長距離バスの旅 larga distancia viaje de bus

September 04 [Tue], 2012, 20:08
久しぶりの長距離バスの旅以前は30時間以上のバスの旅を往復で繰り返していたのですが、最近はずっと飛行機のみの渡航が続いていて、年齢も重ね、体調不良も含めて少しドキドキ特に国境を越えるバスの旅は色々な意味で勇気が要ります。
コロンビア、ベネズエラ間は何度か実施したことがあるのですが、コロンビア、エクアドル間は初めて。
コロンビアでは最終的に出費が余りに重んでしまい、共演アーティストの意外な請求と盗まれてしまった余りに大きな損失の数々今思えば結果的には間違ってしまったかもしれないコロンビアでの日々。
あまりに惨めで無駄な抵抗を重ねたばかりの日々。
抜け目なさと信用できない言葉の数々、経済的な面だけでなく、精嵩Iなリフレッシュも兼ねて冒険を選択しました。
コロンビアボゴタからバスで24時間、国境のIpialesという街でバスからタクシーに乗り変え、出国、入国手続きを終え、次のエクアドルキト行きのバスに乗り換えます。
この国境での移動は決してスムーズではなく、タクシーエロアニメに相乗り、警察の度重なる荷物検査など多くの関門を突破しなければなりません。
今回の国境越えの際も暇な警察官に細かく荷物検査をされましたが、あまりに無駄なチェックで遊ばれてしまっていたので、再び楽器演奏で閉めさせてもらいました。
これはなんだと箱に入ったオカリナを取り出されたついでに聞きたい弾いてくれOK目を閉じ演奏開始ついコロンビアでたまっていた悲しみの全てを込めてしまいました。
オカリナの演奏にカナリ感動してくれたみたいです。
即検査終了、出国、入国手続きの間も荷物を預かってくださって、しかも安全な手続きと安全なタクシーまで手配してくださって一石二鳥。
オカリナパワーってすごい、演奏業で良かったとシミジミ思いました。
次のバスは相乗り大型バスでTurcanという街のターミナルからキトまで8時間。
5ドルという値段に驚かされましたが、乗り合いバスなので度々妙な場所で止まり、ドッサリ人が乗っては降りていくそんな人々を見ていて様々な人の暮らしを想像。
こんなところに暮らしている素朴な多くの人達。
ボールや大袋を抱え、電気も携帯もない生活バスの旅では忘れている大事なことに気がつかされます。
今回ひさしぶりのバスの旅で残念ながら耐え難いことも運転手が音楽を大きな音で流し続けているのですが、質の悪い音楽ばかりで、映画もバイオレンスもの映画の中で何百人もゲームのように打たれて亡くなっていく見たくない映画、音楽を長時間、無理やり見せられ聞かせられるのは非常に厳しい。
多くの曲を創作することができた景色を楽しむバスの旅にピリオドバスで旅をする素朴な人々の心もこうして汚染されていく。
暴力的な映像、音楽の勢い真心という無駄な抵抗の数々。
お馴染みのホテルLoroVerde緑のインコに到着、心から休まっています。
盾轤ゥな澄んだ空気に体調も一気に良くなりました。
静かで芸術的なホテルで部屋の隅々に素敵な飾りがあります。
全てを新しく始めることができるそんな気持ちになれました。
画像はこちらでwwwkanshincomuser42587佐野まりwwwfacebookcomdanzacharango
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:roaj5ffa5g
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/roaj5ffa5g/index1_0.rdf