合成発色剤と食品添加物

August 15 [Thu], 2013, 7:29

植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている揮発性の物質が、肝臓が持つ解毒酵素の機能的な生成活動を支えているかもしれないという新たな事実が判明しました。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルの一つのスルフォラファンというブロッコリーに含まれる物質が、肝臓が持っている解毒酵素の円滑な生産を支えているかもしれないという新たな真実が明らかになってきたのです。

ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性のV.C.(ビタミンC)やV.E.などとは性質が違い、細胞と細胞の間の水溶性部分や脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化を予防する効果に優れています。

UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短く、大気中に存在しているオゾン層でその一部分が吸収されますが、地表まで達したUV-Bは皮ふの表皮内で細胞のDNA(遺伝情報)を損壊させたりして、皮ふに良くない影響をもたらすのです。

常在細菌の一種であるブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒素が極めて強大な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)に分けることができるのです。



内臓脂肪が多いことによる肥満が診られて、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2〜3項目に相当する様子を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼んでいるのです。

パソコン画面の細かなチラつきを軽減させるレンズの付いたPC専用メガネがことさら人気を集めるのは、疲れ目の軽減にたくさんの方々が興味を抱いているからです。

侮ってはいけないインフルエンザに適応している予防するための方法や医師による処置というような必須とされる措置自体は、それが季節性インフルエンザでも新たに発見された新型のインフルエンザであっても一緒なのです。

最近スチームファーストが流行しています。風邪予防など除菌効果があるからです。

スギの花粉が飛散する頃に、まだ小さな子どもが体温は平常なのに頻繁にクシャミをしたりずっと鼻水が止む気配をみせない状況だったなら、もしかしたら杉花粉症の恐れがあるかもしれません。

お酒に含まれるアルコールやお薬、合成発色剤を始めとした食品添加物などの物質を特殊な酵素によって分解し、無毒化する働きを解毒(げどく)と言い、肝臓が果たす最も重要な仕事のひとつなのです。



ハーバード大学医学校の研究結果によれば、一般的なコーヒーと比較して毎日2カップよりも多くカフェインレスコーヒーを代用することで、驚くことに直腸癌の発生リスクを約半分も減らせたのだ。

常識的には骨折に至らない位のごく僅かな力でも、骨の限定された部位だけに幾度も持続的に力が加わることで、骨折が生じてしまうことがあるので油断できません。

真正細菌の一種である結核菌は、菌に感染した人が「せき」をすることで外気や内気の中に放り出され、空中にフワフワ動いているのを違う誰かが呼吸の際に吸い込むことにより次々に感染していくのです。

常在細菌のひとつであるブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力が強大な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒素が微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種類が存在します。

インフルエンザ(流感)に適応した予防の仕方や治療法というようなベーシックな対処策は、季節性のインフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザであってもほとんど変わりません。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ToIgrgrg
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/roel3psi/index1_0.rdf