「スカルプdまつげ美容液」について調べてみた。TOMOMIのFAGA対策リサーチブログ

August 10 [Wed], 2016, 15:46
副作用が少ないとされる医薬部外品の育毛剤を比較しながら紹介していきます。医薬部外品の育毛剤の中で、今、人気のある商品として考えられるのは、CHAP UPやBUBKAやIQOSなどが言えるでしょう。育毛剤の代表格として「リアップ」(現在は「リアップx5プラス」)を思い浮かべる方も多いかもしれません。ですが、「リアップ」は第1類医薬品扱いなので薬剤師さんの指導を受け、きちんとした使い方をしないと副作用などのリスクも発生するというデメリットもあります。ここでは医薬部外品で代表的な、ブブカ・イクオスそしてチャップアップの3つの商品を比べてみます。本体に記載のある成分表を見てみると、どの医薬部外品の育毛剤も有効成分は同じです。それぞれの作用を紹介します。まず1つ目に、グリチルリチン酸ジカリウムです。この成分は、頭皮の炎症を抑える作用があり、頭皮環境を正常な状態に戻してくれます。抗ヒスタミン剤である塩酸ジフェンヒドラミンは血行の促進、かゆみ、炎症を抑制する効果が期待できます。最後に、センブリエキス。センブリ茶でも聞きますね。細胞を活性化させて毛髪育成を促進させる役割があります。これら三つの有効な医薬部外品成分を共通して含む育毛剤ですが、それぞれの商品が持つ三成分以外の特長や、実際に使用された方の感想なども参考にされながらご自身に合った商品を見つけてください。中にはプロペシアのように女性が使用を禁じられている薄毛治療薬もあります。しかし副作用もなく安全安心に使えるのが医薬部外品です。髪の毛が抜けやすくなったと感じたら、一度試してみると良いでしょう。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒカリ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rntjh1a52tbxii/index1_0.rdf