ドワーフペンシルフィッシュがおみんちゅ

July 08 [Fri], 2016, 16:03
介護機関で働く介護士は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。忙しいかどうかは、介護施設や、診療科によっても違ってきますが、人気のある診療科や医師のいるところでは待合室に患者があふれるようなことにもなって、対応には時間がかかるでしょう。

クレームが入ることもよくあります。どんなスキルが必要になるか、ということもどの診療科で働いているか、どういう介護施設かによって大きく違ってくるはずです。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている介護士は多いですし、増えてもいます。ただし、そうしてうまく、再就職ができるのか、できないのかというのはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。

よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、出戻りもしやすいはずです。こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。

それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして出戻ってきて、働く人も増加中です。

かつての介護士はほとんどが女性の職業でした。

ですが、近年は介護士の名称が認知されていることからも分かるように、男性の介護士も多いです。

実際の現場に必要になる介護士としての能力を考えるならば、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。


女性の持つ優しさだけではなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、これからの介護士にとって大切な要素だと言えますね。



一般的に、介護士の休みは、職場によってそれぞれ異なるようです。
とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、シフトに沿っての仕事になりますから、休日勤務や平日休みになることが一般的です。別の見方をすれば、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と関わることが多いので、不潔な印象にならないよう、髪形にも注意しておきましょう。自分が患者なら、どのような印象の介護士に信頼を置けるかを考えながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが大事です。勤務先によって、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを覚えておいた方が良いと思います。


介護士の勤務先は、介護施設だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。


「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても介護士は必要とされています。


グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、気を付けて接する必要があります。


介護関係に携わりたいという介護士の方は、勤務先にグループホームを選択することもいいのではないでしょうか。

交代勤務を代表に介護士の仕事は大変ハードでも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。
受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、きちんと次の担当介護士がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。伝言程度で終わるケースもあるとはいえ、症状に対する重要な処置の方法などに関しては間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。
職場にもよりますが、介護士の給料というのは、他と比べると、女性の仕事としては、けっこう良い給料をもらうことができます。
人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当もきっちりもらえるから、ということです。

他の人より夜勤をたくさんこなしていたり仕事の虫で、残業も苦にならないというような介護士ですと、給料はもちろん、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。今日のところ、日本では経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る外国人介護士候補生の受け入れを行っています。ですが、日本語を使った介護士国家試験に3年間の滞在期間中に介護士資格の取得ができなかった場合には帰国しなければならないと決まっています。


勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、国家試験に受かり介護士となるために勉強までしなければならないということで、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。


スキルを上げて「有能な介護士になりたい」と願うのなら、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。

事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといった単純な業務とは言えませんから、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。ところで、更なるスキル向上を狙って働く場所を変えようとするケースもあるようです。
救急や最先端の介護を行なう大きな介護施設などで働くことにより、自分の介護士スキルの質を上げていこうとする、チャレンジ精神からきた動機です。介護士と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。なかなかきつい仕事であることは確かですし、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、何より介護現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。

大変だと知りつつ、介護士という職業を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、難点を補って余りある長所も多いということに他なりません。
給料についてですが、介護士の場合は個人のクリニックなのか、大規模な公立介護施設なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。退職時につく手当、退職金はどうかというと、都道府県や市町村などによる公立介護施設や、あるいは国立の介護施設なら、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、そうした規定に沿って支払われます。

ところが、個人介護施設の方では、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、介護施設のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。



勤め先が公立介護施設の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は介護施設次第ということです。

一般的に、介護士は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、絶対に夜勤が必要になる職業です。
実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、勤める介護施設が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。

2交代勤務では、夜勤が17時間近くなって長時間勤務になり、3交代勤務での夜勤となると、休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。応募する介護施設がどういった交代勤務を採用しているのか理解しておいてください。介護士の中でも国家試験をパスした正介護士になるには、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが必要不可欠になります。介護士試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通う人も増えています。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、看護学校が行っている通信教育課程があるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。他の仕事と違い、介護士が職場で勤務する時間というのは、実は意外と調整しやすいようになっています。
他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、子育てと両立させながらなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。



子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、なんとか対応していける主な理由は、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。

基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。人間関係について言えば、介護士の世界は最悪に近いと、当たり前のように囁かれたりしていますが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。

