現代人としての生活が破綻している… 

2006年09月05日(火) 23時20分
今日も昼前に起きて、ボーっとトイレに行ったり洗顔や歯磨きをする。
気がついたら12時を回っている。
少し慌てて風呂に入る。
上がって髪を乾かして…ストレッチして、
眉を整える、ついでに無駄毛を抜いてみる。
爪を切ってヤスリで整えてたら16時
そこからやっと活動し始めて2・3日前から始めた部屋の模様替えに取り掛かる。
18時までは不用品をネットに出す(何故か一時間一つの超ロウペースで)。
そこからちょっと俊敏になって18:44までには(いつも時計見るとこの時間)洗い物を終える。
ご飯を仕込んで味噌汁を作ったら19:30になっている。
我が家では実際ご飯を食べるのは21時頃だ。
食べ終わってボーっとすると0時で、そこからが私の本格的な活動時間になる。
物凄い勢いで自室の片付けや掃除、音楽鑑賞・読書や絵を描いたりする。
気がついたら4時とかで寝る。
完全に引き篭もりだ;
現代に於いては社会問題になるくらい流行って(?)いるから良いのか??
とりあえず私は中世のヨーロッパの貴族に生まれればよかったとつくづく思う。

取り得、自信、そして職業 

2006年08月10日(木) 15時26分
何も取り得が無い、自信がない、と昔から嘆いていた。
そして今も。

私から見れば、
美人で
歌が目茶苦茶上手くて
絵が上手くて
それでどうして自信が無いのか意味が分からない。

そんな私は自分に取り得があると思っている。
幾らか自信もある。

私は
ある程度見れる顔だし
歌だって下手ではない
絵は上手いし
その気になれば字だってまぁまぁ上手い
勉強だってやれば出来る
国語力も有る
やる気になれば裁縫も料理も掃除も出来る

私には取り得が沢山あると思っている。
それでも取り得を活かせるモノがない。

活かす気が無いのかもしれない。

小学生の頃通っていた書道教室の先生は私に書道の才能があると言った。
中学の教師達は私に勉強の才能があると言った。
美術の教師は絵の才能があると、
国語の教師達はこぞって私を教えたがった、
文芸部・漫画研究部・書道部…沢山誘いが来た。

それでも私は書道を辞めたし、受験もしなかったし、大学も辞めた。
今は絵は書いていないし、文章もブログ位だ。

書道家・イラストレーター・小説家もっともっと職業はあるけれど
私が興味を示すのは【哲学者や詩人】だったりする。
どうやら私は生まれてくる時代と場所を間違えたらしい。

君には沢山の生かせる才能も場所もあるのに
私はあの時一生懸命伝えたのに
分かったフリをしていたのかな?

そんな私の元恋人の話。

私の友人の話。 

2006年08月10日(木) 14時14分
何も取り得が無い、自信がない、と昔から嘆いていた。
そして今も。

私から見れば、
美人で
歌が目茶苦茶上手くて
絵が上手くて
それでどうして自信が無いのか意味が分からない。

そんな私は自分に取り得があると思っている。
幾らか自信もある。

私は
ある程度見れる顔だし
歌だって下手ではない
絵は上手いし
その気になれば字だってまぁまぁ上手い
勉強だってやれば出来る
国語力も有る
やる気になれば裁縫も料理も掃除も出来る

私には取り得が沢山あると思っている。
それでも取り得を活かせるモノがない。

活かす気が無いのかもしれない。

小学生の頃通っていた書道教室の先生は私に書道の才能があると言った。
中学の教師達は私に勉強の才能があると言った。
美術の教師は絵の才能があると、
国語の教師達はこぞって私を教えたがった、
文芸部・漫画研究部・書道部…沢山誘いが来た。

それでも私は書道を辞めたし、受験もしなかったし、大学も辞めた。
今は絵は書いていないし、文章もブログ位だ。

書道家・イラストレーター・小説家もっともっと職業はあるけれど
私が興味を示すのは【哲学者や詩人】だったりする。
どうやら私は生まれてくる時代と場所を間違えたらしい。

君には沢山の生かせる才能も場所もあるのに
私はあの時一生懸命伝えたのに
分かったフリをしていたのかな?

