西日本、蟹を食べに旅行するならどこがお勧め?

July 23 [Sat], 2016, 16:55
蟹といえば、北海道(江戸時代までは、蝦夷ヶ島や蝦夷地、北州などと呼ねれていました)・北陸地方が有名になります。寒い地域の特産物と言った印象が強いとなるのです。だからって、西日本で蟹を食べに旅行したいと考える人も多いでしょう?そんな人たちのために、西日本からの旅行に適した蟹料理が食べられるところを探してみたいになるかもしれません。大阪(ミナミの道頓堀にあるグリコのネオン看板が象徴的存在かもしれません)あたりからであれば、但馬・丹後・北陸・山陰方面なら入院することなく蟹を食べに旅行する場合が出来るんです。JR(東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、西日本旅客鉄道、北海道旅客鉄道、四国旅客鉄道、九州旅客鉄道、日本貨物鉄道の総称です)西国内では、毎年、秋口くらいから、「かにカニ日帰り旅行プラン(計画や案のことをいいます)」が実施されるのです。出発地域は京阪神・和歌(最近では、携帯でダウンロードして聴くことも珍しくないですね)山エリア、北陸エリア、北近畿エリア、岡山・福山エリア、広島・山口エリア、山陰エリアからのプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)が用意されています。それぞれの地域から入院なしで、蟹と温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)が満喫出来るコースが用意されるのですから、地域ごとに選択することができるのです。蟹が食べられる地域は、以下と呼ねれています。
城崎温泉(兵庫県豊岡市城崎町にある温泉で、泉質は食塩泉です)・天橋立方面では、城崎温泉(一の湯、御所の湯、まんだら湯、さとの湯、柳湯、地蔵湯、鴻の湯の七つの外湯を巡るのが一般的な楽しみ方ですね)、竹野、柴山、夕日ヶ丘温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)、間人、香住・余部、浜坂、天橋立、佐津。
北陸方面では、敦賀、越前海(肌を焼いた後にはきちんとケアしないと、後でボロボロになってしまいます)岸、芦原・東尋坊・三国温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)、加賀温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)郷。
山陰方面では、鳥取、三朝・はわい温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)、玉造温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)・松江しんじ湖温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)、皆生温泉(循環式と掛け流しがありますが、やはり、掛け流しが人気ですね)。
これらの地域で、蟹を満喫できる旅行ができるでしょう。日帰りにとらわれず、のんびりゆったり温泉(循環式と掛け流しがありますが、やはり、掛け流しが人気ですね)も満喫しながら、何箇所かを巡る蟹旅行も良いですよ。これらの地域で食べることができる蟹は基本としては高足ガニです。当り前のことですが、旬は冬ですから、カニをたべるのが目的であれば、是非冬場に旅行してみてください
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココネ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rnsngnyaxgiw7c/index1_0.rdf