ss501歌詞リク★ 

May 05 [Mon], 2008, 22:05
はぃ!!!!

ss501の歌詞がわヵらなかったら

聞いてくださぃ!!!

コメでもゲストブックでも!!!

分ヵる範囲で訳しますよぉッ!!

でゎぁ。。。

おいものてんぷら★ 

February 15 [Fri], 2008, 9:42
幼稚園でお芋掘りがありました♪



トキオはかな〜〜〜りたくさん掘ったほうですが、
持って帰れるのは6本だけ。
でもそうとうデカイのもありました!!








楽しかった〜〜〜〜っと、トキオ。




夕飯の予定変更!てんぷらにしました♪

「♪お・い・も・の・て・ん・ぷ・ら・キ〜〜〜〜〜!!♪」というお遊戯(?)を何度もしてくれますが意味不明です。




いつもよりたくさん食べました♪(ダメじゃん…ふとるじゃん…)



あ、相変わらず我が家は裸族です(^ 。^)ゞ

スターバックス(1) スターバックス成功物語 

February 07 [Thu], 2008, 20:58
Pour your heart into it
by
Howard Schultz & Dori Jones Yang

邦題はこの記事のタイトルどおり。きっと読まれた方も多いでしょう。

3部から成り、
1部はスターバックスができるまで、
2部はスターバックスが株式公開するまで、
3部は株式公開後、さらにBigになるための企業努力など
という構成です。

書き出しは、

Starbucks, as it is today, is actually the child of two parents.
One is the original Starbucks, founded in 1971, a company passionately committed to world-class coffee and dedicated to educating its customers, one on one, about what great coffee can be.
The other is the vision and values I brought to the company:the combination of competitive drive and a profound desire to make sure everyone in the organization could win together.

著者は、焙煎会社だったスターバックスに注目し、入社後、おいしいイタリアンコーヒーを誰もが街角で飲めるようにしたいという情熱から、テイクアウトメニューを考案。1987年に自分の会社とします。
数年後の株式公開以降、さまざまなメニューの考案、スィーツ、店内音楽の選択など、店舗数拡大への努力のほか、身障者の採用、環境問題への工夫などの企業努力が書かれています。

成功の鍵は、人を大切にすること。
これはスタバをおとづれるguestsだけでなく、
パート社員であろうと、福利厚生が受けられるなど、
スタバで働くpartners(スタバの店員さんなど働く人すべてをいいます)を大切にすること。
CEOである著者自身も、難局に当たった際は、人の意見に素直に耳を傾ける、専門家の意見を聞くといった、人と人との関係を大切にしています。

スタバは大好きです。
最近、スタバやタリーズ、ほかにセガフレード・ゼネッティ、エクセルシオールカフェなどたくさんのカフェがありますが、
スタバとどれか別のカフェが近くにあったとしたら、確実にスタバを選びます。
全席禁煙だし、スィーツがおいしいし、店員さんがプロっぽくて、感じがいいから。
この本を読んで、スタバの努力にわたしがハマっていることがよくわかりました。

ただ、最近ほんとに店舗数が増えてきて、スタバに入る価値というか、有り難みが薄れている感じもします。

How do you grow Big and stay Small ?(本文のある節のタイトル)

今よりもっと大きくなっても、小さかったころの心意気は忘れてほしくないですね。

ついつい・・・!(;^□^)あはは… 

January 21 [Mon], 2008, 10:09
ムラサキシキブ・・・・花言葉  '''愛され上手'''

中屋万年筆 

January 16 [Wed], 2008, 19:48
中屋万年筆のライターロングサイズ




いきなり紹介です。(笑)







'''『中屋万年筆 ライター ロングサイズ』'''です。つまり、映画『クローズド・ノート』で“竹内 結子”演じる“真野 伊吹”が作中で使っていたあの万年筆です。



もう、映画を観てた時からむずむずしてしまいまして。(笑)どうしても気になってしまい、その足で丸の内オアゾの丸善に行って、じっくり検討して買ってしまいました。でも、衝動買いですね。(笑)



この万年筆、プラチナ万年筆の中にあるブランドらしいです。正確に言いますと元プラチナ万年筆の職人が手作りで時間をかけて作った作品らしい。なので一般の文房具屋には置いてある可能性が低いです。基本的には注文生産になりますが、たまに展示販売を行ったり店頭に並んでいたりします。



書き味は・・・映画で言っていた通り、インクの出が他の万年筆に比べて多めになっています。ゆえに筆の滑りが非常によいです♪スラスラって書ける感じ。色とデザインはバリエーションも豊富。購入時(注文時)にカルテを書かされます。それは後日、メンテナンスの時にその人の癖を考えて調整をしてくれるからだそうです。10年・・・20年・・・大切に使えるように職人さんが気を遣ってくれているのですね〜♪オーナーを大切にしているのがよく分かります。もっと早く出会えていればよかったぁ・・・そうすれば回り道しなくてよかったのに。(笑)ちなみに軸が太いのでキャップがお尻に刺さりません。筆記する時はキャップは脇に放置します。(笑)漆塗りで持つ手にもしっくりときますね♥今は日記を書くときに主に使っています。




