休学理由書 

April 16 [Sun], 2006, 14:45
バイトとバイトに挟まれた日曜日。1日だけのオフです。お休みを利用して、編入先の大学に提出する「休学理由書」を作成しています。

が、上手く書けない…いや、上手く書く必要なんてないのかもしれないけど、なんか納得いかない。もともと私は、「理由」を書くということが本当に苦手なのだということを、就職活動の失敗から学んでいるわけだけれども、それって人生を生き抜く上でかなり致命的な欠点のような気がする。はぁ。

5月1日から、ドイツ。いよいよだ。行って、私はどうなるのだろう?なんにも変わらないのかもしれない。けどそれならそれでいい。当初の計画通り、帰国後編入先での大学生活を精一杯頑張ることだ。新しい気持ちで日本の毎日を送ることぐらいはできるようになるはず。いろんなことに感謝できるようになるはず。

もし何もかも変わって、ずっとドイツにいたいと思うようになったら…?それも面白いね。もしそう思うようになったなら、それもワーホリの1つの成功の形だと思うから。

具体的に荷物のパッキングを始めないといけない時期に差し掛かった。けどそれは火曜日以降にお預けして、今日は休学理由書とダ・ヴィンチ・コードでまったり過ごそう。

こころ あめ 

April 09 [Sun], 2006, 19:25
心が晴れない。どうしていいのか分からない。

早4月… 

April 04 [Tue], 2006, 14:31
とうとう4月になってしまいました。5月1日の出発まで、もう一ヶ月ありません。どうしよう、どうしよう、という焦りばかりが心をしめています。

がっ!焦りながらも、今の生活を楽しむことも忘れていません。今日はとっても嬉しいことがありました。それは、オークションで櫻井翔君主演の舞台「ビューティフル・ゲーム」のSS席のチケットを購入できたことです。12000円のところ、なんと4000円で!三分の一ですよ〜超嬉しいです明日、観に行きます。。

翔君が初めて単独主演で舞台をやると知ってから、ずっと行きたいと思っていました。そして行くなら、絶対SS席で見たいなと思っていました。けど、12000円なんていうお金、今の私にはとうてい作れそうもないだから、諦めていました。

けど、4月に入って、少し手元にお金が残るようになり、4000円のチケットを買うことができたのです。いや〜、オークションって素晴らしいですね。落札したのが4月2日、入金したのが、4月3日、そんで今日、4月4日にはもうチケットが届いて、明日4月5日には舞台本番なんですから。

さて、今はテレビで高校野球の決勝を見ています。私は横浜高校の大ファン。(ちなみに櫻井翔君の大ファンでもある)横浜の勝利はもうすぐそこ家でゆっくりテレビを見れる幸せったらありません。今日は何て良い日なのでしょう。

試合が終わったら、本を読みつつ、お部屋のお片づけをしましょう。立つ鳥後を濁さず、って言いますもんね。こんな良い気分の今日なら、苦手な掃除も頑張れそうです…

久しぶりのオフ 

March 19 [Sun], 2006, 14:15
バイトがお休みになったために、今日は久しぶりのオフです。10日からずっと外出続きだったので、ゆっくり睡眠時間を確保することができ、かなり良い心持ちです

今頭の中を占めていることは、ビザの申請と免許証の更新、国際免許証の取得のこと。保険や航空券、残高証明のために思いもかけずお金が必要となっていき、どんどんドイツ行きを実感している毎日です。

そんな中、昨日はサークルの追い出しコンパがありました。追いコンには1年生の時から参加していますが、とうとう自分が追い出される身になろうとは…と、感慨深い気持ちです。

あと向こう3年は学生のままなわけですが、サークルに入ったり、バイトをしたり…といった自由な時間はあまり取れないだろうな、と思います。ワーホリの1年間を除けば、学校と予備校の勉強中心の毎日となることでしょう。けれども、慶應での大学4年間は本当に自分にとって満足のいく4年間でした。それは、居心地の良いサークルに籍を置くことができたということ、もうこれに尽きるのではないかと思います。後輩たちから受け取った温かなメッセージカートの数々、忙しい中顔を見せてくれ、飲み代をおごってくれた先輩たち、そして何より、大好きな同期のみんな。

私の大学生活全てに関わるいろんな出来事、まわりにいてくれた優しい人たち、みんなみんなにありがとう。3月23日、大学を、サークルを、卒業します。

ほっとしました 

March 18 [Sat], 2006, 0:16
気づけば一ヶ月以上もブログを放置していました。それぐらいこの一ヶ月は肉体的にも精神的にも多忙を極めました。

ワーホリの準備と並行しながら、旅行の準備をしたり。。そして、2月22日から3月7日まではグアム・ドイツ・フランスと卒業旅行三昧。13日にはディズニーランドにも行き、思い出作りに余念がない日々を過ごしていたのです。加えて、デジカメをパソコンにつないでみたところパソコンがおかしくなり、それを解決するにも忙しすぎて未だに解決できていない状態。旅行によりすっからかんになってしまったので、とにかくバイトバイト。けどビザの取得も急がなきゃならない。もうわけが分からない毎日でした。