そんな私の元恋人の話。

不毛。 

2006年07月29日(土) 14時21分
思いつく限り残酷な想像をしてみる。
何度も何度も繰り返すその光景に私はいつまでも慣れなくて…

今更だ、と知りながら自らの変わらぬ想いを呪う。
もしもあの時こうなってしまう事が少しでも想像できていたのなら…
あるいはこれまでの結果を生む事は無かったのかも知れない。

ある人は言う、
「望んでそうなるのであろう、羨ましい」と。

あの子は言う、
「大好きだから、そのままでいて欲しい」と。

あなたも言う、
「相変わらずだね」と。

全てが私の私によるプロセスだったのだろうか?
それによって生まれた結果ならば、私は喜んで受け入れよう。

しかし…

私にはまだ受け止められないでいる。

あの日交わした約束も、
積み重ねた過ちも、
流した涙さえも拭い切れずに立ち尽くしたまま。

私はあの過去<とき>に立っている。
自分の犯した罪と知りながら他人に擦り付けて…
自分が負うべき罰と知りながら貴方に救われた。

道は引き返すには余りにも険しくて、
進む先に拡がるのは暗闇。

明かりが見つからなかった
還る場所なんて最初からなかった
・・・瞼の裏に見えるのは貴方の姿だけだった。

貴方に言われて「少しだけ瞳を開けて」
見えた世界には貴方がいた。
涙が零れ落ちた。

ただ…失ったものも多くあった。


ごめんね。 

2006年07月26日(水) 15時01分
罪な季節ですね。
この季節には計り知れない程、沢山の思い出があります。

そんな事はあまり関係なくて、彼氏とに行きました。
恐らく一ヶ月ぶりに。
思えば最近違和感を強く感じていました。
よくよく考えてみると今に始まった事ではない気がしています。

「何かが違う?」

心の中では何度も自問自答していた言葉でしたが、
こんなにハッキリと、身体<からだ>と精神<こころ>を超越した、
一つの現象として現れたのはこれが初めてでした。

抱かれた…貴方の腕の中で私は涙を流しました。
貴方は決して気付かなかったけれども。

快感、喜び、後悔、怒り、悲しみ...どの感情にも当てはまらない、
自分でも説明の付かない、嗚咽は出ないけれど確かに涙でした。

「何かが違う!」

それと同時に確信に変わった瞬間でした。

私は貴方の腕の中に居たくなかったのです。
大きくて心地の良い貴方の腕は、私のものではないのです。
…私に与えられるべきものではないのです。
人は言います。
「恋愛に妥協は必要だ」と。
この違和感を、私は妥協できるでしょうか?

何も知らない貴方は相も変わらず仕事が終われば私に会いにきます。
何も知らない貴方は相も変わらず私と結婚するのだと信じています。
何も知らない貴方は相も変わらず…
抱きしめて、キスをして、愛の言葉を囁く。
私に元気が無ければ貴方は何度でも道化になるでしょう。
私が連絡をしなければ死ぬ程心配します。

そんな貴方を愛しく思うのは紛れも無い事実です。
けれども私はこの違和感も、それを感じる自分を許せないのです。
貴方はきっと許すでしょう。
こんな漠然とした違和感を感じている私が貴方の傍にいると誓えるのなら。