一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすくそうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。

あまり健全ではない、そんな空気の中にいてやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと納得しておくと良いかもしれません。
国外で助けを求めている人に、介護士として役に立ちたいと思案している介護士の方もいるでしょう。



海外でも介護士の需要は大きくなる一方で、笑顔で患者を支えることの出来る介護士は、多くの国で求められている職業です。

海外で介護士になる場合、患者との円滑なコミュニケーションのために英語が必要不可欠なのです。


介護士として海外で働きたい場合、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。介護士には夜勤がつきものですが、夜勤をすると体調を崩してしまうならば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。

注意しておかなくてはならない点として、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある介護士と比較して給料の額が減ってしまうことが少なくありません。



将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。
皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、介護施設などの介護の現場で働く人々がより必要性が高まると考えられています。そういった理由で今日でさえも介護士が不足していることが指摘されているのですが、今後もそれが継続すると考えられています。
年ごとに多数の介護士が新たに生まれているのにもかかわらず、今なお介護士の数が十分でないのはなぜかというと職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も原因として挙げられます。


介護士という仕事をしているのは女の人が多いので、人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて離職率が高めの仕事であると言えます。

加えて、勤務時間がばらばらであることや、キツい仕事だということも原因となり、結果的に離婚してしまう方も多いようです。



収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚へつながる一因とも考えられます。

病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、近年においては一段と介護施設を利用する必要のある人たちが増えていっています。

ということは、介護士に関してももっと多くの人手が必要とされているのですが、介護士が足りなくて困っている、という介護施設はたいへん多いのです。



ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、人材を求める介護施設がそれだけたくさんあるということでもあって、介護士にとっては、転職がやりやすいといった良い面もあるのです。
法律において、介護士というものは医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。


介護士が介護行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますただ、急変時や、切迫した状態では、キャリアのある介護士にはそれなりの介護行為も認めるべきだと思っています。
全国的に介護士が不足している現状は社会問題に繋がっています。


原因は様々ですが、その一つとして過酷な労働環境があります。
近年、介護士の介護行為が解禁されたことで介護士が覚えなくてはならない仕事が増えて、勤務時間も長時間になって、休みを取るのも困難なのです。あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、介護士を退職する人も珍しくありません。介護士とはどんなイメージを持たれているかといえば、よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、世間一般では職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。

とは言え、介護士の勤務の実情に着目してみれば、収入はそこそこあるとはいっても、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている介護士も少なくないのです。

プラス面だけに着目せずに、本質的に介護士の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。

最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として介護士があります。職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、経験が浅いと必然的にシフト勤務になると思います。

妻の話ですが、まだ子供が小さかった時に介護士としてシフトに入っていたために、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので大変でした。



皆さんご存知のように、介護士は離職者が多い職業ですので、転職率も同じように高い傾向があります。
このような傾向から、転職サイトの中でも介護士専用のものが多種多様に存在しています。

これらの転職サイトを積極的に活用すれば、さらに効率よく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の介護士にぜひ利用してもらいたいです。それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを一緒に活用することをお勧めします。
介護士として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、育児との両立を目指す介護士にとって大きな不安要素となり得ます。

子供が小学校に入るまでならば24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。



ですので、子育て中の介護士の中にはパート勤務に移行していくという方も多数存在するようです。

職業上、介護士という立場では喫煙者が減っているように思います。

実際のところ、そのイメージ通りに一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。

介護施設で働く職業上、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、注意している人が多い状況だと想像できますね。

実は同じ介護士でも格差があるのはご存じでしょうか。

たとえば正社員として働く介護士は月給制です。でも、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。時給がどのくらいなのかというとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが世間の相場みたいですね。パートの仕事の割にはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、専門職である人命に関わる介護士であり、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、つくづく安い値段ではないでしょうか。

業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、介護士の仕事はかなり厳しいものですから、しんどさを覚える場面も多いはずです。
二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、多くの介護士が自然な生活のサイクルを失い、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。心身ともに大きな負担のかかる仕事ですから、これによりどんどん疲れていって、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、心身への負担をしみじみと思い巡らすようなことになるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯真
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rodo8aol0pbftl/index1_0.rdf