その理由は、テレビ番組を通じて買うよりも、ネットで注文した方が良いものを、お得な値段で買える場合が多いからです。ただし、WEB通販には詐欺やトラブルのリスクが付いて回るので、気になる方はネットよりもテレビの通販番組で蟹を購入したほうがより安心して蟹を味わうことができるでしょうね。ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。ある場所では、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。逆に、雄より小さいセコガニは脚の身も当然少ないのですが、味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、大方は、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。北海道に行った時、購入したことがあるお土産物屋さんから、広告のファックスが届き、通信販売ならすぐ送ってくれるし、食べない手はないと、早速注文してみたのです。あまり期待はしていなかったのですが、想像以上に美味しく、感激しました。コンピューターが各家庭に行き渡るはるか前から、かにを食べたいと思う人がいて、かにを送ってくれるところもあったというわけです。当時は、生ものの発送という画期的な試みがいやだと抵抗を感じる人も多かったので、高いお金を払って通販でかになんか買ったって品物があまりよくないと聞いたりして、信用できませんでした。ただ、現代は淘汰の激しい時代であり、そんな中生き残っているかに通販のかにが美味しいのは、当然です。味は私が保証します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaito
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/roiar5enniwvco/index1_0.rdf