『プラダを着た悪魔』 

December 06 [Wed], 2006, 22:27
『プラダを着た悪魔』を観ました。
レディーズデイだからね!

★★★☆☆

面白かった。
だけど、ちょっと納得いかないところがあったにょー。
あたしは、断然ミランダ派。

「何でそこで食らいついていかないのよ?」
「そこは自我に目覚める流れじゃないでしょ??」

って突っ込みたくなる場面が数箇所あったけど、
アンディが途中からすっごくかわいくおしゃれになってって、
それはとてもとてもありがちな展開だけど、
それでもいつでもあたしの心をときめかせるのでしたー。

「働くこと」って、人それぞれに重層的な意味を持っていて、
それに対する価値観もみんなぜーんぜん違う。
アンディは「自分のやりたいことを貫いた」けど、
あたしだったら「たまたま掴んだチャンスに乗っかっちゃいたい」。

全然プラダと関係ないところがウケた。。。

こどもって。 

November 26 [Sun], 2006, 23:14
「仲間になろうよ。」
「いいよ。仲間になろう。」

子供たちって、こうやってすぐに仲良くなることができるんですね。
今日、バイトで5時間子供二人の子守をしてました。

すっごく遊びまわってくたくたになったけど、
子供たちのやりとりにほわほわ〜



「おねーちゃん名前なんて言うの?」
「みさとだよ。」
「じゃあさー、みさとは何して遊びたい?」

かわいいのか憎たらしいのか…
笑っちゃう。
あたしも仲間にしてくれたかな。

残念なこと 

November 24 [Fri], 2006, 20:17
今日、久々にスタバに行ったら、値上がりしてた

スターバックスラテ310円

って、高くない??

今まで300円出しておつりが返ってくるのが良かったのに。

ということで、エスプレッソマシンを買おうと思います。

映画は、女のもの! 

November 22 [Wed], 2006, 20:51



昨日買った雑誌に、おすぎさんがちょっと面白いコメントを書いていました。



「わたし、とっても不思議なんだけど、女の人たちがアイドルを好きになるじゃない。そういう人たちは、昔だったら、ある一定の年齢に達したときに、みんな卒業したでしょう。それを、今はみんな卒業しないで、ひきずってる。10年間も同じ人が人気投票で1位だってことがそれがとても不思議なのね。
今の20代、30代の女の人たちって男のよさを知らないんだろう、って思うわけよ。」


これはすぐにキムタクのことだと分かるんだけど、
なるほど〜、と私は思ったわけです。
キムタクがキムタクである限り、彼にしか知り得ることのない世界の風がきっとあるでしょう。
私には見えないもの、普通の人間では見えないものを彼はいっぱい見てきたから、あんなに色んな表情ができるんだと思う。
テレビで眺めるキムタクって本当に気持ちいいくらいかっこいいからね。
私だったら、真っ先に金城武をあげるところだけど、キムタクはやっぱり素敵だと思う。

ではでは、なんでおすぎさんは今の女の人たちを批判してるの?

おすぎさんが若かれし頃のアイドルっていうのは、単なる歌って踊ってキャーキャー騒がれてっていう構図しかなかったんだね、きっと。
だけど、木村拓哉という人物はそのアイドルの枠を軽々と超えてしまったの。内的な魅力をもって女性を、ひいては男性をも惹きつけてしまうほどの存在感をもってしまったんだと思う。

20代30代の人は、木村拓哉というアイドルがだんだん大人になっていくのを見ながら(もう大人とか言ってる歳じゃないけど)、自分も一緒に成長していったんじゃないのかな。
そして、その間、木村拓哉を越すほどの魅力を持った人が現れなかった。
キムタクってやっぱスゴイんだよ。
年齢も父親であることも、味方にしてしまう。
こんな人ってなかなかいないよなー。

私は、今の女性が、特に30代の女性が男のよさを知らないなんて全く思いません。
むしろ、彼女たちは自分の価値観でしっかりと男も人生も選択しています。
ああ。そんな30代に私もなれるといいな。


ところで、ソフィア・コッポラの『マリー・アントワネット』っていう映画が年明けに公開されます。
私が大好きな「女の苦悩」と「ブルジョア」がふんだんにちりばめられた楽しみな作品。
実際に、シェーンブルン宮殿とヴェルサイユを使ったらしい。
この映画にオスカル様が出演しないのは残念だけど(当たり前ですが)、公開があぁー待ちきれません!!