やっぱり文房具にこだわりを持ってしまう・・・大した字や文を書くわけでないのですが・・・。(笑)でも、凄く自分が高尚な人間になったような気分にさせてくれます。そして時間を逆行するようにノスタルジックな気持ちにさせてくれます。最近、万年筆が密かなブームにもなっているようです。使い捨ても悪くはないのですが長く使って自分の癖がついた愛用品は味が出てきます。それが病みつきにさせる原因かもしれないなぁ・・・。(笑)僕も万年筆に習って味のある人間になれるように頑張らないと。(笑)

イ・オンヒ監督の名言? 

January 09 [Wed], 2008, 18:42
イ・オンヒ監督は、自分のことは自分でやる!というタイプの女性。



(強いて言うならジョンワンタイプ???)



普通、来日キャンペーンだと、役者は当然のこと、監督さんとかでも
こちらがいろいろとセッティングしないといけなかったりします。
慣れない異国の地に来てもらっているので、
あたりまえのことなのです。



しかし、イ・オンヒ監督は違った!
こんなに楽でいいの!?とこちらが不安に思うぐらい。



「今日のランチは何がいいですか?」
「何でもいいですよ。何でも食べれるし、キライなものはない」
(言葉通り、何でもおいしそうに、かつ絶対に残さない)



「じゃあランチへ行きましょう、車を・・・」
「近いから歩いて行きましょうよ」
(確かに近いけど15分は歩きますが・・)



「今日の取材はこれにて終了。」
「この後何か予定あります?何もなければ、ちょっと街をぶらつきたいので、ここで」
(ホテルまで地下鉄で戻るって・・・)



「明日は●●時にホテルに迎えに行きますね」
「朝ごはんがすごくおいしいの。ちょっと早めに来れる?いつもご馳走になってるから、今度は私が。」
(ご馳走してくださいました・・・確かにすごくおいしかったです)



さらには取材で行った軽井沢、
一泊するホテルの部屋では、女4人集まっての部屋飲みが。
女同士でべらべらまったり語る一夜、まるで『肩ごしの恋人』の1シーンのようでした。
(もちろん監督は韓国語、スタッフは日本語なんですけどね)



''' 『肩ごしの恋人』11月23日(祝)ロードショー!'''

どうなることやら 

December 22 [Sat], 2007, 10:31
4月からうちの会社の高校生科で個別指導を開始しました。

最初はどうなることかと思いましたが、2学期以降は

順調すぎるぐらい順調に生徒数が伸びてきました。

それだけ個別指導の需要があったということでしょう。

うちの会社には小・中が中心の塾と高校生と浪人生が主体の

予備校があります。

小・中が中心の塾でも個別指導をやっているんですが、

一年目で、その人数を予備校での個別指導の人数が追い抜いて

しまいました。

来年の4月からは、個別専門の校舎を5つ開校することに

なりそうです。

そこでは小・中・高とも募集するつもりで、名称も新しくして

斬新的なデザインの校舎を作る予定です。

内装にもお金をかけて、今までの塾にはないような空間に

します。

それで生徒が来るかどうかはわかりませんが、一番大事なのは、

そんな見た目ではなくて、中にいる講師の質だと思います。

これから来年4月まで、講師の募集もして準備万端にした上で

開校したいと思っています。

どの校舎もうまくいけばいいのになあ。

疲れた・・・ 

December 13 [Thu], 2007, 20:03
なんか、疲れた・・・

今日職員会議があった。

最後の最後に主任と所長の考え方に違いで討論・・・

実行していることと、帳簿に残すものと違いがあるのはおかしい!と、主任。

人手が足りなく、やむおえない!と所長。

勿論、まだ主任という肩書きのない私は口出しすることもできず、聞いているだけ。

それだけでもストレスなのに、終わってから、主任は所長の悪口。調理師さんは主任の悪口。

なんか、女って疲れる・・・。あ!私も女だった・・・。

女の世界はほんと疲れるよ・・・(・;)

時々、ストレス溜まると何もかもが嫌になり、そんな時って、過去の嫌な思い出が蘇ったりし、更に更に

嫌になる・・・。そんな時・・・あるよね・・・
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rnenjo518
読者になる
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ハセヲ
» おいものてんぷら★ (2008年02月29日)
アイコン画像たむら
» ついつい・・・!(;^□^)あはは… (2008年01月31日)
アイコン画像たむら
» ついつい・・・!(;^□^)あはは… (2008年01月26日)
アイコン画像ネオニート
» 中屋万年筆 (2008年01月21日)
アイコン画像ネオニート
» イ・オンヒ監督の名言? (2008年01月21日)
Yapme!一覧
読者になる