佐瀬の大家

June 18 [Sat], 2016, 14:04
パソコンやスマホを1人1台所有する時代は、色々なことをネットでする事ができるようになりました。結婚する相手をさがす場合は、ネット上の結婚情報サイトで探す事ができます。匿名でメル友を探すには、ネット上にたくさんある男女の交際サイトに登録すれば見つかります。相手に簡単なコメントを伝えたい場合などには、無料のアプリケーションで通信する事ができます。そうはいっても、その反面めんどうな問題も生じています。ネットで知り合って、ダブル不倫にまでエスカレートしたり、結婚のサイトで実際とは違う経歴を載せる者も多いと聞きます。
現在のネット環境下で、たやすく得られない情報は今現在の他人の行動でしょう。政治家や社長さんの中には、リアルタイムで自分の行動を発表している人々もいらっしゃいますが、人に知って欲しい事だけを伝えているのだと思います。世に知られたくない事についてもとことん調べてあげてくれる存在が、興信所です。
探偵・興信所に依頼される調査で一番多いのは、浮気の調査や不倫の調査とのことです。道徳心が薄れた事により不貞行為への罪悪感が薄れた事に因りますが、その背景として携帯電話やeメールによっていつでも自由に人目を気にせず連絡出来るようになった点が考えられます。ちょっと前までは夫の不倫に関する調査が主でしたが、近年ご主人が奥さんの調査を依頼する事も多くなりました。これはネット上で主婦も手軽にできる出会い系サイトの影響があるのではないでしょうか?この様なサイトでは女性会員はモテてしょうがないのですから。
今の世の中、素行調査を探偵や興信所に依頼してみたいという潜在需要が高まっているのに、わざわざ調査を依頼する気がない人の方が多いのが実情です。それは、探偵という世界に対する偏見がまだあるからでしょう。何らかの問題が解決してスッキリすると、それを他人にも教えたくなると思います。ところが探偵や興信所に調査を頼んだとしても、人に話したりはしないかもしれません。一度も利用する事なく人生を終えても不思議はありません。だから実際の地道な活動内容を知られずに、悪い事にも手を出す、という印象を持たれているのです。
結婚する前に、相手の実家や異性関係についての調査は必要だと思います。同じ地域の出身、同じ会社、友人ぐるみの付き合い等から発展する結婚はあまり心配いりません。でも、インターネットを介して知り合ってすぐ結婚するカップルの場合は、相手が積極的に家族や友人に会わせないという事もあります。従って、勝手に都合の良い経歴をつくる事もできてしまいます。それを見破る為に興信所が活躍するのです。無関係の有名大学を経歴書に書いたり、怖いのは既婚なのに独身と申告している人がいることです。。これらを調べる際の最初のステップとしては、役所への登録状況を確認します。続いて、通勤先、立ち寄り先等を尾行して調査します。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミツキ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rnstaett5iedar/index1_0.rdf