時期は適宜・随時の血タンポポ茶のルピシア  

November 29 [Thu], 2012, 2:09
"プロラクチンの血中濃度は女性では通常1.4〜14.6ng/mlですが、ストレスや乳頭刺激により増加しますので、採血をおこなうときには配慮しておく必要があります。



テストステロン(男性ホルモン)

男性の主に精巣(睾丸)から産生分泌されるホルモンですが、女性でも副腎皮質や卵巣から少量は分泌されており、多嚢胞性卵巣症候群という卵巣機能障害ではテストステロンの血液レペルが60ng/ml以上の高値を示すとされています。

男性ホルモンであるテストステロンの増加は、毛深くなる傾向や食欲増進効果から、肥満傾向をもたらしやすいと考えられています。

月経期に受ける検査
黄体形成ホルモン(LH)
卵胞刺激ホルモン(FSH)
血液検査で脳の下垂体からの性腺刺激ホルモンの分泌を調べます。このホルモン分泌は周期的に変勤しますので、月経期に検査をして基礎値を確認します。

このほかに、月経血を採取して結核菌感染がないかどうかを検査します。



黄体形成ホルモン(LH)

下垂体から分泌されるホルモンで、排卵期に一時的に増加し、排卵が起こるきっかけをつくります。さらに黄体を刺激して、卵胞ホルモンおよび黄体ホルモンの分泌を促進します。



卵胞刺激ホルモン(FSH)

下垂体から分泌されるホルモンで、卵胞を刺激して成熟させます。排卵期には一時的に増加しますが、月経期の値が高いようでは卵巣は常に強い刺激にさらされている状態で、排卵誘発剤でさらに刺激を追加しても卵巣の反応が見られません。" 目が点点点
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:roei93kr
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる