戸田の大角

April 20 [Wed], 2016, 20:25
薄毛や抜け毛がここ最近、急に進んでいる気がする、という人は、ビオチンの欠乏を疑ってみてはいかがでしょうか。ビオチンというのは、ビタミンBの仲間でビタミンB7の名前もある水溶性ビタミンです。



タンパク質の合成、アミノ酸の代謝に関与するので、不足が起こると抜け毛や白髪の増加が目立つようになるでしょう。なぜならば、毛髪の主成分はタンパク質であり、20種類以上のアミノ酸で構成されているからなのです。ビオチンはタンパク質合成、アミノ酸の代謝に欠かせませんので、ビオチンの欠乏は、髪の構成物質が失われることを意味する為、大きなダメージとなってしまうでしょう。このように大事な栄養素であるビオチンですが、体内の腸内細菌叢で生成されることもあって、普通に生活している分には滅多に欠乏しません。





ただ、激しい偏食で同じものばかり食べていたり、腸内細菌叢が抗生物質などで崩壊したりすると、不足することもありますから気を付けたいものです。因みに卵黄やレバー、豆類などで摂取することができます。



育毛剤bubkaのすごいところは、育毛成分として海藻エキスを32種類使っていることです。また、低分子ナノ水を使っているので、髪に効く有効成分が地肌に浸透しやすくなっています。



それに、脱毛させないためのオウゴンエキス、グリシン、アルギニンといった成分なども配合されています。ピップエレキバンとかピップマグネループのように、一見、育毛には関係がなさそうな製品を育毛のために役立てようと、使用している人もいます。ところで、育毛にとって一番大事なことは何かというと、それは血行ということになるでしょう。理由は、髪に届けられる栄養は全て、血液と一緒に血管内を移動してくるものだからです。新鮮な血液は、心臓から頭皮へと移動しますが、心臓と頭皮の間に、肩や首が位置してますから、ここが凝ると少々困ったことになります。凝りの存在はそこで血行不良が起きている、ということに他なりません。



そこで、ピップエレキバンなどで凝りを解消させてあげると、血行を妨げるものを取り除くので、頭皮の毛細血管まで、確実に酸素や栄養が届けられるようになります。頭皮の健康の為に、余計な脂分を持たない事は重要で、頭皮が潤っています。





頭皮の血行が良くなる事によって、髪を育てるのに適切な環境を保つ事ができます。



それに、頭皮を温めれば新陳代謝が向上して、成長する髪が、元気なものになります。だから、頭皮の血流をよくして、丁寧に汚れを落とすことを毎日忘れないようにしましょう。





効果的な対策に、ホットパックや優しくマッサージする事などもあげられます。



頭皮を温めるということは、『育毛』にとって非常に大切なことなのです。インターネットの普及とともに、育毛市場でも、個人輸入したり、外国語が分からなくても購入できるという点で、輸入代行サイトも人気で、どちらの利用者も年々、増えてきています。正規代理店を通じて購入するよりもはるかに安価な価格設定だと思います。

海外からの送料を入れても、安いのです。しかし、正規代理店のようなホットラインもありませんし、トラブルがあって相談したら偽物だったなんてこともあるので用心する必要があるでしょう。



偽物が単に水増しされたものだったらマシかもしれません。合成アルコールやその他の薬剤などの刺激物が混入されていた場合、本物以上の副作用が起こることも考えられます。手軽に始められる育毛ケアのひとつとして、普段の髪のお手入れの見直しが挙げられます。







いまこれを読んだらすぐにできるほど簡単なことですし、育毛をするうえで損はないのですから、ぜひ、試してみてください。具体的には、洗髪(洗髪の仕方、使用している製品)、乾燥方法、ブラッシングに加え、それらの仕上がりに対する本人の感想などです。







不快や不満に思っていることも書きだしてみましょう。習慣的にマイナス要因を蓄積していることもありますし、見直しによって、抜け毛を減らすことができるかもしれません。

いま、ドラッグストアやコンビニなどではさまざまな目的のサプリが売られていますが、髪や地肌のためになる栄養素をサプリなどで補給すると体にも育毛にも良くて一石二鳥です。





育毛の話をしていて「体温どれくらいですか」と聞くと、最初は不思議に思われます。







でも実は体温は育毛と直接的に結びついているといっても過言ではありません。平均体温が低い人が増えていますが、体温が低いと免疫力も低下しますし、体全体の代謝機能が悪くなります。

頭皮の温度も下がるので、発毛能力や地肌の回復力が鈍くなってしまうので、体温を上げる工夫をすることも大切です。たまにサウナを利用することも良いですが、自宅で手軽に湯船に浸かるのも良いでしょう。また、体を冷やすような食べ物を取り過ぎない、冷やした体をそのままにしない、体温を上げるといったことを日頃から心がけましょう。育毛効果を高めるために無視してはならないのは、食習慣だと言われています。糖分は飲料だけでなく調味料にも多く含まれ、油脂類は揚げ物以外に肉類にも多く含まれます。







これらを多くとりすぎると、細胞の再生に必要なビタミンを多く消費し、血行を悪化させ、抜け毛や薄毛の進行を加速させます。

添加物が多い加工食品は、栄養をとらないよりはマシかもしれませんが、細胞の再生時に使われる微量元素や栄養素の取り込みを邪魔する成分もあるため、毛髪や頭皮にダメージを与えてしまうことがあるようです。





ネットを調べれば、髪に良いという食材がいろいろ出てくると思いますが、ダイエットに良い食材をたくさん食べても痩せないように、「効くから」と適切な時間や量を考慮せずに、闇雲に摂取しても効果はありません。せっかく育毛するのですから、育毛に良い環境とは何なのかに興味を持ち、栄養バランスの良い食事をとるようにしてください。すべての健康に言えることですが、暴飲暴食やカロリーのとりすぎは育毛の敵ですので、メニューを選ぶ際は気をつけてください。



幸い、カロリーについては商品に記載されていることも多く、男性でも比較的取り組みやすい項目のようです。運動することが育毛に良いといわれても、不思議に思うかもしれません。





しかし、運動不足では血行不良になりやすく、脂肪が付きやすくなります。





血行不良では薄毛に有効な栄養素が毛根まで運ばれなくなりますし、肥満も薄毛を誘発する一つの原因です。体に負担のない範囲で運動するようにして健やかな髪を育てましょう。



頭皮マッサージが育毛にいいとよく聞きますが、それは本当でしょうか?事実なので、ぜひ実践すべきことです。頭皮をマッサージをすれば固くなった頭皮をほぐし、血のめぐりを良くすることが可能です。



血行がスムーズになれば充分な栄養を頭皮に送りこむことが可能になって、新しい髪が生えやすい頭皮を整えることを可能にするのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:遥
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rnhatxuorbtdec/index1_0.rdf