が!今日はそんな中かなり嬉しいことがありました。それは、なかなか思うように進まなかったドイツの保険会社への振込みが、今日やっと済んだことです。かなり達成感です。

保険のバイトをしていたことはあっても、実際に自分が保険について深く考えたことはありませんでした。まず悩んだのが、保険期間。帰国日を曖昧にしか考えていなかったので、11ヶ月の申し込みで良いところを最初12ヶ月で申し込んでしまいました。で、これを訂正。次に悩んだのが、オプショナルの補償をどうするか。これは、パソコンを持っていくかいかないかを決断しないと選択できない問題でした。これについても、補償「無し」から「有り」へと変更。

そして、シティバンクへの口座開設。海外への銀行への振込みなので、丁度いい機会と思い、渋谷まで足を伸ばしました。けれどもそこですぐに銀行振込できれば良かったのですが、海外への振込みの場合住所(振込先銀行・保険会社の)等かなり細かい情報が必要と知り、国際電話で保険会社に問い合わせ。この国際電話というのも、かけ方なんて全然知らなかったし、かけても出るのは外人さんだしで、かなり緊張を強いられました。(もちろんすぐに日本人に代わってもらえましたが…)そして無事に住所等が分かり、見積書もメールされて、ようやく今日無事に振込完了となったのです。。

結局国際電話を3,4回ぐらい使った気がします。向こうからかかってきたのも含めてですが。改めて、海外とのやり取りは大変だと感じました。送られてくる見積書だって、全部英語。それを「読めません、分かりません」じゃどうにもならないんだな、ということを痛感させられました。

疲れてます 

February 08 [Wed], 2006, 20:53
今日、やっと新しい警備のバイトの研修が終わった。ダラダラした雰囲気に疲れたけど、無事に終わってホッとした。

しかし驚いたことが一つ。研修が16時半に終わるやいなや、「今日19時から23時まで入れる?」と言われたのだ。朝9時から研修を受けているというのに…!幸い、私はやらなくてすんだけれども、一緒に研修を受けていた別の女の子はやらされることになり、心底可哀想だった。なんか無茶苦茶だなぁ。警備って男社会だから、そういう感じでアバウトなのかもしれないけど…

だけど嬉しいことも一つあった。警備場所である六本木ヒルズ内を視察している時に、「ルル・ギネス」というとても可愛いバッグのブランドを発見したのだ。見ているだけで心がときめいた。今はお金がないからとても無理だけれど、いつかルルのバッグを持って歩きたいな、と思った。

毎日毎日早起きで、けっこう疲れ気味。けど休んでいる暇はない。旅行前にガンガン稼がなきゃ。はぁ、のんびりしたいなぁ…

イライラする 

February 02 [Thu], 2006, 17:40
1月29日から、予定が予定通りに進んでない。一つの予定が崩れると、ドミノ倒し的に他の予定も崩れてく。こういうのが一番嫌だ。もっとしっかりしてたいのに。

1月29日、友人と夜ごはんを食べながら旅行の申込書記入会をする予定だった。けど、その時勘違いしてることがあって、その予定を今日に振り替えた。結果、本日無事に申し込み書を郵送できたし、お金も振り込めた。だからこの件はとりあえず落着した。良かった。

1月31日、NHKラジオ「ドイツ語講座」のテキストとCDを買った。けど10月号のCDが青葉台には売ってなかった。
2月1日、大学で卒論を返却してもらうついでに、渋谷のブックファーストに寄って10月号のCDを買うべきだった。けど…ころっと忘れてた。

2月2日、つまり今日。もし29日に勘違いしてなかったら、今日から新しいバイトを開始できるはずだった。さっさと始めたくて仕方がない。なぜなら。

本当にお金が全くない。クレジットの支払いももうすぐだし、オセアニア交流センターへの手続き費用の払いこみ、それに卒論を製本したり、袴の時頭につけるリボンを買ったり。いろいろしなきゃならない。とりあえず5万は必要だ。どうしたらいいのだ。

イライラする。一刻も早く警備のアルバイトを開始したい。

それにしても、無事に卒論を返却して貰えたことは良かった。つたない論文だったけれど、自分なりに4万字を書ききることができた。このイライラした気分を鎮めるために、今はその開放感にひたることにしよう。そして、少しでもドイツ語の勉強を進めることにしよう。結局勉強するということが、精神を落ち着かせる一番の薬になるようだから。

意思表明 

January 23 [Mon], 2006, 19:16
明日は演劇史のテストです。持ち込み不可で、もしかしてそれなりに難しそうなので、全くやる気がしません。頑張らなきゃいけないことほど頑張りたくない気分になるんですよね。まぁ明日の朝ちょっと早起きして勉強しようと思います。

オークションで「アイリッシュドレスデンリカちゃんU」を落札することができました。とても嬉しかったのだけれども、同時にあちゃーという気分にもなりました。またお金を使ってしまった…これから私は進路に向けてどんどん大きなお金が必要になってきたたため、このリカちゃんをもって当分の間無駄遣いは止めることにしました。ベルリッツという独会話学校に通うお金や、一年間のワーキングホリデー代、そして帰国後の国家公務員になるための予備校代、それに近々出発の卒業旅行×2(サークルで行くグアム、もとクラ友と行くドイツ&フランス)。もう、どんだけお金があっても足りません。全て親に借金の身です。なので、一日でも早く返済するべくせっせと時間を見つけてバイトしなくてはならなくなりました。ここに意思表明をします。もう無駄遣いはしないぞ!!

