プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:roheceflsalsfv
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
グーグル、メタウェブを買収――複雑な検索に対応していく構え / 2010年07月20日(火)
 米国Googleは7月16日、各種情報のデータベースを所有し、特定のトピックに関するコンテンツをWebサイト上でまとめたいと考えるサイト運営者に提供してきた米国Metawebを買収したと発表した。両社は買収額を明らかにしていない。

【詳細画像を含む記事】

 Googleによる買収では一般的なことだが、Metawebは既存の顧客サポートは継続するものの、Google傘下に入ったのちは新規顧客を獲得していくつもりはないと述べている。

 こうした事態を受け、Googleのライバルである米国MicrosoftがMetawebを利用し続けるのか否かに注目が集まっている。Metawebによれば、「Bing」は検索結果および画像検索結果ページで「Instant Answers」を提供するため、Metawebを用いているという。Instant Answersは、結果一覧より前の位置、すなわち検索結果ページのいちばん上に質問に対する回答を表示する機能だ。

 Googleに買収されたMetawebとの今後の関係や会社としての方針などをMicrosoftに聞いたが、コメントはまだ得られていない。

 Googleは、ユーザーが検索エンジンに入力する複雑な質問により妥当な答えを提示していくのに、Metawebは大きな役割を果たすだろうと話している。同社の製品マネジメント担当ディレクターを務めるジャック・メンゼル(Jack Menzel)氏は、Google検索エンジンは人や出来事についての事実を解析できるため、例えば「バラク・オバマの誕生日」のような事実に基づく検索クエリには答えを返せると、今回の買収に関するブログ記事の中で説明している。

 しかし、「西海岸にある大学で学費が3万ドル以下のところ」といった文章に対しては、適切な結果を提供するのが格段に難しくなるという。「非常に答えにくい複雑なクエリだ。だが、Metawebを買収した今、われわれが力を合わせれば、この手の質問にふさわしい回答を表示できるようになると信じている」(メンゼル氏)

 現在のMetaweb製品ラインアップには、ユーザーが自分のWebサイトやブログ投稿に埋め込むことのできる、さまざまなトピックに関する情報検索ボックスや、Webサイト運営者が「Twitter」および「Hulu」、もしくはカスタム・データ・フィードなど特定のコンテンツ・ソースに問い合わせできるようにするツールが含まれている

(Nancy Gohring/IDG News Serviceシアトル支局)

【7月20日13時33分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100720-00000001-cwj-inet
 
   
Posted at 15:52/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!