レーシックは老眼軽減の手段の1つ 

2009年09月17日(木) 17時03分
レーシックと老眼についてですが、結論としては病院によってもその人の目の状態によっても様々なケースがあり、一概にこうだと結論づけるのは難しいというところのようです。しかし、レーシックは白内障や老眼治療の中でも補助的役割が多く、遠近両用レンズなどを用いる際のピント合わせの役割や、モノビジョンといって片目をレーシックで近視を治療した目にし、片目には近視を残しておくといった形で遠近両用を使い分けるといった方法などもあるんだとか。いずれにせよ、老眼自体をレーシックで治すというのは無理で、レーシックは老眼を軽減するための方法の1つとして用いられるということのようです。レーシックのメリットやデメリットを聞いたうえで老眼に対してどれだけのメリットを発揮するかを考え、手術を行いましょう。

レーシックは老眼を早める? 

2009年09月17日(木) 17時02分
レーシックをする際に心配されることの中で、手術の失敗は常につきまといますが、その他に後遺症として老眼を早めるといったことをよくききます。これは、ある意味一理あるのですが、老眼は誰にも訪れるもので、目の良い人が老眼になるとされています。目の悪い近視の人は逆になりにくいとされていて、レーシックをして目がよくなるとつまりは後に老眼になるということから、そのままレーシックをせず放置するより老眼になるのはもちろん早まるので、そう言われるというわけなんです。なので、老眼が近い年齢の人などは病院のほうからレーシック手術をしないことをすすめられる場合もあるんだとか。いずれにせよ、レーシックは社会保険のきかない高額なものなので、慎重に考える必要があります。

レーシックで老眼は治る? 

2009年09月17日(木) 16時10分
レーシックで老眼が治るのか?という話はよく聞きますが、乱視にしても同じことなのですが、人それぞれ度合いも異なることもあり、また、クリニックによって見解も違うことも多く、一概に治るとはっきり言うのは難しいようです。レーシックで老眼は治る場合もあるし、治らないというクリニックもあるようです。本当にどんな病もそうですが、病院によって判断や費用はまちまちで、どれが正しいともいい難いところがあります。老眼をレーシックで治すということに関しても、一度病院で診察を受け、いくつかの病院でみてもらうのも良いかもしれません。