さて、今から勉強再開…といきたいところですが、サークルの三田祭DVDを観てまったりしてしまおうかな…

昨日の続き 

January 20 [Fri], 2006, 10:48
学校に行く前に、昨日の続きを書いちゃいます。

えーと、「近代日本の美術展」を観たところまで書いたんですよね。そうそう、その後は近代美術館に併設されているレストラン、「アクア」というお店でランチを取ったのでした。白で統一されたとってもオシャレなレストランでしたね。テーブルの上にペットボトルのミネラルウォーターが置いてあって、自分でそれを注ぐんです。ちょっと珍しいですよね。なかなか良い雰囲気のお店でしたが、ランチセットでライスが頼めないのは自分的に大NG。次近代美術館を訪れる時には別のお店に入ろうと思いました。アクアさんごめんなさい

ランチ後は竹橋の地を後にしてお馴染み渋谷のBunkamuraへ。今やっているのは「ポーラ美術館展」。モネとかルノワールとか、淡い色彩の巨匠の作品をたくさん見れて、正直近代美術館よりも満足できました。まぁどっちも良かったんですけどね。とにかく歩きっぱなしで疲れた一日だったのでした。

話は打って変わって、さてそろそろパスポートの更新をし、袴のリボンと卒業パーティのドレスを揃えなくてはなりません。加えて、卒業旅行の代金も振り込む時期です。いよいよお金がすっからかんになる時がやってきました…

そして今日は卒論テスト。嫌だけど、まぁ卒論面接でないだけましかな。自分の書いた卒論に関して面接されるなんて、恐怖に近い!てかテストなんてしなくていーのに!

というわけで、行ってきまーす

美術展三昧 

January 19 [Thu], 2006, 22:32
今日はとにかく美術展三昧の一日だった。全部で5つもの企画展を観てしまった。さすがに足が疲れたなぁ…

まず最初に行ったのが東京国立近代美術館工芸館。工芸館は、何よりも立派な外観がかなり自分好みです。そして、料金が何と70円!となかなか素敵なトコロなのです。

今やっている企画展は「近代工芸の100年」。所蔵作品展なのですが、意外(?)にもかなり楽しめちゃいました。なかなか凝った壷なんかが展示されていて、「へえ〜、こんなのものあるのかぁ」とじっくり観賞してきてしまいました。70円でこれだけ充実してれば大満足。しかも帰り際に頼まれてアンケートに答えたところ、500円以上もするオリジナルのボールペンを頂くことができました。らっきぃ〜

良い気分のままそのまま美術館本館へ。こちらは工芸館に比べてあっさりとした外観をしていますが、さすが!といった感じの規模を誇っています。何せ1階から4階までじっくり観賞できてしまう作り…

まず1階では「須田国太郎展」を観賞。誰この人って感じでしたがもやもや〜っとした色感は嫌いではないと思いましたね。こんな人もいたのかぁ、といった感じです。派手さには欠けるけど、丁寧な印象を受けました。いや、丁寧というよりも、懐かしい感じ。うん、「ノスタルジー」が須田さんの作品には一番しっくりくる言葉かもしれませんね。

2階では「渡辺力展」を観賞。この方はモダンなインテリアデザインを手がけていた人で、椅子とか、時計とか、シンプルなんだけど頭に残る作品をたくさん目にすることができました。この人の作る腕時計、ちょっと欲しいかも…?いや、腕時計なんて千円ので充分なんですけどね。でもシンプルでぱっきりとしてて、使い易そうでした。須田さん同様、やっぱり「こんな人もいたのね〜」てな感想を抱きました。ものすごく浅い感想ですが。

2階の残りのスペースと3階・4階では「近代日本の美術展」をやってました。工芸館同様こちらも所蔵作品展です。明治期から現代に至るまで、近代美術の流れを楽しく掴むことができました。作品を紹介するビデオコーナーがあったんですけど、観客は私一人だったので、じっくり、静かに観賞できました

さらにこの後ランチを取り、Bunkamuraへと向かったのですが、字数が足りなくなってきたので詳細はまた後日…
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像rocky
» 前進(?)の一日 (2005年08月05日)
アイコン画像KISHI
» 前進(?)の一日 (2005年08月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rocky0131
読者になる
Yapme!一覧
読者になる