気持ち悪い日記だぜぃ 

November 19 [Sun], 2006, 22:39
今日は私のママについて書こうと思います。

うちのママは、料理ができません。
毎日パパが作っていました。
中高6年間、お弁当を作ってくれたのもパパでした。
カレーでさえまともに作れません。サーラサラ。何これ?
グラタンを作ろうとして、牛乳をオーブンにかけました。
実家に帰っても母の味など待っているわけがなく、いつも外食。

うちのママは、家事が大ッ嫌いです。
洗濯などは、近くに住んでいるおばあちゃんがやってくれていました。(しかも父方)
「アイロンがけは好き」などと選り好みをします。

私が産まれた時、「紫色のもの(私のことね)が出てきて、うえっってなった」とか、
オシメを替えるときも、臭くて涙が出ちゃうからと言ってパパにやらせていたらしい。
そういう、ママに関するどうしようもない女だな的な逸話はたくさんあります。

家庭的な女でいることを完全に放棄したママのことを、
ずーっとダメな女だなと、こんな風にはなりたくないなと思っていました。

だけど、就活をして、働くことを考えたときくらいから。
私は、自分の中の理想の女性像がママであることに気づきました。
理想と言うと大袈裟で、完璧な母親では決してないけれど。

  「男と対等に働きたければ、女は3倍努力が必要」

しがない地方公務員だけど、
私の知らぬ間に課長までのキャリアを積んでいたママの言葉。
初めて真剣な「働く女」としての顔を見せてくれたとき、
あー、私の血はここからなのねと思いました。

わがままだし50歳になってもキャぴキャぴしてて、
そういうところがパパはかわいいんだろうな。

娘に甘くてべったりで、何をしようと反対しないのは、
私のことを信頼してくれているから。
うちは何て開放的な家庭だったんだろうとしみじみ思います。

ママのせいで、私とお姉ちゃんはすごく強い女になってしまった。
彼氏が全部やってくれるの〜的な弱い女になりたかったのに。
そういう女に本当になりたかったのに!!

でも、ママの娘でよかったかも。

アルバイト 

November 11 [Sat], 2006, 19:01
最近、内定先の会社のアルバイトをさせてもらってます。
モデルルームの受付をしたり、
本社で事務したり、
内容はいろいろ。
男の子はポスティングだったり結構キツイ力仕事もやってるみたいで、
ついつい愚痴が出ちゃう子もいるし、
みんなあんまりバイトに入りたがらない。

だけど、あたしはこのバイトが、何だかとっても自分のためになってる気がするんです。

社会人の知り合いはいても、
彼らが働く姿を見たことがない学生にとって、
若い社員がしゃかりきに働いている様子を横目で見ながら、
足手まといにならぬようお手伝いをして、
社会のこと・会社のことをいっぱい聞ける。
責任と自覚を身近に感じられる。
それは、とっても有意義な時間です。

とにかく事務系の仕事はしたくない!
本社にじーっとしていたくない!

なーんて、半年後の自分の姿を想像しながら、
社会人になるのを楽しみにしているところです。いえい

けっこう順調 

November 07 [Tue], 2006, 12:13
ずーっと日記をサボっていましたが、
その間、楽しいことがいっぱいありました。

内定者20人集まって、奥多摩へ一泊旅行したり、
おばーちゃんがはるばる九州から遊びに来たり、
10年ぶりにいとこと会ったり(かわいかった)、

卒論は相変わらず進んでいないけれど、
ココロの栄養をたくさんもらった一週間でした

また 

October 20 [Fri], 2006, 19:46
気付きました。

あたしは、

寂しかった

だけでした。

もう大丈夫。

なおさら好きになった。

アホです。

がんばろー 

October 19 [Thu], 2006, 14:39
卒論題目提出しました。
もう一字一句変えられないらしい。

そこで、全く卒論進んでないあたしはズルイ手段を使いました。

ジャジャーン!『○○研究』

内容がどんなものになろうと、一応カバーできる題目。
あとは副題をてきとーに付けるだけ。

先生にとびきりの笑顔を振りまいて「頑張ります!はんこ押してください!」
はい。これでオッケー。

でも、本当にそろそろやらなきゃなあ

誰か 

October 16 [Mon], 2006, 15:23
一つの恋が終わろうとしています。

というか、
別の恋が始まろうとしていて、
どうしよう。

会えないけど想ってくれる人と
一方通行だけど毎日会える人。

あたしは結局、勇気がない女なんだと思います。
距離を埋めるだけの愛を傾ける勇気も
二人の環境の違いを受け入れる勇気も。

泣きそうです。
だけど、裏切りたくないというのは、
あたしのわがままでしょうか。

誰か教えてください。
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像みさと
» アルバイト (2006年11月13日)
アイコン画像ユキ
» アルバイト (2006年11月12日)
アイコン画像みさと
» 誰か (2006年11月07日)
アイコン画像みさと
» 誰か (2006年10月17日)
アイコン画像むらへ
» 誰か (2006年10月17日)
アイコン画像
» 誰か (2006年10月16日)
アイコン画像みさと
» 絶対そう! (2006年09月28日)
アイコン画像チカコ
» 絶対そう! (2006年09月28日)
アイコン画像みさと
» うひ (2006年09月22日)
アイコン画像
» うひ (2006年09月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:road-to-world
読者になる
Yapme!一覧
読者になる