それでも私は許す事も許される事も叶わない。
これを伝える事も今はしない。
私はまたあざとく計画している。
失敗した事は…あまりない。

唯一、誤算だったのはあの時の私は貴方に一生懸命で、
貴方が望むなら全てを厭わなかったという事実。


役コン続き&誕生日。 

2005年11月30日(水) 23時46分
Kさんはずっと慰める言葉を掛け続けてくれた。隣の人に『面倒臭い』って何度も言いながら(それも悲しくてなかなか泣けたのだが)、サークルにはこういうのがあるから、こうするといいよって。
Kさんが『お前は俺が入っとったけん入ったようなもんだろ?』って言った。
厳密には少し違うのだけど『ちょっと違うけどまぁそんなもんかな』って言った。
そんなことで責任感じて慰めてくれてるのかな?ってちょっと思ったけど、どうでも良かった。
『手ぇ繋いでたら落ち着く?』と言ってずっと手を繋いでくれてた。
肩抱いてくれていたりね。他の男の人ならドキAしてそれどころじゃないんだけど、不思議とKさんだと落ち着くっていうか安心した。
飲み会終了間際『同学年の友達は大事だよ』って話をして、『ほら!行かんとおいていかれるよ!』って挨拶に立った。
飲み会開始から寝てたから泣いてるのを知らなかったT先輩とかが声を掛けてくれたけど、もう一回Kさんに会いたかった。
…Kさんは鞄を忘れていた。笑
店の横の窪みにYさんといたKさんは私を見ると『まだ泣きよるとね!とりあえず座りなっせ!』っていってYさんがいなくなって、軽く抱き寄せて『今は泣いて良いから…。』といった。

役コン。 

2005年11月29日(火) 23時20分
サークルの役員交代コンパだった。
一次会は何も食べれなくてひたすらお世話?と挨拶だった。
私は風邪をひいていたのにずっと寒い中外で挨拶だったので、頭が痛くなった。
廊下にいると、Tさんが半ば出来上がっていた。
Aと一緒に話し掛けると、『君達(ギター)練習してる?!』と絡んできた。
初めは分からないなら教えるからちゃんと練習しようよ。って穏やかなお説教だったけど
事情?を話す度にTさんには言い訳にしか聞こえなかったのだろうか・・・語気が荒くなっていった。
『ギターも弾けるようになってからボーカルをやりたいな、と思っていた』といった私に
『弾けて無いじゃん!?どーゆーコト??ねぇ!!』と何度も責められた。
正直、そんな事を言われても言葉に詰まった。
私は前定の時、サビは踊る予定だった。っていうか大体そういう曲なのだ。
知らない、Tさんには癇に障ったらしい。
『むかつくんだよね!』といわれた。そう言って笑顔のまま私のムカツクところを羅列しながら壁を穴が開きそうなほど殴った。
NさんがTさんに『どっちがスキ?』と聞いた時、Tさんは慌てたように『どっちもスキ!二人ともスキだょ!』と言った。

人間不信だと思われるかもしれないが、少なくとも私にはそれが白々しく見えて、泣くのをこらえながら心の底で思った。
本当は殴りたいほどむかついてるくせに…私なんて死ねば良いのに。

惚れた!! 

2005年08月23日(火) 23時17分
誰って?そう…土屋アンナに。
否、寧ろANNAに。
Taste My Beat最高!
っていうか、TasteMySkinが凄く好き。
somebody help meを歌っているのがアンナちゃんだとは知らなかった;
知らないで好きだったよ、トゥルーコーリングの曲。
こんなにこう…ビビッと来たのはPIERROTとか永井真人以来だね〜。
早速今日、CDを探しに行って購入。

いやぁ…最高。
来年はVoで、こんな風になるね!!
目標です。

ウォーターボーイズ 

2005年08月21日(日) 19時18分
昨日だったかな?ビデオに撮っていたらしいのでちょこっとだけ、
シンクロの演技のシーンから見た。
東大生の人が島から離れる時、見送りに着ていた人の中に
あまり可愛くない子がとっても可愛いお洋服を着ていたので、
もしや…!!と思い、衣装提供に目を凝らすと
私には似合わないので着れないけれど、
私の大好きなメゾン『BABY, THE STARS SHINE BRIGHT』の文字が!
恐らく、ベビードールジャンパースカートかサファイエールジャンパースカートのピンクじゃないかしら?とか後から思いを馳せていた訳です。

私もせっかく女の子に生まれたのだから、
一度はあんな可愛いお洋服を着てみたいものです。
…MAのジャンバースカートと自作の和ロリなら着たことが有りますが;

深夜0時過ぎ、バイト先駐車場にて 

2005年08月19日(金) 15時45分
今年初めてのカブトムシ発見
捕獲。

最近の私の楽しみは、その駐車場から月を眺める事です。(哀
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rock-69-sex
読者になる
Yapme!一覧
読者になる